第五人格アイデンティティVの弁護士と実際の弁護士の選び方とは

弁護士が出てくる「第五人格 アイデンティティⅤ」とはどんなものなのでしょうか?その中の弁護士の役割とはどんなことをするのか。また実際に訴訟問題が起こった場合、どんな弁護士を選べばいいのか。

1.弁護士が出てくる「第五人格 アイデンティティⅤ」とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

「第五人格 アイデンティティⅤ」とは?

弁護士が出てくる「第五人格 アイデンティティⅤ」とは、中国のNetEase Gamesが開発した非対戦ゲームであり、1人のハンターと4人のサイバーの5人対戦で試合します。ハンター役のプレイヤーは逃げ回るサイバーを捕まえて荘園に戻すことを目的とします。

またサイバー役のプレイヤーはハンターに捕まらないために、マップに点在する暗号を解読しながらゲートから脱出するのが目的です。このゲームの中の弁護士の特徴は、地図を何度でも使用できることや暗号機や仲間のいる地点が分かるといったものです。

ゲーム中の弁護士の役割とは?

弁護士の役とは、仲間と合流しながら効率よく暗号機械を解読していくのが主な仕事で、解読する暗号機械の場所を教えたり、仲間の動き方からハンターの位置を調べながら動き回らないといけません。また弁護士を使うときに、最初に地図で暗号機械の配置を認識し、優先順位をつけて解読した方がいいでしょう。

暗号機械は合計が7台しか出現しないため、暗号機が密集している場所を優先して解読しなければなりません。そして出現が密集している場所では暗号機械を誰も解読していないこともあり、弁護士が率先して解読しておきましょう。試合が始まったら、地図を確認して仲間とは別の暗号機械へ向かいましょう。

序盤は1人1人が別々の暗号機械を解読すると解読効率よくなって勝利をつかみやすいでしょう。終盤で暗号機の残りが2台以下となったら地図を使って仲間と合流し、一緒に同じ暗号機械を解読します。弁護士以外の仲間と解読することで、終盤の解読を効果的に進められます。

2.弁護士の長所と短所は?

弁護士に依頼することのメリット

依頼者が弁護士に依頼することでのメリットとデメリットはどんなことがあるのでしょうか?依頼者が実際に裁判を行う場合、弁護士を依頼することでのメリットは
1 依頼者にとって、最も有利な解決ができる。
2 依頼者の方の負担や手間を省くことができる。
といった大きく2つのことがあげられます。

一般の人が訴訟問題などの法的問題が発生した場合、どのように解決したらいいのか、またどのような手段があるのか分からないことばかりです。その点、弁護士に依頼することで、弁護士が依頼者の相談を聞きとって、解決の方向性やどんな手段があるのかを考えてくれます。また相手との交渉や裁判に関しても、依頼者の相談を踏まえて弁護士が適切な行動をしてくれますから、最終的に最も有利な解決を導くことができます。

法的問題を自分で解決しようとした場合、とても時間と手間がかかってしまいます。裁判を起こすにしても、毎回裁判所へ自ら出向かなければなりません。しかし弁護士を依頼すれば、相手との交渉も裁判も全てその弁護士に任せておくことができます。たとえば裁判所に提出する書類も、依頼者の話しを聞き取りながら作成してくれるので、依頼者側が裁判の準備、手間、時間といったものを軽減することができます。

弁護士に依頼することのデメリット

一方弁護士に依頼することのデメリットはあるのでしょうか?まず考えられるデメリットといえば、弁護士に依頼するためには費用がかかるということでしょう。弁護士に事案を依頼した場合に、弁護士費用を負担しなければなりません。医療費のように保険の仕組みなどはありませんから弁護士に依頼する場合、その費用は全額負担することとなります。

たとえば事件処理をするなどを依頼することで、最低でも10万円程の費用がかかってしまうこととなります。ですから、弁護士に依頼することによって得られる金額が5万円以下だとすれば、経済的な面からすれば弁護士に依頼した意味がないということになります。

3.実際に訴訟を起こすことになったら、頼れる弁護士の選び方は?

訴訟問題に発展した場合の弁護士の選び方

実際に法的問題が発生して訴訟を起こす場合、やはり頼りになるのは弁護士ではないでしょうか?その場合どんな弁護士を選べばいいのでしょうか。弁護士に依頼する場合、知人に弁護士がいない場合は地方自治体に聞いて紹介してもらうことも良い方法でしょう。また費用をかけたくないという人には無料の法テラスを利用するのもいいでしょう。

ただ法テラスの利用の場合、収入などの制限がありますから注意が必要です。あとは自分でネットを利用して情報を調べて、直接弁護士に依頼するという方法があります。今はネットでもある程度、専門分野や方針、顔写真などを調べることができますから自分で調べてから、信頼できそうな弁護士に依頼するのがいいのではないでしょうか。

つまり依頼する内容についての実績や専門分野が一致しているかどうか、特に得意分野としている場合は安心して依頼できるのでしょう。ただネットに掲載されている情報は、認定されたものではなく個人的なものです。最終的には実際に話をしてみて信頼できそうかどうかを確認した方がいいでしょう。

「第五人格 アイデンティティⅤ」での弁護士 まとめ

今ゲームの世界では「第五人格 アイデンティティⅤ」が人気だということです。その中での弁護士の役割とはどんなものなのかを見てきました。また実際に法律的問題に遭遇した場合、どんな弁護士を選べばいいのか。

弁護士によってその裁判の勝負が決まってしまうといった重要な裁判から、弁護士に依頼することで確実にメリットがある裁判まで、色んなケースがあります。また弁護士に依頼するデメリットとしては、費用がかかってしまうことがありますから、裁判する事の利益と弁護士費用とを比較しておいた方がいいでしょう。裁判することで得られる利益などが分からない場合も含めて、一度弁護士に相談してみるのもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です