吉田慎也のイーサリアムが貰える仮想通貨mineとは?

仮想通貨ブームとなった昨年、ビットコインを始めとする様々な仮想通貨の価格が高騰し、これから仮想通貨で儲けたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回、吉田慎也さんが参加者を募っているICOコインは、これまでの仮想通貨市場を変える、革命的なコインだと言われています

人気仮想通貨イーサリアムが変革を迎える今年に、爆騰が予想されるマイン(mine)とは一体どのような可能性を秘めているのでしょうか。

仮想通貨 マイン(mine)とイーサリアムの関係

吉田慎也さんが現在行っているICO案件は、これまでになかった新しいシステムであるこや、人気仮想通貨イーサリアムと関係があることから、今後確実に価格が上がると予想されています

今回のICOで発表されるコインの名前はまだはっきりと公表されていませんが、マイン(mine)という名前が有力であると考えらています。

マイン(mine)のICOを行う吉田慎也とは

今回マイン(mine)のICOを行っている吉田慎也さんは、若いながらも中国でマイニング事業を始め成功し、仮想通貨業界で注目を浴びている人です。
中国がマイニング規制をし、99%の企業が撤退したした後も、吉田慎也さんは、中国政府公認のサーバーを利用していたことから万を逃れ、現在も中国でのマイニング事業を続けることができています。

マイニングとは採掘という意味を持ち、ビットコインなど仮想通貨を得る方法のことを言います。
仮想通貨利用者の履歴となるブロックを作るために、膨大なデータから計算をし、いち早く正解を出すことによって報酬として仮想通貨が与えられる仕組みになっています。

ICOってなに?

ICOとはイニシャル・コイン・オファリングの略で、ある企業やグループがトークンという通貨を販売して、その販売利益によって開発費や研究費などを調達する方法のことを言います。

資金を調達できなければ上場することができませんし、中には参加者から資金を集めるだけで何もせず詐欺を働く団体もあることから、今後ICOが規制されるのではないかという話もあります。

もし仮にICOが規制されてしまったら、今後はこれまでのような大きな利益を得ることはできなくなってしまうかもしれません。
これがラストチャンスになるとしたら、確かな情報を掴み、信頼できるコインを保有する必要があります。

2018年実装!マイン(mine)の新しい決済方法

上場すらできずに消えていくコインが多い中、マイン(mine)が上場し値上がりが予想されているのには理由があります。
それは、マイン(mine)にはすでに2018年に実装が約束されている、これまでの仮想通貨にはなかった新しい決済方法があるからなのです

この新しい決済方法は「仮想通貨×マイニング×決済」となっていて、マイン(mine)を利用すると、その金額の一部が自動的にマイニング投資に回される仕組みになっています。

つまりマイン(mine)で買い物をする度に、一部のお金が投資に回り、配当が得られることになります。
苦労して働いたお金で買ったものも、いつしかお金が戻り、タダで手にしたことになると言うのです

マイニングデビットカードの誕生

マイン(mine)を使って買い物をすると言っても、まだ仮想通貨を使える店舗が少ないのが現実ですが、そんな悩みを解決してくれるマイニングデビットカードが誕生します。

これはデビットカードと同じような使い方ができるカードで、マイニングウォレットというネット上のお財布にマイン(mine)を入れておくことで、使った分だけウォレットから引き落とされるカードになっています。

マイン(mine)を保有してるとイーサリアムが貰える?

マイン(mine)を使うことで、自動的に投資が行われ、報酬が得られるだけでもすごいことですが、その報酬というのがイーサリアムなのです。
しかも、マイニングデビットカードを使って買い物をしなくても、マイン(mine)を保有しているだけでイーサリアムが貰える仕組みになっています

年間24%のイーサリアムが貰える

使っても使わなくても、マイニングウォレットを持ち、マイン(mine)を所有しているだけでイーサリアムが貰えるとのことですが、いくら位貰えるのか気になりますよね。
その利率はなんと最低でも24%だと言うから驚いてしまいます。
銀行に100万円預けていたら年間で24万円の利息が貰えることになります。
しかも報酬は今後も値上がりが期待されるイーサリアムで貰えるので、2倍3倍かそれ以上に増える可能性があります。

保有しているだけでこれだけのイーサリアムが貰えることから、マイニングデビットカードを使い、さらにマイン(mine)を使うことで、より大きな利益を望むことができます

マイン(mine)はイーサリアムの時価総額を超える!?

保有しているだけでイーサリアムが貰えるマイン(mine)は、運営側が買い支えることでICOの価値を上げていき、上場後の値崩れを防ぐと言います。

このような運営側のマーケットメイクにより多くの人がマイン(mine)に興味を持ち、参加する人が増加することで、マイン(mine)はイーサリアムの時価総額を超える可能性もあると言われています。

セレニティを迎えるイーサリアムの今後

仮想通貨は変動が激しく、いつ急落するかわからないため、手を出しにくいという人もいると思います。

しかし、今回マイン(mine)を保有することで貰えるイーサリアムは、4段階のアップデートが行われることが決まっていて、アップデートが行われる度に価格が上がってきました。
イーサリアムのアップデートはフロンティア、ホームステッド、メトロポリス、セレニティという順番になっています。

すでに3段階目まではアップデートが行われていて、最後のハードフォークである、セレニティが2018年中に行われると言われています。

ハードフォークと言うのは、通貨の仕様が変わることで、これまでとは違った新しい仕様が採用されることになります。

現在のメトロポリスからセレニティへアップデートされると、今までの仕様とは大きく変わることから、価格が大幅に上がる可能性があります

セレニティを迎える前にマイン(mine)を所有するメリット

イーサリアムがセレニティを迎えると、POWからPOSに移行されることになります。

POWとは、Proof of workの略で、仕事量に応じて採掘量が増えていく仕組みのことを言い、マイニングをするほど多くの報酬が得られることになっています

POSは、Proof of stakeの略で、通貨の保有数が多いほど新規発行の通貨が貰える仕組みになっています。

そのため、POWからPOSに移行するとマイニングできなくなるのではと言われています。しかしメリットも多く、今の内にマイン(mine)を所有しイーサリアムを多く保有しておくことで、セレニティにアップデートされた時に新規発行されたイーサリアムを大量に手に入れることができるのです。

マイン(mine)は買うべき?

マイン(mine)は、保有しているだけでイーサリアムが貰え、運営側のマーケットメイクにより長期的に価格が上がっていく仕組みになっていることなど、多数の利点があり買うべきコインと言えるかもしれません

また、イーサリアムがPOWからPOSに移行し、マイニングができなくなったとしても、マイン(mine)を保有していれば、ビットコインキャッシュや、モナコインなど他の仮想通貨のマイニングが行われるため、報酬を受け取り続けることができます。

まとめ

吉田慎也さんがICOを行っているマイン(mine)は、保有しているだけで毎日イーサリアムが貰えるという嬉しい特典がある他、運営側が買い支えていくということで長期的にマイン(mine)の価値が保たれるように設計されています。
イーサリアムの価格の高騰が予想される今年、マイン(mine)に投資することは正しい選択なのかもしれません

5 件のコメント

  • このmine(マイン)は専用のデビットカードで買物すると使ったお金の一部が投資に回せるというのは、画期的なICOだとは思う。今までにこんな仮想通貨はなかったからどうなるのか興味はある。
    イーサリアムがPOWからPOSに移行したら確かにこの先のマイニングがどうなるか心配だけど、mine(マイン)を持ってることで、他の仮想通貨であるビットコインキャッシュやモナコイン等のマイニングができるのが魅力ではある。

  • Mine(マイン)が一部詐欺的な評価をしている記事もありますが、2017年9月にマイニングカードの実証実験も済んでいるし、このマイニングカードの利用度が上がればmine(マイン)の価値も上がると予想しますからもっとマイニングカードの利便性をアピールする必要があるでしょう。mine(マイン)のICOを行っている吉田慎也さんも3月19日の公開以来ネット上にコメントが見られないことも多少不安です。

  • コメントありがとうございます。
    情報が少ないという点で不安になることはありますよね…。
    しかし、ホワイトペーパー情報なども出てきていますしこれからどんどん安心できるような情報が出てくると思います。

  • いろんなところで耳にするようになったmineですが、実際のところいつから保有できるようになるのかがきになります。

  • コメントありがとうございます。
    3/19にICOを行っているので、すでに保有している方はいらっしゃいますよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です