松井準さんによる話題のLINE@ICシステムを詳しく解説!

LINE@ICシステム 松井準


5/1~“LINE@ICシステムがリニューアル”リリース!!

世の中には数多くの稼げる』というノウハウが溢れていますが、実際に稼げる本当のノウハウというのはほぼ皆無と言っても過言ではありません。

そんな現状を憂慮してプロトレーダーの松井準さんが世に送り出したLINE@ICシステムは『本物』の稼げるノウハウとして今大きな話題を集めています。

しかし、一般的に言うギャンブルを利用して稼ぎを生み出すLINE@ICシステムはなぜ確実に利益を生み出す事ができるのでしょうか?ギャンブルを利用するという部分に疑問や疑念を持たれる方も多いかと思います。

そこで今回は、そんなLINE@ICシステムの稼げる仕組みや今までの実績、松井準さん自身の思いなど、LINE@ICシステムについてかなり詳しく迫っていきたいと思います。

 


前回好評だった、LINE@ICシステムが5/1~パワーアップして再リリースされるとのことです!

1. 松井準さん提供のLINE@ICシステムとは!?

 

すでに世に出てから2年近く経つLINE@ICシステムは常に改善され常に新しいシステムとして生まれ変わっています。まずはそんなLINE@ICシステムの概要について見ていきます。

1-1.月間利益率200%超え×再現率100%×資産増加率492%

この成績は松井準さんがLINE@ICシステムを世に送り出してから15か月の間に記録したLINE@ICシステムの成績です。この成績を見てもらうと分かると思うのですが、良く巷で目にする稼げるノウハウに比べると利益率200%というのはあまり高くないのではないかと思われるかもしれません。

確かに10万円投資すれば20万円の利益がでる計算になるので、月に何百万何千万稼げるというノウハウと比べると見劣りします。

しかし冷静に考えてください、一般的に行われるFXや株式などの投資と言われるものと比較すると再現率100%で利益率200%という数字はあり得ないほど素晴らしい数字です。この事からもLINE@ICシステムのシステムとしての完成度の高さが伺えます。

1-2.LINE@ICシステムはあなたのLINEに届く通知をタップするだけ!?

いくら稼げると言っても複雑な知識や特別なスキルが必要であれば再現率100%というのはまず実現しないはずです。そこでLINE@ICシステムがどのような流れで稼ぎを得られるのかと言うと、LINE@ICシステムに登録すると後で詳しく解説しますが、ブックメーカーというスポーツギャンブルサイトの稼げる試合が通知で届きます。

その通知に従って、事前に登録したブックメーカーのサイトに移動し、指示通りの処理をすれば完了です。

つまり、私たちはLINEに届く通知を待っているだけ、後は指示通りに数タップの作業を行えばそれだけで全てが完了するというわけです。

1-3.LINE@ICシステムを利用するのにかかる費用は?

今回紹介させていただくLINE@ICシステムは本来松井準さんのコミュニティの方にのみ有料で提供されていたシステムです。

その費用というのは初期費用で¥98,000、月額費用¥20,000になるのですが、今だけキャンペーンにより、この初期費用と最初の月額費用が無料になるというのです。LINE@ICシステムを利用して2週間すると月額費用¥20,000が発生してしまうので、まずは2週間試してみてLINE@ICシステムが本当に稼げるシステムなのかどうかを私たち自身の目でしっかり確かめていく必要があるようです。

LINE@ICシステム 説明

2.LINE@ICシステムはブックメーカーで稼ぐ?

LINE@ICシステムの肝はやはりブックメーカーで稼ぐという部分で、みなさんもこの部分がかなり気になっているのではないかと思います。

そこで次はブックメーカーに的を絞ってLINE@ICシステムを詳しく見ていきたいと思います。

2-1.ブックメーカーって何?

 

ブックメーカーというのを初めて聞いたという方も少なからずいらっしゃると思います。簡単に言うと日本でいうtotoのようなスポーツに賭けるギャンブルの海外サービスという事になります。

しかし日本のtotoなどとは比較にならないほど賭ける対象が多く、その賭け方も何億、何兆と言われるほど多様です。ブックメーカーは海外ではかなり一般的で、海外の人にとっては生活に浸透した一種の娯楽のような扱いとなっています。

2-2.ブックメーカーって結局ギャンブルだよね・・・・・

ギャンブルなら絶対に稼げるっておかしいのではないか?と思われた方が多いと思いますが、ブックメーカーは一般的なギャンブルとは少し違う側面を持っています。

例えばスポーツの試合でサッカーを例にあげると、残り試合時間5分で4対1の試合があったとします。この試合で勝つチームを当てて下さいと言われたら、サッカーを知っている人なら100%当てられる自信があると思います。

実はブックメーカーというのは試合の途中でも賭ける事が出来るシステムで、普通のギャンブルとは違い限りなく100%に近い賭け方というのが存在するのです。

今回の例えのようにあまりにも分かりやすい試合は、利益率がものすごく低くなるので結局あまり稼げないのですが、取り敢えずここではブックメーカーにはそういう賭け方が存在するというのを知っておいて下さい。

つまり、ブックメーカーが投資になるかギャンブルになるかはやり方次第で変わるという事なのです。

2-3.ブックメーカーの魅力とは?

ブックメーカーにはまずスポーツ好きには堪らない面白さが魅力としてあります。

スポーツを見るだけでも楽しいですが、それに賭けの要素が加わる事でさらにスポーツを熱いものにしてくれるわけです。

さらにブックメーカーには投資先としての大きな魅力があります。ブックメーカーを利用している大半は趣味や楽しみとして利用しており、悪く言うと本気で稼ごうとはしていません。パチンコでパチプロが存在するのと同じで、本気でプロが取り組めば一般の人が損している部分で稼ぎを生み出せるのです。

しかもブックメーカーの規模が世界規模でとてつもなく大きい分利益も生み出しやすく、ギャンブルではなく投資という見方をするととても大きな魅力のあるサービスなのです。

2-4.ブックメーカーは日本でやっても法律違反にならない?

公営ギャンブルしか認められていない日本において、ブックメーカーが法律に違反するのではないかと心配される方も多いと思いますが、その点は安心してください。

松井準さんなどの運営者側で、国や弁護士にしっかり確認されているようで、個人がブックメーカーを行うのは法律違反ではないという回答をいただいているようです。

ブックメーカーについてはこちらの記事

今日からブックメーカー!初心者に簡単解説

3.LINE@ICシステムで本当に稼ぐ事は可能なのか?

それでは次は実際にLINE@ICシステムがブックメーカーを利用してどのように稼ぎを生み出すのか、そして実際にどんな実績をいままで出しているのか、LINE@ICシステムが本当に稼げるのかという部分にスポットを当てて詳しく見ていきます。

3-1.LINE@ICシステムは稼げる試合を自動で探し出すツール

先にブックメーカーにはほぼ100%勝てる試合が存在するという話をしたと思いますが、ここにLINE@ICシステムで“稼げる秘密”があります。

例えばあるスポーツにとても詳しい人がスポーツの試合を見ると、普通の人が見たらそんなに勝率が高いようには見えなくても、その人にとってはかなりの確率でその試合の勝敗が分かってしまうものがあるというのは何となく理解していただけると思います。

LINE@ICシステムは様々なデータや傾向を分析することで、普通の人では分からない、見つけ出す事が出来ない限りなく勝率の高い試合というのを探し出すシステムなのです。

私たちのLINEに届く試合というのはLINE@ICシステムが独自のロジックで導き出した限りなく勝率の高い試合であり、一般的な人はなかなか気が付けないので利益率もある程度高いものになります。

これはLINE@ICシステムの実績を見るとさらに理解が深まると思うのですが、勝率は大体90%台ですが当然たまに負ける事もあります。LINE@ICシステムはこの勝率で利益率のバランスをうまく計算し、結果的には確実に利益が残るシステムとして完成しているのです。

3-2.今まで月単位で負け越したのは1度だけ!

LINE@ICシステムは2016年6月からシステムの提供を開始しており、もうすぐ提供以来2年が経過します。その中で唯一マイナスを出した月が2017年の10月で、勝率85.37%ですが、利益率-163.80%となっています。

システムがまだよくわかっていない方は勝率8割でなぜマイナスになるか疑問だと思いますが、10万円賭けて2万円の利益が出る試合で8割勝つと、10回のうち8回勝って16万円プラスがでます。

しかし、2回負けて20万円損しているので、利益は-4万円となり結果的に損するわけです。LINE@ICシステムたった一度だけ月単位でマイナスを出しているのですが、結果的には今までの平均月利は165%で勝率は93%。合計の資産増加率は3,631%になるのです。

簡単に言うと資産が1年半ほどで36倍になっていることになります。資産を確実に増やしてくれるシステムとしてLINE@ICシステムがいかに優秀かこのデータで理解していただけたかと思います。

3-3.LINE@ICシステムは本当に簡単なの?

ブックメーカーは英語のサイトなので、LINE@ICシステムはシンプルでも英語が出来ない人には手を出しにくいシステムではないかと心配になるかたもいらっしゃると思います。

確かにブックメーカーに登録する際に少々手間取られるかもしれませんが、松井準さん側のサポートもあるので安心して下さい。さらにLINE@ICシステムの利用に関してはすべて通知に指示が書いてあるので、英語の得意不得意は全く関係ないようです。

事実として今まで英語の部分で挫折した人はいませんし、松井準さん側でもブックメーカー登録などのサポートをさらに充実させる動きもあるようなので安心して取り組めます。

4.主催者の松井準さんってどんな人?

それでは次は主催者の松井準さんについて何をやっているどんな人物なのか、松井準さんのプロフィールや松井準さんがLINE@ICシステムに込めた思いなどについて詳しく見ていきたいと思います。

4-1.松井準さんのプロフィール

松井準さんの画像

松井準さんは1987年5月2日大阪生まれのプロトレーダーの方です。

現在は完全紹介制の有料会員コミュニティを運営している運営者の1人で、そのコミュニティでは一部の富裕層のみが手に入れる事ができる本当に稼げるビジネス手法や、情報、投資案件を紹介しています。

松井準さんのコミュニティは今までBICと呼ばれていましたが、最近名前が変わってHAKUTOとなりました。

7人の日本人プロトレーダーにより運営されており、日本の投資業界を変えたいという強い思いの下に活動している組織になります。

松井準さん自身は、富裕層だけでなく、一般の人にも本物の情報を提供することで、1人でも多くの人を経済的な苦痛から解放してあげたいという思いで日々活動されており、今回のLINE@ICシステムの公開にもそのような松井準さんの信条が大きく関わっているようです。

4-2.LINE@ICシステムに込められた松井準さんの強い思いとは!?

松井準さんがLINE@ICシステムを一般公開するのを決めたのには先に書いた松井準さんの信条が大きく関わっています。

ある時詐欺案件で騙された人が松井準さんに助けを求めて相談してきたことがあるらしく、その時に松井準さんは自分がその人を助けられる力を持っていながら、何もできなかったことを悔やみ、そのような人を可能な限り救うためにも今回のLINE@ICシステムの一般公開を決意したのだそうです。

ちなみにこのLINE@ICシステムは利用した人が稼げるのはもちろんですが、利用者が増えるほど松井準さん側も利用料を頂くことが出来ます。

つまりお互いにwinwinの関係を築くことが出来るのです。松井準さんは私たち自身がLINE@ICシステムの実力を理解できたら、周りの人にもどんどん広めてほしいと言っています。

今回のこのプロジェクトには松井準さんのLINE@ICシステムに関わる人全員が幸せになってほしいという強い思いが秘められているのです。

5.まとめ

ここまで、松井準さんが提供している話題のシステム、LINE@ICシステムについて詳しく見てきましたがいかがでしたか?

ブックメーカーを利用した稼ぎを生み出すロジックは明確で、一般的な投資とは比較にならない分かりやすさと利益率の高さは本当に素晴らしいシステムだと感じました。

ブックメーカーというサービスを利用している以上、タイミングによっては確かに負ける事もありますが、システムを理解して取り組めば一時的なものであることは分かって頂けると思います。

しかも今ならキャンペーン中ということで初期費用や月額費用を支払うのが心配な方もリスクゼロで挑戦することが出来るのも本当に嬉しいですね!今だけのこのチャンスを逃さないように、本当の稼げるノウハウを手に入れてくださいね!

前回参加できなかった方はこの機会に参加してみてはいかがでしょうか?


あわせて読みたい記事


松井準が開発!「ブックメーカー」を駆使したLINE@ICシステムの全貌に迫る!?

松井準(まついじゅん)のLINE@ICシステムは、どうやって稼ぐことができるのか!!?

松井準さんのLINE@ICシステムは本当に稼げるの?それとも詐欺!?

松井準さんのLINE@ICシステムが再現性100%で稼げる秘密とは!?

松井準氏考案!ブックメーカーシステムはグレーゾーンなのか?

3 件のコメント

  • 与沢翼さんも紹介していましたが
    この方は結構有名なんですか?

    過去にはどんなものをやってたんですかね?

  • コメントありがとうございます。
    過去は詳しくは公開されていませんが、過去には雑誌でコラムを書いたとの事実があります。
    投資にとても詳しいように思えます。

  • 過去にブックメーカーというのは聞いたことがありましたが、中々怪しいなどという気持ちもあって躊躇したのは覚えてます。プロトレーダーとして活躍している方が薦めているのならあながち間違えではないのかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です