不労所得収入が入る吉田慎也の「 億り愛」の内容とは?!

吉田慎也さんの新しいプロジェクト「億り愛」が世間を騒がせていますね。

やはりみなさんが注目するのは、「詐欺なのか?」「本当に稼げるのか?」というところだと思います。

実際にはこうしたプロジェクトは「詐欺まがい」のものも多く、なかには本物の「詐欺」も沢山あります。

そういう意味で、簡単には信じられないのが正直なところでしょうか。

こうしたプロジェクトに参加する場合、やはりきちんとその内容を把握し、納得した上で参加することが大切ですね。

どんなにしっかりした内容でも、自分に合わないものでは、「詐欺だ」となりかねません。

そこで、今回は吉田慎也さんの「億り愛」について、しっかり内容を確認していきたいと思います。

1.吉田慎也の億り愛プロジェクトの内容

さて、吉田慎也さんの「億り愛」とはどんな内容でしょうか。

これには、少し素人ではついて行けないような難しい用語が沢山出て来ます。

例えば「ICO」がその1つです。

「億り愛」をしっかりと把握するには、こうした用語の解説からしていかなければいけません。

1-1.吉田慎也の億り愛にでてくるICOってなに?

皆様は「ICO」をご存知でしょうか。

仮想通貨といえば、通常は「安い時に買って、高い時に売る」というのが我々素人の考えですが、実はそのほかにもさまざまな投資の方法があり、大もうけをされている人が沢山いるのです。

その1つが「ICO」です。

新しく起業するときや新しく何かを始めるとき、「資金」が必要になりますよね。

この「資金」を集める方法として新たに生まれたのが「ICO」なのです。

この資金集めには「トークン」というものが使われます。

「トークン」も最近よく聞く言葉ですよね。

仮想通貨との違いがわからずに困惑されている方も沢山いると思います。

仮想通貨は、通常「ブロックチェーン」というシステムで守られています。

この「ブロックチェーン」についてはご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

仮想通貨のやり取りは、仮想通貨をやり取りしたすべてのスマホやパソコンなどの端末で記録されているため、不正な帳簿の改ざんができないようになっているというものです。

「トークン」には、独自の「ブロックチェーン」がなく、ビットコインやイーサリアムといった既存の仮想通貨のブロックチェーンを借りて発行するコインのことを言います。

ブロックチェーンを新たに構築する必要がなく、参入が容易です。

そのため、新たな企業を立ち上げる際に独自のトークンを発行し、そのトークンを流通させることで資金を得るということが可能となりました。

これが「ICO」です。

ごく簡単にいうと、資金が必要な企業がトークンを発行し、それを売ることで資金を集めるというものです。

ただし、トークンをいくら発行しても、それに将来性がなければ購入する人はいません。

世界中には「ICO」を精査するチームが沢山あります。

将来性のある「ICO」を見つけ出して市場に紹介すれば、投資する側も安心して投資することができるわけです。

吉田慎也さんは、かねてより大きくして来た仮想通貨のコミュニティ2万3千人の会員に、独自のチームで精査した「ICO」を紹介し、10億以上の資金を集めた実績をお持ちです。

紹介された「ICO」企業は資金が集まりますし、投資した投資家はトークンの値打ちが上がって利益を得ることができます。

本当に三方良しの形ができているというわけです。

こうした仮想通貨を使ったさまざまな投資方法に精通しているのが吉田慎也さんです。

1-2.吉田慎也さんがしてるマイニングって何?

ほかにも、「マイニング」というものにも参入されています。

「マイニング」もよく聞く言葉だけど内容は知らないという人が多いと思います。

「マイニング」とは、ごく簡単に言うと、仮想通貨の取引を記録する作業です。

一つひとつの仮想通貨の取引を「トランザクション」といいます。

このトランザクションを複数書き込んだものを「ブロック」といいます。

通常、仮想通貨の取引はこの「ブロック」に書き込まれた時点で成立します。

こうした仮想通貨の一つひとつの取引「トランザクション」をブロックに書き込む作業のことを「マイニング」といいます。

トランザクションはブロックに書き込むときに「暗号化」されます。

仮想通貨は、暗号化されるので「暗号通貨」と呼ぶのが正式の呼び方です。

この暗号は「ハッシュ値」と呼ばれ、これを計算するのにスーパーコンピューターが数百台も必要となります。

この計算ができると、新たな仮想通貨が発行され、報酬として計算したものに与えられるというのが「マイニング」です。

簡単にまとめると、仮想通貨の一つひとつの取引「トランザクション」を「ブロック」に記録し、報酬として新たに発行された仮想通貨を得るというものです。

これにはスーパーコンピュータがたくさん必要ですので、吉田慎也さんも中国に東京ドームがすっぽりとおさまるほどのマイニングファームを持っています。

この「マイニング」には、もはや素人の入る余地はなく、吉田慎也さんのようにいち早くその価値に気づいた人や、中国の企業が行っている状況です。

1-3.吉田慎也さんの億り愛の内容はどんなものなの?

今回のプロジェクト、「億り愛」の内容はどういうものなのでしょうか。

「ICO」は、企業や、起業家がトークンを使って資金を調達する方法であることはわかりました。

では、「億り愛」に出てくる「ICO2.0」とは何でしょうか。

ここが吉田慎也さんの天才的な発想力がもたらしたアイデアによるものなのです。

今までの「ICO」は、企業や起業家がその資金を調達するために行うものでした。

そのため、企業や起業家に信用が必要ですし、成長の見込みがなければもちろん資金は集まりません。

投資する方も儲かりません。

そこで、吉田慎也さんは、企業ではなく「コンテンツ」に投資する形にしてはどうかというアイデアを出します。

「億り愛」とは、コンテンツに投資するためのトークンを購入する内容となります。

コンテンツについては「エンタメコンテンツ」とされています。

ハリー・●ッターやスター●ォーズ、日本であればガン●ムやドラ●ンボールのような数十年も価値のあり続けるエンタメコンテンツがたくさんありますが、こうしたコンテンツに投資するという斬新な発想です。

トークンには「配当権利」が付与されるため、実物資産としての価値があり、価値がなくなることがない設計になっています。

これも斬新な発想です。

「ICO」では、企業が成長するのを待つため、かなり利益が上がるまでの時間がありますが、エンタメコンテンツは一気に広がるので短期で利益を回収することもできます。

これは、本当に今までありそうでなかった斬新なものなのです。

2.吉田慎也の億り愛プロジェクトの内容の実現性

吉田慎也さんの「億り愛」は、実現性はあるのでしょうか。

問題はそこです。

個人的な意見ですが、エンタメコンテンツに投資するという発想は今後必ず主流になっていくと思われます。

たとえば、自分の好きな映画やアニメのテーマパークを作るとなると、好きな人で投資をしたい人はたくさん出てくると思います。

それを行う企業ではなく、コンテンツ自体に投資をするという発想は今後必ず注目されることになると思います。

ただ、それがいつになるかはわかりません。

この「億り愛」のプロジェクトで一気にそうなるのか、何十年か後に、「億り愛」は時代を先取りしすぎていたといわれることになるのかはわかりません。

また、実際には価値はなく「信用」のみで取引するのではなく、トークンに「配当権利」を付与して実物資産にする発想もすごいものです。

これによって、一気に暴落するようなことは防ぐことができますし、安定した伸び率を実現することができます。

価値のなくなった株式は「紙切れ」と例えられることがありますが、金や銀はどれだけ価値が落ちても「ゴミ」になることはありません。

そうした実物資産のメリットをうまく盛り込んだのが「億り愛」です。

とにかく、細かなところまでよく考えられていることは間違いがありません。

3.吉田慎也の億り愛プロジェクトの豪華特典とは

吉田慎也さんの「億り愛」にも、豪華な特典はたくさん用意されているようです。

その1つ目は、なんと最大2000万円分の「ICO2.0」トークンを受けとることができるというものです。

これはびっくりですね。

二つ目は、「ICO2.0」の徹底攻略マニュアルです。

ここで、一つ気を付けておかねばならないことがあります。

マニュアルがもらえるということは、勉強が必要ということです。

よく「すべて自動で、何もすることはなく、財布から一円も出す必要がなく、毎月利益が入ってくる」というものがありますが、これは詐欺です。

どう考えても、そういったことはありえません。

そもそも、吉田慎也さんは若いころから「どうすれば働かずに利益を得ることができるか」という不労所得収入のことばかりを考えていたそうです。

その結果、株式やFX、仮想通貨のプロフェッショナルになったというわけです。

ただし、吉田慎也さんは一年中忙しくされており、恐らく通常のサラリーマンより働いています。

「不労所得」にはなっていないということです。

お金を得るには、何かしらの労働が必ず必要なのです。

今回の「億り愛」でも、それなりの利益をあげるには、多少の勉強が必要なことは理解しておくべきです。

特典3は、配当利益ですね。

4.吉田慎也の億り愛プロジェクトの内容は信じて大丈夫か

ここまで読まれてお分かりのように、このプロジェクトにはかなり知識と経験が盛り込まれています。

なによりも斬新なアイデアが素晴らしいといえます。

こうした経営者のみなさんは、本当に次々にアイデアを形にされていますが、その才能には嫉妬するところがあります。

また、吉田慎也さんの「不労所得収入」への情熱も、笑ってしまうほどすごいものがありますね。

結局は不労所得にはなっていないわけですが、数年で莫大な利益を上げれば、あとは

南の島で笑って暮らせますよね。

実際そうした方はたくさんいるので、こうした「情熱」は本当にすごいものだと思います。

この「億り愛」には、「情熱」と「知識」と「経験」と「アイデア」がふんだんに盛り込まれています。

これ以上のものは、なかなかできないのではないでしょうか。

5.吉田慎也の億り愛以外のプロジェクトの内容

吉田慎也さんは、いち早く仮想通貨の可能性に目をつけてこられました。

その可能性は、安い時に買い、高い時に売るといった小さな部分だけではなく、マイニングやICOといった大きな分野まで視野をもっていらっしゃいます。

その中で、早い段階で仮想通貨のコミュニティを立ち上げ、その会員数は2万3千人にもおよびます。

こうしたコミュニティを利用して、良案件のICOを紹介することで、コミュニティの会員も儲かり、企業も資金を調達することができ、吉田慎也さんも潤うという「三方よし」のシステムを構築されています。

マイニングにしても、仮想通貨が世に広まる前は、個人で参入していた人がいたのです。

吉田慎也さんも早くから参入され、大きなマイニングファームを持つまでに至っています。

やはり、先見の目があり、どこまで広げることができるかというアイデアを持ち、まだ誰もやっていないことを恐れずにやる姿勢は「すごい」の一言です。

誰かがやって成功したことは、もう遅い分野ですが、まだ誰もやっていないことは成功するかどうかは未知なのです。

吉田慎也の億り愛プロジェクトの内容・まとめ

吉田慎也さんの「億り愛」について、かなり細かく見てきました。

多少、難しい内容のプロジェクトですので、理解するのは難しいかもしれません。

簡単にいうと、エンタメコンテンツに投資するという話です。

メリットは、短期で利益が出ること。

トークンに配当権利があり実物資産のようなメリットがあること。

ポイントは、企業やアイデアに投資するのではなく、エンタメのコンテンツに投資するということ。

さらに、トークンに配当権利が付与され、下落しにくいシステムがつくられていること。

こうしたアイデアは、本当に斬新ですね。

時代をかなり行き過ぎた内容で、世間がついてこれるかどうかは心配ですが、将来はこれが主流になるのは間違いありません。

また、最初に参加した人がもっとも利益を上げられることも、歴史が証明しています。

もし、興味があり自分にあっていると思ったなら、すぐに参加するのが一番だと思います。

遅ければ遅いほど損をするものですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です