仮想通貨やSNSで成功を収めた松宮 義仁のネットでの評判はどうなのか?

今現在日本で大流行中の仮想通貨やSNSサービス。
しかし松宮義仁さんは大流行する前に着目し、いち早くビジネスに取り入れ成功を収めたそうです。
今回はそんな彼の立ち上げた会社の事業内容やインターネット上での評判などについてまとめていきたいと思います。

1. 松宮 義仁のプロフィール

まず初めに松宮義仁さんのプロフィールを紹介していきたいと思います。
松宮義仁さんは1972年に生まれ、明治大学文学部史学地理化学科を卒業します。
その後レジャー業界や人材派遣業界に就職したのちに2006年に独立することを決意します。
独立した松宮さんはサラリーマン時代の経験をいかして、コピーライティングやマーケティングのスキル、そしてさまざまな心理学などを習得していったそうです。
そしてインターネットビジネスにも参入して試行錯誤を繰り返していった結果、数か月で月収が100万円を突破したそうです。
そのあと、さまざまなアフェリエイトなど成果を上げていき、アフェリエイターとしても大きく名前が広がっていきます。
そして、今の時代ほど有名でなかった時期にSNSのアルゴリズムを研究していき、天才プログラマーと一緒にアメーバブログの「ペタツール」などの足跡ツールを販売して5000万円の売り上げをたたき出したそうです。
その後さまざまな本を出版し30万部を売り上げたそうです。
そして開催したセミナーでは数千万円の利益を生み出したそうです。

2. 松宮 義仁の会社名は?

松宮義仁さんはフィンテック株式会社を起業されています。
こちらはセミナーの企画や運営をしたり、キュレーションメディアの企画運営、ほかにもプロモーションやクラウドファンディングの企画運営も行っています。

3. 松宮 義仁の評判は?

それでは松宮義仁さんのインターネット上での評判は一体どうなんでしょうか?
松宮義仁さんはインターネットビジネス界隈では「ミスター現金伝承」や「ソーシャルメディア日本一の男」「SNSを現金化する男」というような呼び方をされ、ソフトバンクホールディングの孫正義さんやAKB48所属のメンバーより影響があった時期もあるそうです。
松宮義仁さんはFacebookなどのSNSサービスを利用してのビジネスを得意としており、そしてネットビジネス販売でもかなりの額を稼いでいるとして有名です。
そしてこれまでも数々の書籍を出版されておりサイン会やトークショーなども開催する人気ぶりだそうです。
そして仮想通貨にもいち早く注目しており、2016年には松宮さん自身の仮想通貨「NAGEZENI」を考案し作成することに至りました。
しかし松宮さんの評判の中には悪い意見もみられます。
「高額の費用を払ったのにお金が稼げなかった。」という意見が特に多かったように感じました。
しかし、このような情報商材はスキルやノウハウを紹介するためであって、確実に稼げるというものではなく、自分にその情報商材があっているのかどうかの問題ですのでこちらお評判は意図が間違っています。

 まとめ

今回は松宮義仁さんのインターネット上の評判や起業した会社の事業内容を紹介していきました。
現在は会社を立ち上げられ、セミナーやメディアの企画や運営を行っているみたいです。
インターネット上での松宮義仁さんの評判はいい意見ばかりではなかったのですが、悪い意見の内容は情報商材の真の意味を理解していない意見が多いように思いました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です