弁護士費用が払えない場合はどうすれば?節約できる方法はあるの?

「弁護士費用を払うのが難しい」

そんな時はどうすれば良いのか?泣き寝入りするしかないのか?そもそも弁護士費用を安くすることが出来ないのか?など弁護士費用についてお話をしていこうと思います。

弁護士費用を節約出来るのなら節約したいですよね。

弁護士費用について興味がある方はぜひ最後まで読んでみてください。

1.弁護士費用が払えない場合はどうすればいい?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

さて弁護士費用の支払いが出来ない場合はどうすれば良いのでしょうか?

弁護士事務所によって方法が変わりますので一概には言えませんが方法がいくつかありますのでご紹介します。

・後払いや分割払いをする
・法テラスを利用する

後払いで支払う方法がありますが、着手金の料金を下げて、報酬の金額をあげることによって後払いが可能な法律事務所もあります。ですので「今すぐお金が用意できない」そんな場合にも対応することが出来るのです。

分割払いについては、その名の通りで分割をして支払うことができます。最初にいくらか払っておいて、残りを毎月支払って行く感じになります。これらは法律事務所によって異なりますので、事前に調べておくことをオススメします。

法テラスは経済的余裕がない方が利用できる機関です。法人や団体の方はご利用できません。法テラスには「法律扶助制度」があります。一定の条件を満たすことで弁護士費用の立て替えを行ってくれます。

一定の条件と言うのは、収入や資産のことです。毎月の収入や所持している資産によって「法律扶助制度」が受けれるかが決まります。

詳細は法テラスのホームページを見て欲しいと思います。もし当てはまっていなくても相談しに行くことをオススメします。

2.集団訴訟なら節約できる?

弁護士費用が大きくて払えない場合や、少しでも節約をしたい方にオススメなのが集団訴訟です。集団訴訟は被害に遭われた同士で訴訟をします。最近の例で言いますと、仮想通貨が外部に盗まれたことがありましたよね。

集団訴訟は被害に遭われた方と訴訟の費用を分割することができるので、一人にかかる金額が少なくなってきます。人数が増えれば増えるほど費用を抑えることができるのです。

ですので被害に遭われた方が自分一人ではない場合には、集団訴訟を利用することで費用の節約ができます。

3.自分が訴訟を起こす際に頼れる弁護士の選び方は?

自分が弁護士にお願いをする時、どんな弁護士に頼めば良いのか分からないですよね。せっかく任せるなら、親身になってくれる弁護士が良いですが、どうやって探せば良いのでしょうか?

3.1自分の周りで弁護士に頼んだことがある方から話を聞く

弁護士を利用したことがある方や、今弁護士を雇っている方にお話しを聞くと良いでしょう。弁護士を普段利用したことがある方は少ないでしょう。なので実際に弁護士を利用している方にお話しをまず聞いてみましょう。

そしてもし紹介してくれるなら紹介してもらってください。実際に話してみてあなたと合えばその弁護士にお任せしてみてはいかがでしょうか?

3.2法テラス

先ほどお話ししました法テラス利用する方法です。

法テラスは経済的余裕がない方、生活保護の方におすすめな機関と言うことをお話ししましたよね。弁護士費用を立て替えてくれるだけではなく、弁護士を探す場合も利用できます。

まずは相談をして、あなたの悩みに合う弁護士を探してくれますので、法律など難しいことはよく分からない方にオススメな機関となっております。

3.3自分で検索する

インターネットを使い自分の住んでいる地域の弁護士の口コミをみたり、実績を確認して弁護士を探す方法があります。当たり前ですがネットの情報は全て正しい訳ではありません。自作自演している可能性もあります。ネットに書かれていること全てを鵜呑みにせず、参考程度に考えてみてください。

お願いしたい弁護士が見つかれば実際に会いに行きましょう。ここでポイントですが相談する際に費用がかかるのかあらかじめ調べておいてください。無料相談なら無料ですが、有料なら費用がかかりますので事前にホームページで調べておくと良いでしょう。

3.4士業の方に頼んでみる

税理士や司法書士、弁護士が士業に当たります。あなたの周りの税理士や司法書士、弁護士がいれば頼んでみましょう。同じ士業同士繋がりがあるかもしれません。

そして士業の方が紹介する場合は、しっかり働ける弁護士を探してくれる可能性が高いでしょう。紹介した方は自分の名前に傷をつけたくありませんので、信用できる方を紹介してくれるかもしれません。

弁護士費用がない場合 まとめ

いかがでしたか?弁護士費用についてお伝えしました。
弁護士費用が用意できない場合は方法がある。

・後払いや分割をする
・法テラスにいき「法律扶助制度」を利用する

後払いや分割は弁護士によって異なってきますので、調べてみると良いでしょう。
分からない場合は電話をして聞いてみてください。

法テラスにいき「法律扶助制度」を利用することで立て替えが可能になる場合がある。
そのためには一定の条件を満たさないといけない。

弁護士費用を節約するには集団訴訟と言う方法がある。集団訴訟は訴訟にかかる費用をみんなで分割することができるので、被害者が多い場合は集団訴訟を利用してみる。

弁護士の選び方は、実際に利用したことがある方に紹介してもらう、自分で検索して調べる、法テラスを利用する、士業の方に頼んでみる。これらの方法で自分にあった弁護士を探してみる。

このようにまとめてみました。もし弁護士費用が払えない場合は後払いや分割ができるのかを弁護士に聞いてみて欲しいと思います。

この記事があなたのお役に立てれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です