ミリオンズプロジェクトは1000万稼げるようになるのか?そんな疑問を調べた!

情報商材で詐欺に遭っている方が多いですが、あなたは大丈夫ですか?
情報商材の誇大広告はとても過激なので、信用してしまうかもしれませんがほとんどが偽りの
情報ですのであまり信用しない方が良いかもしれません。
なぜ商材のLPが誇大広告が多いのかと言うと、集客をして高額商品を買わせるためなのです。

そして最近は「無料」と言って無料オファーを提供して
きます。
「無料」と言う言葉に騙されてしまい、最終的には高額な商品を販売してあなたに買わせよう
としてきます。
「元が取れるから大丈夫」みたいな言葉をかけてきますが、一体どこに元が
取れる保証があるのでしょうか?

こう言った言葉を使ってあなたに高額な商品を買わせようとしてきますので、無料だからと
言って無料オファーに参加するのは
やめて欲しいと思います。
「ただより高い物はない」と言いますよね?

情報商材がこれに当てはまりますので、無料オファーでメールアドレスを登録するのはやめて
欲しいと思います!

さて前置きはこのくらいにして本題に移りたいと思います。
今回は「ミリオンズプロジェクト」と言う情報商材につ
いてお話ししたいと思います。
ミリオンズプロジェクトは果たして稼げるのか?
それとも詐欺なのか?

ミリオンズプロジェクトに興味がある方は最後まで読んでみて欲しいと思います。

ミリオンズプロジェクトのビジネスモデルとは?

早速ですが「ミリオンズプロジェクト」のビジネスモデルを確認して見ましょう。
ミリオンズプロジェクトは物販で稼ぐノウハウになっています。

転売と考えていただければ良いです。

個人的には転売って稼ぐのが難しい感じがしますがどうなんでしょうか?

ミリオンズプロジェクトのLPには「1日10分の空いた時間
で、、、」
と書いてあります。
転売をよく知っている方ならご存知だと思いますが、1日10分の空いた時間でできるビジネ
スではないのです。

どの商品が売れるのかリサーチする必要があるんですが、このリサーチがとても時間がかかっ
てしまいます。
売れる商品を仕入れないと赤字になってしまうので、どの商品が売れるのか吟味する必要が出
てきます。

1日10分だけリサーチしたって売れる商品は分かりません。
もしミリオンズプロジェクトが何かしらのツールを使うことになって、売れる商品をすぐに調
べる事が出来たとしても
他の方と商品が被ってしまう事が予想されます。
自分だけの商品なら良いですが、他の方と商品が被ってしまうと価格競争になり、誰よりも安
く売ってしまう事になるのです。
そうすると赤字になっていく事が分かると思います。

ですのでリサーチだけではなく、競合相手がいないか?など調べる必要があるので、そう簡単
に上手くいかないのが転売なんです。

このようなLPの誇大広告に引っかかってしまう方もいるかと思いますが、1日10分だけで稼
げるビジネスなんて存在しないので
信用しない方が良いと思います。

ミリオンズプロジェクトは具体的に何をするのか分からない

ミリオンズプロジェクトは物販と言うことが分かりましたが、手法については何をすれば良い
のか分からない状況です。
具体的な稼ぎ方を説明していないので、少し気になります。

結局は有料

最終的には12万8000円の商材を買う必要があるこ
とが分かりました。
12万8000円と言うとなかなか高額ですよね。
商材の中でも比較的に安い部類に入りますが、安いと言っても12万8000円なので少し考
える必要があります。

個人的な考えでは12万8000円の他にも高額な商品が待ち構えているのではない
か?と考えています。

12万8000円の商品を買っても結果が出なく、「結果を出すためには、もう一つ商品を買
わないといけない」など
情報商材ではよくある方法です。

とにかく高額商品を売りつけるんです。
高額商品を買っても結果が出なかった場合は、「あなたのやり方
が悪い」
などの言い訳をしてきて返金に応じないこともあります。

とにかくやり方が汚いですよね。
今回のミリオンズプロジェクトはもしかすると他の高額商品が待ち構えている可能性がありま
すので注意しましょう。

考える余地はない

12万8000円ということが分かりましたが、購入する必要はあるのでしょうか?
個人的な考えで言うと稼ぎ方が曖昧なので私はオススメしません。

具体的な仕組みがわからないので、詐欺の可能性もあると言うことを頭に入れておきましょ
う。
どのようにやっていけば良いのか分からないので、リスクが高すぎるのでもし稼ぎたいのなら
違うことに時間を使った方が良いと思います。

そんなリスクを負ってまで、やる案件ではないですし、騙されても嫌です。

どうしてもやりたいのなら止めはしませんが、やらない方が騙されないで済むのではないで
しょうか?

ミリオンズプロジェクトは信用しない方が良いのか?

ここまでお話ししたら分かるかと思いますが、ミリオンズプロジェクトは信用しない方が良い

でしょう。
具体的なことが分からないですし、会社の住所も少し怪しくおそらくバーチャルオフィスなの
かなと思っています。

バーチャルオフィスが悪い訳ではありませんが、すぐに逃げることも可能なので騙し取ったお
金が返金されないのではないでしょうか?
情報商材はバーチャルオフィスが多く、逃げることも考えている
のでしょう。

なのでミリオンズプロジェクトは信用しないで、今すぐに手を出すのをやめましょう。

情報商材は買わない方が良いのか?

情報商材は買わない方が良いのか?と聞かれれば、「買わない方が良い」と思っています。
商材の90%以上は中身のないコンテンツや、詐欺まがいなもの
ばかりなので、手を出さない方がお金を失わなくて済むでしょう。

商材を販売している業者はネットに疎い方や、情弱の方を狙ってお金をだまし取ろうとしてい
ます。

特に最近ではご年配の方を狙った広告が多いなと個人的に感じます。
「バブル」と言うワードを使った広告でご年配の方の心を掴み、商材を販売
していくのです。
なのでネットをあまり使ったことがないご年配の方は、特に注意してネットを使って欲しいと
思います。

ご年配の方だけではなく、「自分は騙されないから大丈夫」と言う方に限って騙される傾向が
ありますので
騙されないようにするには、情報商材に手を出さない方が良いと思います。

商材を買って稼ぎたい気持ちも分かりますが、結局お金だけ失って後悔するケースが多いので
手を出さないことです。

情報商材に騙された時の対処法は?

もし情報商材に騙された時はどうすれば良いでしょうか?
騙されないとは言い切れないと思うので、騙された時どうすれば良いのか知っておいて損はな
いでしょう。
いくつか紹介しますので参考にしてみてください。

クレジットカードで支払ったなら

クレジットカードのリボ払いで支払ったなら、カード会社に連絡をする事で請求を止める事ができるかもしれません。

請求を止める事が出来れば、無駄にお金を払う必要がありません。
請求を止めてもらうには、詐欺に遭った経緯などを話手続きをする必要がありますので、まず
は利用したカード会社に連絡をして
話を聞いてもらうと良いでしょう。

消費生活センターに行って相談をする

消費生活センターは消費に関するトラブルを相談できる場所で、商材に騙された時には業者に
直接連絡を取ってくれたり
弁護士を紹介してくれます。
消費生活センターに詐欺な遭ったことを伝えることが必要になりますので、事前に詐欺に遭っ
た時の証拠など資料にまとめておいて提出しましょう。
どうしても口だけで説明すると、消費生活センターの方も理解ができないと思いますので、分
かりやすいように資料にまとめておいてください。
業者に直接連絡を取って、返金を促してくれるので、返金してもらえる可能性があります。

必ず業者から返金される訳ではありませんが、可能性があるので消費生活センターに訪れてみ
てください。

消費者庁に行って相談をする

消費者庁は消費生活センターと違って、返金を強制させることができます。
もし業者が返金を断れば、立入検査や排除命令も出すことができ
るので、とても頼れる機関です。

ですが必ず動いてくれる訳ではなく、被害者が多数いないと動いてくれません。

一人一人対応していると時間がかかってしまうので仕方ないことです。

そして消費者庁に相談しに行ったら、販売業者に直接連絡をとり「消費者庁に相談している最
中」と言うことを伝えましょう。
消費者庁に連絡をしているって分かると、販売業者はビビってしまうので返金できる可能性は
高くなります。

販売業者からして見たら消費者庁はとても怖い存在なのです。

弁護士に相談し依頼してみる

弁護士に相談をすることで裁判を起こした方が良いのか。起こさない方が良いのかが分かるで
しょう。
裁判を起こして勝ったとしても、弁護士費用が高ければ弁護士に依頼をする必要はありません

ので、事前に弁護士費用について
相談をして見てください。
弁護士費用は10~30万近くかかり、弁護士によって費用が違
うので必ず聞くようにしましょう。

弁護士に依頼をすることで、スムーズに解決するのではないでしょうか?

法テラスに相談をしてみる

法テラスは弁護士費用が払えない方にオススメの機関です。
主に、弁護士の紹介、法に関するトラブルの相談を行なっています。

そして民事法律扶助を行なっており、弁護士費用の立て替えが可能になる制
度もあるのです。
誰でも民事法律扶助を行うことができる訳ではなく、一定の条件をクリアすることが必要に
なってきます。

  • 毎月の収入
  • 資産の状況
  • 裁判が勝てるのかどうか

これらの条件をクリアすることで、民事法律扶助を行うことができます。
詳しくは法テラスに電話をして聞いてみるか、直接聞いてみて欲しいと思います。

集団訴訟を起こす

集団訴訟は1人で行う訴訟ではなく、集団で行う訴訟です。
1人で行う訴訟と集団で行う訴訟、何が違うのかと言われれば「弁護士費用が節約できる」と言うことです。

集団訴訟の場合は、弁護士費用を参加する方で負担するので、1人で負担する金額よりかなり
節約できます。
参加する方が多ければ多いほど、負担する金額が減るので、弁護士費用が払えない方でも参加
しやすくなっております。

他にも、参加した方の証拠を自分のものとして扱えることもできるので。集団訴訟はとてもオ
ススメな方法なのです。

集団訴訟をするには被害者を集めないといけないのが大変ですが「MatoMa」と言うサイトを使えば簡単に被害者を集めることができます。
「MatoMa」は集団訴訟のプラットフォームで、これから集団訴訟をしたい方がたくさん集
まっているので、利用してみると良いでしょう。

もし自分が参加したいプロジェクトがなければ、自分でプロジェクトを立ち上げることができ
るのでぜひ使って見て欲しいと思います。
「MatoMa」は無料です。
https://mato.ma/

まとめ

いかがでしたか?
今回は「ミリオンズプロジェクト」についてお話ししました。
今回の話しをまとめると

  • ミリオンズプロジェクトは物販で稼ぐノウハウになっている
  • ミリオンズプロジェクトの稼ぎ方の手法が具体的に分からないので少し怪しい
  • 1日10分の空いた時間で、、、と謳っているが、10分で稼げるほど転売は簡単
    ではない
  • 最終的には12万8000円の商材を買う必要がある
  • 商材を購入しても、さらに高額な商品が待ち構えているかもしれない
  • 怪しい部分が多いのでミリオンズプロジェクトはあまり信用しない方が良い
  • できる限り情報商材は購入しない方が良い。
  • 商材で騙された時は、集団訴訟を考えてみる。

このようにまとめてみました。
ミリオンズプロジェクトはやらない方が良いでしょう。

そしてこれからもいろんな商材が出てくるかと思いますが、できる限り手を出さない方が良い
と思います。
お金を騙し取られてからでは遅いですよね?

特にご年配の方は「バブル」などのワードの誇大広告に騙されないようにしてくださいね。
この記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です