仮想通貨mineの実用性は?本当に「使える」コインなのか?

マイニング」「決済機能」という2つの大きな特徴を持つ注目のICO案件、仮想通貨mine。
とうとうそのICOが3月19日から始まりましたね!
今回は仮想通貨mineを実用性という観点から調べてみました。
mineは本当に「使える」仮想通貨なのか?
またその仕組みは?
ICOへの参加を悩まれている方はぜひ一度読んでみてくださいね。

1. 仮想通貨マイン(mine)の実用性とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨の価値を測る上で発行枚数やブロックチェーン技術と並んで重要な指標の1つが「実用性」です。
実際にその通貨を現実世界で使用できるか?
役に立つか?
という視点ですね。
実用性の高い通貨は当然欲しい人も増え、価格の上昇に繋がっていく可能性があります
なのでこれからmineを購入される方も「mineが実用的な通貨なのか?」ということが気になっているのではないでしょうか。

1−1. デビットカードで日常の決済が可能?

mineの実用性を考える上で「マイニングデビットカード」は非常に大きな存在です。
デビットカード自体は皆さんも聞いたことがありますよね?
クレジットカードと同じように使えるカードですが、クレジットとは違い利用したその場で銀行口座から購入額が引き落とされるのが特徴です。
「マイニングデビットカード」は言ってみればmine版デビットカードのこと
ICOに参加することでこのマイニングデビットカードが発行されます。
このカードを使って日常の決済を仮想通貨で行うことができるというのが、mine発行サイドがアピールしている重要なポイントの1つです。

1−2. マイニングデビットカードの仕組み

「マイニングデビットカード」の仕組みについてもう少し解説していきましょう。
mineのICOにおける日本でのエージェント的存在・吉田慎也氏によると、まずICOに参加すると
・投資金額相当のmine
・専用ウォレット
・マイニングデビットカード
この3点がICO参加者に付与されるとのこと。
この専用ウォレットにmineを入れておくことによって、マイニングデビットカードをクレジットカードのように普段の支払いで利用できるそうなんです。

仮想通貨で利益を得た場合、通常は一旦取引所などで日本円に換金した後に自分の口座に振込をして…という風にちょっとめんどくさい手順をこなす必要があります。
しかしマイニングデビットカードを通じて決済ができるのであれば仮想通貨を日常で使うことがグッと下がることになりますね。
これが事実であればmineの実用性は非常に高いと言えそうです。
というのも現代社会で生きていく上で「支払い」「決済」をしない人というのはほとんどいないからです。

1−3. mineはVISAと提携か?

マイニングデビットカードをクレジットカードのように決済に使うにはVISAやMasterCardといったクレジットカードの国際ブランドと提携する必要があります。
そして、これは冒頭で紹介した吉田慎也氏のメルマガからの情報ですが、mine(マイニングデビットカード)は最大手の国際ブランドVISAとの提携の可能性があります
というのもmineのICO紹介ページに以下のような画像があるんですね。

デビットカードのイメージ画像にVISAの文字があります。
これはマイニングデビットカードはVISAと提携するということを示しているのかもしれません。
VISAは国際ブランドの中でも最大級の加盟店ネットワークを持っています。
もし提携が事実なら日本国内、海外いずれでもかなり使えるお店が多くなりmineの実用性がさらに高まると考えていいでしょう。
ただしVISAとの提携は公式に明言されているわけではなく根拠はこの画像のみです。
本当にVISAブランドのカードが発行されるのか?
今後の情報に注意する必要があります。

1−4. 決済金額の一部がmineとして還元される

さらにマイニングデビットカードの機能として、決済金額の一部がmineとして還元されるそうです。
クレジットカードで支払うと支払い金額の一部がポイントなどで還元されることがありますが、それをmineによってやってしまおうというわけですね
あとで詳しく解説しますが、mineには持っているだけでイーサリアムを報酬を受け取れるという機能もあるそうなので日常の買い物によって、
・還元されるmine
・mineが増える→もらえるイーサリアムが増加
というダブルの還元が受けられることになりますね。

2. マイン(mine)の仕組みを解説!

ここまでmineの実用性についてお伝えしてきましたが、mineという仮想通貨の仕組みや背景についても簡単にご説明しておきますね。

2−1. mineはマイニング企業によるICO

今回のICO(仮想通貨による資金調達)を行うのはマイニング事業を行う海外企業とのこと。
マイニングとは仮想通貨の取引履歴の承認・確認を行うためにPCパワーを提供し、報酬として仮想通貨を受け取ることですね。
このマイニングを事業として行なっている企業がプロモーションや今後のマイニング費用を調達するために発行するのが仮想通貨mineというわけです

2−2. mineを持っているだけでイーサリアムが受け取れる

mineの特徴は「マイニングデビットカード(決済機能)」と「マイニング報酬」の2つ。
デビットカードについてはすでに解説しましたね。
ここからはマイニング報酬について述べていきます。
実は今回のICOで調達した資金はイーサリアムのマイニングに使われるそうなんです。
イーサリアムといえばビットコインに次ぐNO.2の仮想通貨であり、今後ビットコインを上回る時価総額になるのでは?
とも言われていますね。

調達した資金がどう使われるかはmineそのものと関係ないのでは?
と思われるかもしれません。
が、関係大アリなんです
実はmineを購入するとその保有量にしたがってマイニングしたイーサリアムを配当として受け取れるそうなんです。
吉田氏によればその配当の利率は年利24%にもなるとのこと。
つまりICOで100万円分のmineを購入すると年間24万円分のイーサリアムを受け取れることになります

なお吉田氏はこの24%はかなり確実性が高いといっていますが、あくまでも理論値のようです。
24%の利率が保証されているわけではないようなので、その点はご注意くださいね。

3. マイン(mine)の購入方法は?

実はこの記事執筆時点ではmineの購入方法、ICO参加方法はアナウンスされていません。
わかっているのは3月19日にICOが始まるということのみです。
通常ICOはビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で入金しますので、購入希望の場合はイーサリアムなどの仮想通貨を購入・送金できる状態を整えておくことが必要です。
具体的には仮想通貨取引所にアカウントを作って本人確認等を済ませておくことですね。
その上で今後の情報に注意しておきましょう。

4. まとめ

仮想通貨mineの実用性についてご理解いただけたでしょうか?
mineのICOについてはまだわかっていない部分も多くありますので今後どういった情報が出てくるのか、期待されている実用性が本当に実現されるのか、注視していく必要がありそうですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です