10代で単身海外へ。苦難を乗り越えた10代の経験が成功の礎?宮内としひでのプロフィールやプライベートとは?

16歳で単身フィリピンへ、文字通り死の恐怖を感じた経験とメンターとの出会い、初めての起業・・・10代にしてそれほどの経験をし、現在はインターネットビジネスとDr.向けコンサルティングで成功している宮内としひでさん。そのプロフィールやプライベートについてリサーチしました。

宮内としひでのプライベート情報が知りたい!

宮内さんは、1979年1月18日生まれの現在39歳。長野県 飯田市のご出身です。この方、なかなか変わった過去をお持ちの用でした。宮内さんのプライベートはこの過去と密接にかかわっています。

田舎ぐらしから単身海外へ飛び出した16歳

飯田市の田舎まちで育った宮内さんは、学校と寮の往復という単調な生活に嫌気がさします。16歳と言えば、一番多感な年ごろなのと、やや大人に近づいてきて変なチャレンジ精神や「やればできる」というような思い込みも強くなるころです。

学校と寮という、常に監視された(ように感じる)環境にあって、とにかく「自由」になりたいと感じた宮内さんは、16歳の夏休みに休学し、単身で海外へ飛び出してしまいます。

もしのお子さんのいらっしゃる方だったらどう思いますか?ご自分のお子さんが16歳で家を出たいといったら、しかも一人で海外へ行くと言ったら?恐らくとめますよね?ところが宮内さんのご家庭はそれを許したのか、日本を離れました。

フィリピンで苦しい生活からビジネスを起業

本人は怖いもの知らずなわけですが、やはりそう簡単なことではありません。一人向かった先はフィリピン。フィリピンなんで、よくぞ少年一人で行かせたな、と思わずにはいられません。

フィリピンは、今でこそ首都マニラは日本の六本木のような大都会ですが、宮内さんが生活していたころはまだまだそんなこともなく、少し離れた村や島では電気もなく、夜になるとバックパッカーがパーティで集まって麻薬を楽しむような、そんな国だったと聞いたことがあります。

言葉も分からないくせに、見ず知らずの国へ来た宮内少年は、ある日意味が分からないまま拘置所へ入れられてしまいます。機転の利いた宮内さんは、わいろを渡して釈放されたそうですが、恐ろしいですよね。

その後、今度は慣れない土地での度重なる苦労に身体を壊し、入院。日本のような健康保険制度のない国ですので、その治療費や入院費は莫大な金額になり、途方にくれます。

フィリピンのメンターとの出会い、ビジネスの成功

そんな彼を、見かねてか、現地の富豪(市長さんだったそうです)が入院費を肩代わりしてくれて家に住まわせてくれたそうです。フィリピンでは、日本人はお金持ち=金づるのように思われている側面もありますが、基本的には親日です。

日本人というだけで、親切にしてくれるお金持ちはいるかもしれません。また、フィリピンはカソリックの国なので、お金持ちが困っている人を助けるという精神は培われていたのでしょう。

そこで、宮内少年は大富豪に言われた言葉「お前にしか出来ない仕事があるはずだ」の通り、日本人ガイドとして働き、やがてフィリピンの一般的な月収の4倍は稼ぐようになりました。その後、パウンショップ経営やマンゴーの卸売り経営を手掛けて大成功させます。

帰国後は外資系製薬会社のMRとして活躍→起業

帰国後、日本ではバイクレースに興じながら、ECなどを仲間内でビジネスとして行います。きままなビジネスでしたが、成功哲学にはまり、気が付くとカード残高900万円という状態に。なかまとの折り合いも合わなくなり、追い出されてしまいます。

困った宮内さんでしたが、特に学歴もないにも関わらず、2011年外資系MR(日本イーライ・リリーだそうです)としての職を得ます。その後、彼は2000人のTOPという営業成績を収めることになります。それにもフィリピンの時同様にたった一人との貴重な出会いがかかわっています。

宮内さんの師匠である、セールス世界No1『桑原正守』さんとの出会いです。この出会いをきっかけに、販売成績を伸ばすことができたのです。ただ、既にできてしまった900万円の負債をはらいながら、自己啓発のためのお金を使っていると、給料だけでは足りない生活だったそうです。

そんな苦しい状況で、3人目の出会いがあります。そこで、ネットビジネス副業をはじめます。これが宮内さんのネットビジネスを始めたきっかけのようです。

こんなドラマチックな人生を送ってきた宮内さんですが、意外なことに、そのお顔立ちはとってもソフト。比較的頻繁SNSの情報も更新されていますので、一度チェックしてみてください。→ https://www.facebook.com/toshihide.miyauchi

宮内としひではなぜ有名なのか?

宮内さんは、ご自身がローンチした「物販MASTER伝承プロジェクト」で有名になりました。このプロジェクトでは「時給1万円」を約束するという内容で、その手法も斬新なものであったことから、話題になりました。

具体的には、Facebookとebayを組み合わせた転売ビジネスです。海外で人気のある商材を日本で入手し、それを海外の人向けにFacebook広告で販売します。さらに高額商品は信用を得るためにeBayを利用する、というものだそうです。

宮内としひではどんなビジネスをやっているのか?

実は宮内さんは、転売ビジネスの方だと思っていたら、それだけではないようです。MR時代の経験もあり、Dr.をコンサルティングするビジネスも平行して行っています。医療機器などの取り扱いがあるというのは、そういった経緯のためです。

宮内としひでの会社情報は?

宮内さんの経営する会社は以下のような情報です。

株式会社 Re value Design
代表取締役 宮内寿秀(としひで)
所在地:東京都港区六本木7−15−17ユニ六本木7F
創業:2014年7月10日
事業内容:
製薬会社MR教育研修
一般内科経営コンサルティング
Web広告運用代行

宮内としひでのプライベート情報

基本的には、ブログとSNSを使って頻繁に情報を更新してくれています。例えば、つい先日はゴルフを楽しむ様子なんかもアップされていました。

宮内さんは、アナザーライフクラブというコミュニティを作っており、そのメンバーと時間やお遊びを共有しようという活動もされています。そういった活動を通じて、プライベートも包み隠さず、皆さんと交流しようということのようです。

今なら入会金無料とのことなのでもしご興味のある方はこちらをどうぞ。→ http://anotherlife.re-value.biz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です