弁護士費用は源泉徴収が必要なの?金額によって違いはあるのか紹介!

弁護士 費用 源泉 徴収

弁護士費用は源泉徴収が必要なんでしょうか?

そして金額によって違いってあるのか?などなど源泉徴収についてお伝えしていこうと思います。

気になる方や興味がある方に読んでみてほしいと思います。

他には頼れる弁護士の選び方を紹介していきたいと思います。

1.弁護士費用は源泉徴収が必要?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

結論から源泉徴収は必要になってきます。計算方法が平成25年から変わったので少しややこしくなりましたが源泉徴収は必要ということです。

源泉徴収の対象ではないもの

・弁護士が支払者の代理で登記などの申請にかかる手数料をもらった時
・交通費などの実費を支払者が直接交通機関に支払った時

ですが相手が法人の場合は源泉徴収を払わなくて大丈夫です。(弁護士法人など)

2.金額によって違いはある?

金額によって源泉徴収の金額も変わってきます。

100万円以下であれば10.21%。100万円以上なら100万を超えた金額だけ20.42%、超えてない金額は10.21%になります。

少しややこしいですね。

100万円超えた金額というのは、「100万円からはみでた金額」。例えば300万で計算してみると100万を超えた金額は200万円なので、超えた200万円は20.42%。超えていない100万円は10.21%になるので、200万×20.42+100万×10.21=510500円になると言うことです。

金額が上がれば上がるほど源泉所得税額が上がっていくということです。

3.頼れる弁護士の選び方や節約方法は?

3.1インターネットを使い調べる

誰でも探しやすいのがネットを使って検索する方法です。

ネットが普及してきたため弁護士の実績や情報を簡単に見ることが出来ます。口コミを調べたり、取扱分野を見てみたり、実績を見て判断すると良いでしょう。

「あなたの地域 弁護士」と調べれば検索にひっかかります。ですがネットに書いてある情報が全部が全部正しい情報とは限りません。なのでネットで弁護士を見つけたら実際に会って話してみる必要があります。話してみることでその弁護士の性格や雰囲気が分かってくるでしょう。

弁護士に会って話してみる時は、「説明が分かりやすいのか」を確認してみると良いでしょう。こちらは素人なので、説明が分かりやすくないと、「なにを言っているのか」が分からなくなり、弁護士にすべて任せてしまって後々費用がかさむことになってしまった。とならないようにする必要がありますので「説明が分かりやすいのか」を頭に入れながら弁護士と話してみると良いでしょう。

3.2弁護士に頼んだことのある人に聞いてみる

弁護士を雇っていたり、実際に弁護士に依頼をしたことがある方から話を聞いてみる。どんな弁護士なのかを聞いて納得できるようだったら、その人に弁護士を紹介してもらうと良いでしょう。「ちょっとちがうな〜」と感じたら別の弁護士を探してみても良いかも知れませんね。

3.3法テラスを利用

法テラスは収入が低い方、生活保護の方におすすめな機関です。法に関するトラブルを相談したり、あなたにあった弁護士を選んでもらえます。

それだけではなく弁護士の費用も立て替えしてくれる場合がありますので、法テラスを上手に活用しましょう。立て替えてくれるには条件があり、収入が一定以下、資産が一定以下などこれらをクリアすることで法テラスが弁護士の費用を立て替えてくれます。

実際に行ってみて確認してみるとよいでしょう。あなたにあった弁護士を探してくれます。なお法人の方や団体の方は利用できません。国民と日本に住所を持っている外国人は利用することが出来ます。

3.4税理士、司法書士、弁護士などの士業の方に聞いてみる

税理士や司法書士、弁護士と言った士業の方に聞いてみてお願いする方法です。士業関係だと繋がりもあるかも知れませんので士業関係の方に紹介してもらいましょう。士業関係の方が弁護士を紹介するってなると、自分の名前に傷がつかないようにきちんとした弁護士を探してくれる可能性が高いです。

なので税理士、司法書士、弁護士の方に聞いてみることをおすすめします。

3.5報酬(弁護士費用)を安くする。

できるだけ報酬を安く抑えたいですよね。

報酬(弁護士費用)をできるだけ安く済ませるには「法テラス」「何人かの弁護士に見積もり」。
「法テラス」を活用することで「民事法律扶助業務」で弁護士費用を安くしてもらったり、立て替えてくれますのでかなり安く抑えられます。

そして複数の弁護士から見積もりをだしてもらうことにより、弁護士費用を比較できるので自分にあった弁護士を探してみてほしいと思います。

その他には、無料相談を利用して少しでも費用を抑えるといった方法もあります。

弁護士費用の源泉徴収 まとめ

いかがでしたか?

・弁護士費用は源泉徴収が必要。法人を相手にする場合は支払わなくてもOK。
・源泉徴収の対象ではないもの、支払い者の代理で登記などの申請にかかる手数料をもらった時、交通費などの実費を支払い者が直接交通機関に払った時。
・金額によって源泉所得額が変わってくる。
・100万を超えた金額だけ20.42%、超えてない金額は10.21%になります。
・報酬をできるだけ安く抑えるには、法テラスに行く、複数の弁護士に見積もりをだして弁護士費用を比較してみる。無料相談を利用してみる。

このようにまとめてみました。源泉徴収の計算の仕方が少し難しかったのではないでしょうか?100万円を超えた部分と、超えていない部分をプラスして計算するので、頭がこんがらがるかもしれませんね。他のサイトも参考にして見て理解してほしいと思います。
この記事が参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です