在宅で年3億円を稼ぎ続けている蝶乃舞の大学と人生を徹底説明!

ネットビジネスで成功を収めており、育児しながら在宅で年3億円を稼ぎ続けていることで知られている蝶乃舞さんはいったいどのような経歴を持っているのでしょうか。ここでは蝶乃舞さんの大学時代からどのように在宅ビジネスをするようになったのかをご紹介します。

蝶乃舞の出身大学はどこ?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

蝶乃舞さんは早稲田大学理工学部数学科に進学しました。幼少時期から、小説や絵や作曲などの創作事がとても彼女は大好きで、それをする時間を捻出するために1日が36時間になる方法を子供ながら真面目に研究していたそうです。

そして幼稚園や学校など拘束されている時間と時間の隙間で、いかに効率よくやりたくない事を終わらせるかを考え抜き、小学校4年生の頃には、宿題も予習復習もすべて学校にいる間に終わらせ、先生にも親にも文句を言わせない成績を保ちながら、ゆっくり小説書いたり本を読むことだけに専念することに夢中だったそうです。

そこから更に時間効率を追求し、身の回りの整理や行動動線の改善によるスピードアップ法を発明し、マンガ3000冊を毎日2時間読みながらも早稲田大学理工学部数学科に合格しました。

早稲田大学の偏差値は?

早稲田大学理工学部数学科の偏差値は2018年現在で62.5という数字が出ています。一応、数学科が今の基幹理工学部に含まれています。2017年度の日本の大学の数では、私立が603校ありますが、その中でも早稲田大学はトップに入るレベルです。

しかし、この早稲田大学理工学部数学科でも理系のためほとんどの人が研究熱心で、卒業も大学院に進む人が多いのが統計的にも数値が出ていますね。またこの早稲田大学の理工学部出身者は世の中に影響を与えている人も輩出しています。例えば有名人でいうと、シンガーソングライターの小田和正さんやSTAP研究を発表し一躍時の人となった保方晴子さんと同じ大学の学部出身だそうです。

蝶乃舞の大学卒業後は?

蝶乃舞さんは大学卒業後、大手予備校数学講師やウェブデザイナーとして働いていたという経歴があります。基本的に早稲田大学の理工学部を卒業したらほとんどの人が研究をするために大学院に進学するか、または就職するのですが蝶乃舞さんは時間と収益の効率を最大化 するために大手予備校数学講師を務めていました。

自らが大学受験時に行ってきた整理術を取り入れた独自の教育法で、生徒のモチベーションと偏差値を短期間に引き上げて半年で自身の年収を3倍にするが、体調を崩してしまい予備校をあえなく退職してしまいます。

その後、虚弱体質でもリモートワークで在宅勤務も可能なウェブデザイナーという職業につき、在宅月収200万円になるも、不妊治療の末、双子を妊娠した途端に双子がいたら仕事は無理だとクライアントから断られるようになりはじめる。育児と仕事の両立が難しい現代日本社会の現実に直面し、病弱でも、育児中でも、通勤なしで成果を上げられ、初期費用のかからない起業ネタをひたすら彼女は探し続けました。

しかしその一方で生まれた双子の一人が重度の心臓病であったため、億単位の手術費を稼ぐためにも本気でビジネスに取り組もうと決心し、2005年に完全成果型報酬のインターネットビジネスに出会ったそうです。翌年2006年に乳幼児の育児と心臓病の看護をしながら、隙間時間にインターネットを駆使して月収5,000万円に届いたのを機に法人化したそうです。

それ以来8年間は育児をしながら在宅で年3億円を稼ぎ続けている。2013年、運営するオンラインスクール「シビスアカデミー」が通信制高校と連携して、日本初のインターネットビジネスを学んで高校卒業資格を取得出来るような仕組みを作ったそうです。

これによって、不登校やいじめにあった子供たちやその親など社会的弱者と言われる人たちが成功出来る道筋を作りだし、平均年齢40歳の100名を超える受講生がゼロから年収1000万以上になっているという実績を作り出したのである。

蝶乃舞がビジネスに成功したきっかけは?

蝶乃舞さんがビジネスに成功した1番のキッカケは大きな困難にぶつかっても絶対に諦めずに絶対にどんなことでも達成するという彼女の心情がここまで成長させたと思います。彼女自身のブログでも綴っているのが、この3つを心がけて生きてきましたと言っている。

その1つ目が「夢を絶対に諦めないこと。」これは幼少期から続けてきた、ゆっくり小説書いたり本を読むことだけに専念するために培ってきた整理術だったり、彼女が在宅でも仕事をする時に断られたり、どんな状況でも、子供の育児をするためにお金を稼ぐことだけをひたすら探求してきた結果がこのモットーに繋がっていると思います。

次に2つ目が「目の前にあって、今すぐに出来ることを何でもやってみること。」これは彼女が何度も困難に置かれた時に立ち止まるんじゃなくて、何度も困難に対して立ち向かってきたことが強く示していると思います。

最後に3つ目ですが、「何でも早くやること。」彼女は早稲田大学理工学部数学科に合格する時にも、自分のしたいことは絶対し続けるとやり通して、漫画を読んだり、小説を書きながらも好きなことをして合格できたのも、常になんでも早くこなす事だけに集中して生きてきたからだと思います。

これが実際のビジネスのスピード感にも繋がってきたのかなと思います。本当にこの3つだけが人生の軸にあって、どんな時も立ち止まらず彼女は行動し続けてきて、小さな実績をひたすら積み重ねながらここまで登りつめてきました。

オンラインスクールシビスで教えてきた述べ3000人以上の12%は、今では、在宅月収100万円以上になっているそうで、受講生の平均アフィリエイト報酬は10万円を超えたそうです。よくビジネスを成功するためには、成功している人から学べという、言葉を言われる方がいますが、この数値はそれを示していると言っても過言ではないでしょう。

実際に蝶乃舞さんはここまで数字を出しながら、受講生も結果を出しているのでとても再現性があるビジネスでもあります。再現性があるって事は、そのメソッドで成功する可能性が非常に高いと言うことも示しています。

こうして世の中の人々にたくさん価値を与えてきたことによって、「遊雅セレブリティ株式会社代表取締役」「通信制高校提携オンラインスクール「CiBS(シビス)」学長」「一般社団法人インターネットビジネス適正機構協会 代表理事」「一般社団法人日本作家協会 代表理事」などと言った肩書きもたくさん増えてきました。ここから言える事は、成功が成功を呼ぶと言う事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。実際に蝶乃舞さんが歩んできた人生を紹介し、どのようにビジネスを成功してきたのかを綴ってきました。たくさんの困難の壁に立ちはだかりながらも成功を確実に収めていった蝶乃舞さんでした。

蝶乃舞さんが大事にしている3つの言葉は夢を絶対に諦めないで欲しいのと、目の前にあってできる事は何でもやってみる事、そして早くやってみる事です。この3つの言葉をもとにして、今すぐにあなたも行動してみてはいかがでしょうか。

あなたの人生少しでも夢に近づくことができるかもしれませんね。蝶乃舞さんの情報は主にTwitterや彼女自身のブログなどから情報を得る事もできます。公式サイトからもメールマガジンを得ることができるので、もし購読したいと思ったらしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です