すぐわかるLINE@について!有効的な使い方とは?

チャット通話アプリ「LINE」はご存知の方も多いと思いますが、「LINE@(ラインアット)」とはどのようなアプリなのでしょうか?
LINEの利用者は2人に1人と言われるほど、爆発的な人気で現在も定着しているアプリです。
そんなLINEアカウントのアプリですので、上手に使えば効果的に利用することができるかもしれません。
どのようなアプリなのか、どのようなシチュエーションで使うことができるのか見ていきたいと思います。

1.LINE@とは?わかりやすく解説

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

通話アプリのLINEは、一般の方からビジネスなど様々な分野の方に向けたアプリとなっていますが、LINE@(ラインアット)はビジネス向けのアカウントとなっています。
ビジネスマンだけが使うことのできるツールという意味ではなく、ビジネス目的のやり取りに特化したコミュニケーションツールというわけです。

LINEでも公式アカウントというビジネス関連のものがあるのですが、LINE@との差はどのようなものなのでしょうか?
機能的には80%変わりのないLINE公式アカウントとLINE@ですが、大きな違いは「費用面」です。

LINE公式アカウントは、初期費用800万円~・月額費用250万円~となっていますが、LINE@は初期費用・月額費用ともに無料プラン(月額1,000通までメッセージ配信可能)があり、有料プランの場合も、月額5,400円~始めることができます。

LINE@のアカウントは3つに分かれていて、①ローカルアカウント(飲食店やホテル旅館、美容室やアパレルなどの小売店)②メディアアカウント(雑誌やTV番組などのメディア)③パブリックアカウント(地方自治体などの公共サービス)といった内容となっているようです。

基本的な機能としては
1.メッセージ
友達登録してくれたお客様に、一斉送信ができる機能です。
2.タイムライン
不特定多数の人に向けて、自身のPRができる機能です。
3.アカウントページ
専用のHPを作成することができる機能です。
4.プライベートトーク
お客様と1:1での個別トークをすることができる機能です。
5.ショップカード
ポイントカードを作成することができる機能です。
6.クーポン
開封数や使用数を簡単に管理画面で確認できる機能です。

LINE@でできる機能を見てみると、LINEと同じでは?と思う部分もありましたが、LINEはプライベートで使っている場合が多いので、お客様とプライベートを分けるという意味でも使いやすいかと思います。
客の立場からも、ショップカードやクーポンが1つのアプリにまとまっているという点で、利便性が高いように感じました。
ショップカードが増えてお財布がパンパン…出すときに時間がかかる…ショップカードを持ち歩きたくない…という悩みも解消することができるアプリですね!

2.LINE@はどういったときに使用するべき?

広告費にあまりお金をかけずに、売上金額を伸ばしたい!と考えている事業主さんにおすすめのアプリです。
事業を始めたばかりでどのように展開していいかわからない…という方にも、無料という点でも始めやすいのではないでしょうか。
効果的な配信方法としては、リアルタイムな情報を月2回程度配信するのがおすすめ。
頻繁に配信するのはうっとうしく感じてしまう人が多いので、配信のし過ぎには注意しましょう。
どの年齢層をターゲットにしているのか、どのような客層をターゲットにしているかで、文面の内容や文体は異なってきます。お客様にとってどのような情報が欲しいのか、どのようなクーポンを求めているのか…ということを考えて配信することで、無料のLINE@のサービスの中で、売り上げも伸ばすことができるようです!
実際に成功した事例を見ていきましょう。

3.LINE@ビジネスでの成功例

このLINE@ですが、大手イオンでも活躍しています。

LINE@を導入した経緯
新聞を取っている人が少ない地域で、折り込みチラシをしてもお客様が目にする機会が少ない。

LINE@の使い方
タイムリーな情報を配信することを心がけている。また、従業員の意見も取り入れ、お客様がどのようなことを期待しているのか、求めているのかということを考え、企画・配信している。

友達集めの方法
目立つところにQRコードを貼ったり、リーフレットを配布している。

効果のあった対策
試供品のプレゼント企画を行い、その足で買い物をしてもらった。

このようなイオンでのLINE@の導入で、折り込みチラシの6倍効果が上がったそうです。

4.まとめ

一般の私にはなじみのないLINE@でしたが、企業側では多く取り入れているようでした。
また企業側も無料・低コストで利用することができ、その分お客様に還元できる場合もあるようなので、QRコードを見つけた時は是非登録してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です