松井準(まついじゅん)のLINE@ICシステムは、どうやって稼ぐことができるのか!!?

LINE@ICシステムのLPの画像


現在非常に人気になっている

松井準さんという方をご存知でしょうか?

非常に優れたシステムを開発したために、

今業界でも非常に注目を集めています。

今回の案件では、

信じられないほどの利益率を誇る投資ができるというのです。

月利200%という数字のようで、

この数字通りであるなら、

今手元にある10万円は、

来月には30万円になっているということです。

さらに、複利での運用ができるということですから、

2か月目には90万円になっているということです。

3か月目に270万円、

4か月目には810万円と

半年もしないうちに数千万円という金額が

出来上がってしまうというのです。

いや、絶対詐欺だろ

そう思う気持ちもわかります。

これまでたくさんの情報商材を見てきましたが、

耳障りの良いことばかりを言っているシステムほど

信用できないものはありません。

さて、今回はそんな松井準さんのビジネスである

LINE@ICシステムというビジネスについてみていこうと思います。

1.松井準(まついじゅん)さんのビジネス「LINE@ICシステム」ってなに?

松井準さんのLINE@ICシステムとはどのようなビジネスなのでしょうか?

それは、ビジネス名にもなっているLINE@を利用したビジネスのようです。

松井準さんのLINE@ICシステムの内容についてはこちらの記事で解説しています。

1-1.LINE@とは?

今ではかなりスタンダードになってきたLINE@ですが、知らない人のために少しだけ話しておきます。

LINE@は、皆さんが今使っているLINEのビジネス版と考えていただければと思います。

特にインターネットビジネスの業界では多くが活用されています。

最近ではチェーン店や居酒屋などでも登録を勧められます。

そんな人気のLINE@を利用してどのように稼いでいくのでしょうか?

1-2.LINE@で、投資内容が配信される仕組み

今回のLINE@ICシステムでは、投資におけるエントリーのタイミングをLINE@にて配信すると言うもののようです。

投資において、エントリーのタイミングと言うのは、最も重要なことの一つです。

エントリーがうまくいけば、後は勝手に価格が上がっていってくれるのですから。

だからこそ、そのエントリーのタイミングを教えてくれると言うのは、すごいことだと思います。

LINE@ICシステム お客様の声では、具体的にはどんな投資にエントリーするのでしょうか?

2.LINE@ICシステムの具体的な内容は?

LINE@ICシステムの具体的な手法としては、「ブックメーカー」というものを使用してのビジネスになります。

2-1.ブックメーカーとは?

ブックメーカーの説明についても少し触れておきましょう。

ブックメーカーとは、海外にある賭けサイトのことです。

日本では賭け事は禁止されていますが、海外では結構頻繁に行われていたりします。

ラスベガスのカジノを始め、非常に大きな産業である賭け事は、現在は家にいながら簡単に賭けることのできる非常に身近な存在になっているのです。

2-2.え?違法な稼ぎ方なの?

ブックメーカーのことを初めて聞いた人は、

「それって、違法なビジネスってこと?」

と思われたかもしれませんね。

しかし、ブックメーカーは違法な存在ではありません

日本人が海外に行ってカジノで遊んでも捕まりませんよね?

現在この辺りの法律はしっかりとしていないために専門家の間でも意見が分かれているところのようです。

ブックメーカーを運営している会社自体が日本にはありませんし、サーバーも海外にあります。

そのため、違法な行為にはならないと言うのが専門家の意見です。

実際に多くの人がブックメーカーを利用していますし、それをブログの記事にしている人も多数います。

もしも本当に違法なのであれば、このような話はネットで描かれることはないでしょう。

・ブックメーカー詳細記事

今日からブックメーカー!初心者に簡単解説

3.松井準(まついじゅん)さんの会社は?

松井準さんの会社は、公開されていません。

facebookのプロフィール欄には、勤務先が

「会社に頼らない自由な生き方を提唱中」

となっています。

そう言うジョークなのかもしれませんが、こういった表現には、少し不安になりますよね?

しっかりとした会社として出している商品なのか、そうでないのかでは印象に大きな差がでます。

そのほか、色々と情報を探してみましたが、特に松井準さんの会社と思しきものは見つかりませんでした。

もしかしたら、システムの開発関係上、そういった会社情報が公開できないのかもしれませんね。

ブックメーカーという稼ぎ方は、法律に触れていないとはいえ、日本自体は賭け事を禁止しています。

そのため、もしもそういったシステムを開発しているという会社は、世間的に見ればあまり印象が良くない可能性はあります。

ですので、法律がきちんと整備されるまでは会社の情報は公開しないというポリシーなのかもしれません。

会社にとって信用度や印象と言うのは非常に重要なものになります。

だからこそ、そのあたり慎重になっているのかもしれませんね。

LINE@ICシステムの特定商取引法

LINE@ICシステム 特定商取引

4.松井準(まついじゅん)さんのLINE@ICシステムに参加する条件や費用は?

松井準さんのLINE@ICシステムですが、私自身LINE@に登録してみて確認しました。

LINE@ICシステム キャンペーン

写真にもあるように、実際に利用するために費用はかからないようです。

それも、最初の2週間

これだけの期間があれば、しっかりと稼げることが確認できると言う期間なのでしょう。

そして、その後継続的に利用する場合には月2万円の支払いをすれば使えるようです。

これってすごいことだと思いました、、、

ビジネスの感覚からいうと、最初に無料で提供することは、結構あります。

特に普通の人からすると価値が理解しにくいもの、とりわけシステムなどに関しては、無料で提供する期間があるのは珍しいことではありません。

なぜなら、そこには商品やサービスの価値がきちんと存在し、無料で提供した後にその良さを理解してもらえるという自信があるからです。

しかし、こと情報商材に関してはこの法則が成り立たないことが多いのです。

価値のない商品を売っている人が多く、最初に多額のお金を請求してくるものがほとんどになります。

それは、情報商材という特性上、仕方のない部分もあります。

情報というのは、知っているかそうでないかが一つの大きなハードルになります。

知っているだけで稼げるという内容に関して、最初に無料で提供してしまったら、情報を持ち逃げされてしまうというリスクが出てきます。

しかし、今回のプロジェクトでは、しっかりとした製品がメインになりますので、最初に無料で提供してその是非を確かめることが可能なのです。

5.LINE@ICシステムの口コミは?

LINE@ICシステムの口コミ非常に良いようです。

何と言っても非常に高い利益率を誇っていますし、再現率が100%という数字にも注目が集まっているのでしょう。

しかし、ネットでの書き込みの中には悪い評価も存在します

そういった評価について色々と調べてみましたが、非常に信ぴょう性のない悪評でした。

ここではその中でも多かった意見を見たいと思います。

 

5-1.ブックメーカーは違法である

ブックメーカーは違法だという主張は多かったです。

しかし、この件に関しては法律がきっちりとできていないために不透明な部分があります。

インターネットの急速な発達により、数年前までは考えられなかったネットで海外の賭けサイトを利用するという新しい手法に対して法律が追い付いていないのです。

しかし、違法であるとは言えません。

というのも、実際につかまったケースはありませんし、ネットで大々的にブックメーカー投資をしているという専門のサイトも存在します

本当に違法なのであれば、こういった人たちは捕まっているはずです。

さらに、アマゾンでブックメーカーを検索すると、

「ラクラク・かんたん・超楽しい! ブックメーカー投資入門」

「本気で稼ぐ人のためのブックメーカー実践の極意」

「ズボラ男が10万円を2ヶ月で123万円にした投資法 〜スポーツを楽しみながらできるブックメーカー投資〜」

など、実に80冊近くの書籍が出てきます。

しかも実名で書かれた本ですから、誰が書いたのかということも一目瞭然です。

こういった書籍がちゃんと販売されている時点で、ホワイトなのではないかと思っています。

5-2.勝った利益を上回る損失が出る

これも多かった意見です。

ブックメーカーを半丁博打として、勝つ可能性が低いギャンブルであるという意見です。

そういった口コミの多くが実際のデータとはかけ離れた条件の元で試算を行なっていました。

例えば、1度の賭けで得られる利益が5%だったとすると、1回負けてしまうと20回分の価値がなくなってしまうという試算です。

確かに5%の利益であれば、利益を出そうと思うと最低20連勝が必要になります。

しかし、この5%という数字に根拠がありません。

実際に報告を受けている利益率を見ていると10%前後というものが多いように見て取れます。

さらに、高いものであれば20%や30%という利益率の試合も存在します。

そういった試合を計算していくと、低く見積もっても10%ほどの利益があるのではないかと思います。

すると、勝率9割でも損をしないような投資になります。

数値を見てみるともっと高い勝率を出しているようですので、ちゃんと利益が出るのではないかと思っています。

5-3.高額なバックエンド商品に誘導される

多かった意見としては、販売方法に対する非難です。

ランディングページでの販売がされており、動画の配信やメルマガへの誘導といった販売方法は、他のインターネットビジネスでもよくみる販売方法です。

そのため、高額塾などへの誘導があるでしょうから、やめておいたほうが良いですよという内容が多かったです。

しかし、個人的には今回の案件に関しては、大丈夫だと思っています。

なぜなら最初の2週間は無料な上に、それ以降に継続的にシステムを利用するとしても、月に2万円のみの出費です。

これくらいであれば、提示されている結果よりも低い結果しか得られなかったとしても利益自体は出るでしょう。

さらに、複利での運用が可能ですので、仮に高額塾への誘導や高額コミュニティへの参加を求められたとしても、すでにでている利益で入ることができるでしょう

もしもそれだけの金額を稼げていない時には、購入しなければ良いだけの話なのです。

5-4.個人的に不安なこと

ここまでは、一般的な評判に関してを見てきましたが、ここでは私自身が感じるこのビジネスでの不安を話したいと思います。

非常に優れたシステムだと思いますし、ちゃんと安定した結果を得ているので、安心して投資はできるのでしょうが、それは一方でリスクを抱えています。

それは、「ブックメーカーのアカウント停止」です。

ブックメーカーの目的は、あくまでもギャンブルを通して利益を得ることです。

ということは、たくさんの人にギャンブルを楽しんでくれることが大前提です。

しかし、安定して勝ち続ける人たちがたくさんいるとどうなるでしょう。

反対の試合にかけていた人は損をしています。

ブックメーカー側としては、負け続けている人も買ってくれないと長期的に遊んでくれなくなると考えるでしょう。

そういった理由から不自然な連勝を続けているアカウントが削除される可能性があるのです。

これは、アービトラージという稼ぎ方での代表的なリスクですが、今回の投資でもそのリスク自体はあるのではないかと思っています。

bet365以外のブックメーカーも利用している可能性もありますし、同一人物が複数アカウントを持つことができる可能性もありますので、仮に停止したとしても問題ないのかもしれませんが、そのあたりをもう少し調べてみる必要があるのかもしれませんね。

LINE@ICシステム・まとめ

今回は、今非常に人気の投資であるLINE@ICシステムについて見てきました。

これまでに見てきたインターネットビジネスの商材の中でも非常にリーズナブルで参加しやすいものになっていますし、15ヶ月連続黒字という非常に安定した利益も上げています

そのため、これまで投資に失敗してきた人であっても是非無料の2週間だけは挑戦して欲しいと思っている案件になります。


あわせて読みたい記事


松井準さんによる話題のLINE@ICシステムを詳しく解説!

松井準が開発!「ブックメーカー」を駆使したLINE@ICシステムの全貌に迫る!?

松井準さんのLINE@ICシステムは本当に稼げるの?それとも詐欺!?

松井準さんのLINE@ICシステムが再現性100%で稼げる秘密とは!?

松井準氏考案!ブックメーカーシステムはグレーゾーンなのか?

9 件のコメント

  • 軽い気持ちで2週間やってみましたが、本当に利益を得ることが出来るなんて思っていなかったです。。
    過去いろいろなツールを試しましたが、少額で利益が出たのは初めてです!

  • やはり利益でますよね!
    3回ほどやりましたが、全然プラスです。

  • これはいいですよね!
    副業続けててよかったです(笑)

  • ていうか、こんなに簡単に稼げるとは思わなかった…
    ブックメーカー初めて知ったけど、こんな世界もあるんだと改めて情報って大事なんだなと思った。

  • コメントありがとうございます。
    ブックメーカーはギャンブルという認識が強いですが、しっかりと理解してやれば、投資として見ることも出来ますよね!

  • ギャンブルには疎いので、ブックメーカーを初めて知ったのですが、やってみたいと思いました!

  • コメントありがとうございます。
    現在2週間の無料利用期間がありますので、試してみるのは良い機会ですね。

  • ブックメーカーはグレーゾーンなのですね。
    今のうちにって感じがするのも否めませんねー

  • なおさん
    コメントありがとうございます。
    今まで使用したことがないと余計不安ですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です