女性弁護士で安心!留萌ひまわり基金法律事務所は集団訴訟も気軽に相談!

トラブルや事件に巻き込まれてしまって困っている。

でも弁護士に相談するのはちょっと敷居が高い。

そう思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、北海道にあるひまわり基金法律事務所は、地域の人に優しく身近な相談所となっています。

今回はそんなひまわり基金法律事務所について紹介します。

1.弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

弁護士事務所事務所の留萌ひまわり基金法律事務所は自然豊かな北海道の留萌市にある弁護士事務所です。

現在は二村 沙絵さんという女性弁護士が所長であることから相談しやすいと評判で、札幌など都会の方からわざわざ来る人も少なくないそうです。

1-1. 弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所の詳細

弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所の所在地や相談時間などをまとめてみました。

住所 〒077-0042 北海道留萌市開運町2-4-1 センチュリービル2階
電話 0164-42-3341
予約 電話のみの受付 平日9時~17時半まで
相談料 1回1時間程度 5,400円(税込み)

弁護士に相談するのはなかなか緊張することなので、メールや電話で聞いてみたくなりますが、直接きちんと話を聞いたり、資料を見ないと分からないことも多いことから日程を決めて相談をする流れになっています。

相談日についても基本は平日9時~17時半までとなっていますが、都合がつかない場合は、夜間や休日でも対応してくれるそうです。

また、相談料については1回5,400円となっていますが、お客さんの悩みにとことん向き合いたいという前任者の思いから、たとえ2時間、2時間の相談になったとしても1回分の料金で相談に応じるなど、とても良心的な弁護士事務所です。

現在の所長、二村 沙絵さんは長野県出身で、平成21年に北海道大学の法学部を卒業し、平成23年に司法試験に合格し弁護士になられました。

二村さんは、弁護士法人すずらん基金法律事務所を経て留萌ひまわり基金法律事務所に入りましたが、その理由について女性弁護士が少ない地方の土地で気軽に相談してもらえる弁護士になりたかったからだと語っています。

地域の人から頼らている留萌ひまわり基金法律事務所は、とても相談しやすい弁護士事務所となっていて毎日様々な相談が寄せられています。

2.弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所の専門分野は?

弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所の専門分野とは、どのような分野なのでしょうか。

勇気を出して相談するなら、相談したい内容に強い弁護士事務所を選びたいものですよね。

2-1. 弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所に多い案件

留萌ひまわり基金法律事務所がある留萌市は、経済的にあまり良くない状況であることから、債務整理に関する案件や過払い金請求などが多いようです。

また、一般的な民事訴訟案件や不動産に関する案件、相続などの家事事件、労働問題など様々な分野に対応しています。

留萌ひまわり基金法律事務所では毎日1件は相談が入り、相談される案件の内約半数は受任しているそうです。

あとの半分に関しては受任を断っているのではなく、弁護士が入らなくても解決できる案件であったり、相談のみで終わってしまうことも多いそうで、いかに地域の人から親しまれている弁護士事務所であるかが分かりますね。

3.弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所の実績は?

弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所は2004年に開設され、民事一般、家事事件、労働問題、債務整理、刑事事件など多くの分野で実績をあげてきました。

現在、留萌ひまわり基金法律事務所で5代目の所長を務める二村 沙絵弁護士は、過疎化している留萌の土地で地域の人が相談しやすい弁護士事務所を目指し、地元の保健福祉センターで無料相談に応じるなどの活動も続けています。

3-1. 弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所の特徴

留萌ひまわり基金法律事務所の大きな特徴として、身柄の弁護刑事案件がほとんど無いことがあげられます。

何か事件を起こし、逮捕されて刑事事件になると身柄が拘束されることが一般的なイメージですが、実は比較的軽微な犯罪の場合は、自宅で普通に生活しながら取り調べが行われることもよくあることなのです。

同じ刑事事件でも身柄が拘束される身柄事件と身柄が拘束されない在宅事件があり、留萌ひまわり基金法律事務所では、身柄事件が少ないことから接見のために弁護士が遠方まで出かけたりすることもあまりなく、全案件の中でも刑事事件は少ないと言えます。

このことから留萌ひまわり基金法律事務所の弁護士が急遽遠方へ出向いて不在になるということも少ないので、相談の予定もや立てやすくスムーズに対応してくれるでしょう。

4.弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所は集団訴訟に関わりはある?

弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所は集団訴訟に関わりはあるのでしょうか。

留萌ひまわり基金法律事務所は幅広い分野の案件に対応し、弁護士が介入した方が良いと判断した案件に関してはほぼ請け負ってくれるので集団訴訟にも関わりはあると思われます。

4-1. 集団訴訟のメリットとは?

商品を買ったのに届かない、返金を保証していたのに応じないなどの被害にあった場合、自分が悪いと泣き寝入りしてしまう人もいるかもしれません。

または弁護士に相談したくても、費用がかかるから諦めるという場合もあるでしょう。

しかし、そんな悩みも集団訴訟なら費用も安く、また多くの人の証拠が集められるなどのメリットがあることから解決につながる可能性が高くなります。

一般的に個人で訴訟を起こすには、弁護士への相談料や着手金などで20~30万円ほどかかると言われています。

しかし、集団訴訟の場合は集まった人数で割ることができ、また被害者数が多い事件の場合はメディアに取り上げられるなど相手にプレッシャーを与えることもできるので有利です。

ひとりでは相談しにくいと言う人も、もしかしたら同じ被害を受けて苦しんでいる人がいるかもしれないので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士事務所の留萌ひまわり基金法律事務所 まとめ

北海道留萌市にある留萌ひまわり基金法律事務所は、女性弁護士が所長を務めていることもあり、些細なことでも相談しやすい弁護士事務所だと評判です。

弁護士費用は高いというイメージがありますが、集団訴訟なら多数の人で分割できるので負担が減ります。

留萌ひまわり基金法律事務所は相談も親身に行ってくれて実績もあるので、ぜひ検討してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です