使えば使うほどに稼げる?仮想通貨mine(マイン)のホワイトペーパーの内容とは??


今、世界中で注目の集まっている仮想通貨。
あなたも一度は投資を検討したことがあるのではないでしょうか?

仮想通貨は、2017年に日本でも正式に通貨として認められ、順次法整備もされています。
そんな仮想通貨には、非常に大きな欠点があります。

それは、「現在の利用率が非常に少ない」ということです。

投資対象としては多くの人が利用していると思いますが、実際に仮想通貨を支払いで使ったことのある人はどのくらいいるでしょうか?

私が知る限り、投資をしている人の10分の1や100分の1といった非常に小さな数値になるのではないかと思います。

これは、「通貨」として見たときには非常に残念なものです。

本来の使用目的ではなく、単純に稼げるからといった理由で売買されている仮想通貨は、このままいくとゼロサムゲームになる可能性が高いです。

しかし、そんな仮想通貨の概念を変える新しい通貨が出るようです。

その名もmine(マイン)
今回は、ホワイトペーパーを見ながら、
仮想通貨mine(マイン)についてお話しします。

今注目の仮想通貨mine(マイン)のホワイトペーパー初公開!

さて、仮想通貨mine(マイン)ホワイトペーパーの中身を見ましたが、
その内容は非常に優れたものでした。

私自身たくさんの仮想通貨を見てきました。
しかし、その多くは、2017年末に激しい高騰を見せた後、2018年の頭から現在に至るまで多くの問題を起こし、そして激しい暴落を経験しました。

未だに価格は戻ってきておらず、投資家の一部はすでに別の投資対象へとその興味を移していることでしょう。

その前に!仮想通貨を分かりやすく解説

さて、具体的に仮想通貨mine(マイン)の説明をする前に、仮想通貨自体についてお話ししましょう。

仮想通貨とは、その名の通り、仮想空間にて保有される通貨になります。
通貨は現在紙幣や硬貨のような形で取引されることが基本ですが、この仮想通貨は電子空間でやり取りをするものになります。

一昔前では考えられなかったものですが、現在普通に生活をしている人であっても、銀行振込という形で給料をもらい、クレジットカードで決済し、そのまま銀行口座から引き落とされる。

こういった生活をすることで、直接お金に触れることなく電子的にやり取りができるということができますので、ある程度理解はできるのではないでしょうか?

この通貨の単位が、円ではなく、各仮想通貨ということなのです。
仮想通貨には、世界基準にもなっているビットコインの他にも、イーサリアムやリップルといったいわゆるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の総称)が存在します。

ブロックチェーンと呼ばれる新しい技術によって成立し、世界中からその取引を監視することが可能です。

そのため、通貨を偽装することができないという利点があります。
さらに、データですから、世界中のどこにいても瞬時に送ることができます。

アメリカなどでは、他の州に送金するときには、国外送金の扱いになるようです。
それは、州ごとに法律が違うことが原因のようです。

そして、国外送金であれば、通常の送金よりも高い手数料が取られます。
しかし、仮想通貨であれば世界中のどこであっても送金が安い手数料でできます。

これが世界的に仮想通貨が流通する理由なのです。

仮想通貨mine(マイン)の基本的な説明!

さて、具体的に仮想通貨mine(マイン)について見ていきましょう。

ホワイトペーパーを見ましたが、その内容に従って説明すると、非常に理解しやすいのではないかと思います。

まずは、下記の内容から。

仮想通貨mine(マイン)の誕生に際しての理念的な部分になります。

仮想通貨の利便性という部分に対して大きな不満を持っている会社が今回の通貨を開発したということですが、これに関しては私自身もそう思っていました。

投資対象としてやり取りはされているものの、実際に普段の生活で使ったこともないし、使うことのメリットもあまり感じられません。

そんな通貨に価値があるのか?
価値がないのであれば、一時は稼げるからと投資をする人がいますが、いずれ暴落し多くの人がその被害者となるのではないかと思っていました。

だからこそ、今回のmine(マイン)には非常に大きな期待をしているのです。

仮想通貨を使うことが最も当たり前になれば、通貨としての価値ができますし、
そうなれば再び仮想通貨は投資対象としての魅力も取り戻すことができるでしょう。

他の仮想通貨との違いは?

次に他の通貨との違いについて見ていきます。

どの通貨も正直に多様なものだと思っていましたし、多くの人は同じ考えを持っているのではないでしょうか?

多少決済スピードが遅かったり、固定ファンをつけている通貨もありますが、その実それほどの差別化ができるほどの違いはありません。

本当は、結構な違いがあるのでしょうが、前述したように使用する機会がないため、その違いの部分を感じることさえできないような状況でした。

しかし、仮想通貨mine(マイン)に関しては通貨の流通に重きを置いているだけあって、わかりやすい違いがあります。

mine(マイン)保有していると自動的に増える
自動的に再投資が繰り返され、価値が上がっていく

どちらも、ただ単に字面を追っていると、利便性とは関係のないものに感じますよね?

その他の仮想通貨と同様。
価格が上がりますよ
といっているだけのようにも聞こえます。

しかし、このmine(マイン)が稼げる理由は、マイニングという稼ぎ方に起因しているようです。

マイニングとは、採掘を意味しており、少し前までは非常に有効な稼ぎ方でした。

仮想通貨は、全てがデータのため、非常に多くの計算が必要になってきます。

そのデータ処理を特定の企業が行うのではなく、世界中にあるパソコンやスマホから処理を行うというものです。

マイニングに参加すると、パソコンやスマホでデータの処理を行いますが、
その報酬として、その仮想通貨をもらうことができるというものです。

この稼ぎ方は資金をかけることなく仮想通貨を生み出すことができる方法として非常に注目を集めましたが、参加する人が多くなるにつれて稼ぐという意味では魅力がなくなってきたのです。

ホワイトペーパーにもあるように、データ処理に使われる高スペックなパソコンを用意するのに多額の資金を必要とし、さらには電気代も大量にかかります。
そうなると、しっかりと稼げないというのが現状です。

しかし、これを専門的に行なっている会社もあります。
設備に多額の資金を投入し、安定的に稼ぐことを目的としています。

mine(マイン)では、このマイニングをしている会社に投資するというのが趣旨です。

このマイニングには、アルトコインの中で最も大きな流通量を誇っている
イーサリアムを使用するようです。

マイニングをしている会社から出資に対する見返りとしての利益が得られます。

その利益を、mine(マイン)購入した人に分配するというのが、
このmine(マイン)最大の特徴になります。

データ処理が重要になってくる仮想通貨は、これからも多くのデータ処理が必要となります。
だからこそmine(マイン)稼ぎ続けることができるのです。

仮想通貨mine(マイン)のメリットとデメリット

仮想通貨mine(マイン)を利用するメリットとデメリットをここでは考えたいと思います。

メリット

メリットはもちろん、継続的に利益を得られるということでしょう。

これまでの仮想通貨は値上がりに対する利益であるキャピタルゲインがメインの投資方法でした。

上がった時には良いですが、値動きが小さかったり暴落するようなことがあれば一気に損失が出てしまいます。

しかし、このmine(マイン)であれば持っているだけでも利益が出るので、
いわゆるインカムゲインが可能になります。

インカムゲインがすごいのは、たとえ元の価格よりも時価が低くなったとしても、利益を上げられるのです。

最悪放っておけばそのうち利益になります。

これは、投資対象としては非常に大きなメリットではないでしょうか?

デメリット

一見良いことばかりに見えるmine(マイン)ですが、投資することに対するデメリットはあるのでしょうか?

投資にはもちろんリスクやデメリットが存在します。

今回のmine(マイン)で言うならば、デメリットとして大きいのは、事業がうまくいかないと言うことでしょう。

多くの人がこの良さを理解して購入していれば、自然と価値が上がっていきますが、現在は世の中でも仮想通貨の評判が良くないという現状があります。

コインチェックのNEM流出事件がありましたし、他の取引所でも流出が話題になりました。

さらに、海外の大手銀行が仮想通貨の取引を禁止したり、激動する仮想通貨市場ですから、
危険なもの」という印象を持たれても仕方ないでしょう。

今の状況で、日本でも仮想通貨の取引を規制するようなことになれば、せっかく投資した金額が無駄になる可能性はあります。

ただし、それはどの仮想通貨に投資する場合でも共通することになります。

実際の口コミなどを見てみた!

さて、世間での評判はどうでしょう?

 

画像にあるように、まだ公開されて間もない情報にも関わらず、
非常に多くの人が興味を持っているのがわかります。

この掲示板では、仮想通貨関連の情報が色々と投稿されていましたが、
mine(マイン)にも非常に多くの注目が集まりつつあります。

特に多い意見としては、mine(マイン)がイーサリアムを得られる
というシステムに対する好評の声がありました。

イーサリアムは、ビットコインに次ぐ人気の通貨ですし、世界的な流通量も非常に大きなものです。

そんなイーサリアムのマイニングであれば、
長期的に安定した利益を得らえるということで、非常に評判が良かったです。

仮想通貨mine(マイン)を購入するにはどうすれば良い?

仮想通貨mine(マイン)を購入するためにはどのような方法があるのでしょうか?

この方法は、3種類あります。

1つは、ICOという形での投資になります。

ICOは、未公開仮想通貨のことで、一般の人に公開するよりも前に購入することができます。

プレリリースなどと言われることもあり、普通に購入するよりも安い金額で購入することが可能になります。

仮想通貨の購入には、このICOが最も一般的ですので、この方法をお勧めします。

そして2つ目は、ハードウェアウォレットの購入で手に入るようです。

ハードウェアウォレットとは、mine(マイン)を貯めることのできるもののようで、提携会社から購入できるようになる予定ですが、現状詳細に関しては不明のようです。

ハードウェアウォレットは、インターネットとは切り離して仮想通貨を管理するこのできる、USBのようなものです。

コインチェックの騒動でもわかるように、仮想通貨に関してはその取り扱いに注意が必要です。

仮想通貨の上級者は、すでにこのことを見越して、インターネットから切り離して安全性を確保できるハードウェアウォレットを使用しているようです。

mine(マイン)を貯めることのできる専用のハードウェアウォレットができるということなのでしょうか?

そうなれば、セキュリティ的なリスクも減りますし、放っておいても勝手に溜まっていくのであれば、複数購入して、一つは普段使い用、一つは貯金としてのハードウェアウォレットを持っていれば、かなり安定した収益を得られるかもしれませんね。

最後の方法は、具体的にはまだ詳細が公表されていませんが、本を購入するとmine(マイン)が得られるという情報が入ってきています。

こちらに関してもどのような形での購入できるのかということはわかりませんが、もしかしたらiTunesカードのような形で手軽にコンビニでも購入できるような形になるのかもしれませんね。

まとめ

今回は、新しい仮想通貨mine(マイン)について見てきました。

これまでにないような仕組みの仮想通貨であることが伝われば幸いです。

まだ正式にスタートはしていないため、情報が少ない中ですが、今後その情報をおいかけるに値するだけの素晴らしい性質を持っていました。

また、世界的に人気のあるイーサリアムも得られるという仕組みのため、一つの通貨に固執するよりもリスクが分散できますし、セキュリティに関しても配慮されているシステムですので、拡がるのは時間の問題でしょう。

詳細に関しては随時アップされるということですので、今後の動向には是非注目していきたいところです。

4 件のコメント

  • 「使うほどに貯まる」とか「持ってるだけで貯まる」といった内容を聞くと、いかにも胡散臭い感じがします。
    実際にそんなことが可能であれば、勝ち組ばかりの世の中になりますがどこかに落とし穴があるはずだと思います。
    デメリットの欄にもありましたが、このご時世なので疑り深くなってしまうのは当然です。

  • コインチェックの流出事件があったり、仮想通貨に対する不安は増える一方ですよね、、、
    デメリットの部分に目が行ってしまうのもわかります。本当に信用出来るものにのみ投資していけば良いと思います!

  • 新しいシステムとしてのこの仮想通貨マインは面白いと思います。
    しかし信用出来るか?と聞かれたら少し迷ってしまう。。。
    イーサリアムは欲しいけど、もう少し体験談が集まってからの購入の方が良いのでしょうか?

  • コメントありがとうございます。
    体験談もそうですが、書籍なども読んでみると良いですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です