巨大利権プロジェクトは安全?動画を見たら稼げる真相

簡単に稼げる系のビジネスは今もなお根強い人気があり、多くの方が人生を賭けてビジネスノウハウに投資をします。
確かに稼げるノウハウもあるのかもしれませんが、
大半が詐欺であるのが実情なのです。
 

『ネットビジネス』と聞くと部屋から出ずにネットサーフィンだけで稼げる楽な仕事、というイメージを持っている方もいるでしょう。
そのイメージこそが詐欺の手口にかかってしまう原因です。
 

ネットビジネスは楽ではなく、尋常ではない努力をしなければ稼げないものです。
 

外で働く方がよっぽど楽だと思えるほどに大変なので、『簡単に』『誰でも』『知識なしでも』『経験なしでも』のような謳い文句に騙されないようにしてください。
 

今回も、そんな謳い文句で宣伝している非常に怪しい商材『巨大利権プロジェクト』について紹介します。
 

巨大利権プロジェクトは稼げる?

巨大利権プロジェクトとは


巨大利権プロジェクトとは、松宮義仁さんという方が発表されたら権利収入が得られるビジネスモデルです。
 

松宮義仁さんが開催する巨大利権プロジェクトに参加するだけで毎年100万円を確実に手に入れることができるということで話題になっています。
 

権利収入を受け取る方法は、メールアドレスを登録して動画を見る2回タップするだけで良いので、誰でも簡単にできてしまうんですよね。
 

巨大利権プロジェクトに登録するには今しかない

巨大利権プロジェクトは締切日が近づいてきています。

登録するのならば今しかありません。

年間100万の利権収入

巨大利権プロジェクトに参加すると年間100万円の権利収入を無条件で受け取ることができます。
 

高金利の0.1%の銀行口座に10億を預けて、やっと年間100万です。

こちらの巨大利権プロジェクトならば元手の資金が無くても不労所得が年間100万得られます。
 

したがって現金を持っていない貧乏人でも資産を増やしていくことができます。
 

『動画を見る』か『タップするだけ』で良い

 

巨大利権プロジェクトですべきことは、

・動画を見る

・2回タップ

のどちらかだけです。
どちらかの条件を満たせば、無条件で年間100万が手に入るのです。
 

こんな美味しいビジネスは他に存在しませんから、絶対に参加すべきなんですよね。
 

誰でも知識・経験なしで稼げる

 

多くのネットビジネスは知識や経験が必要で素人が実践しても太刀打ちできないものばかりです。
 

ですが今回紹介している巨大利権プロジェクトについては、ネット初心者であっても確実に利益を得られるシステムとなっているのです。
 

なぜなら、『動画を見る』『2回タップする』のどちらかの作業だけで良いので、小学3年生でもこなせてしまうような作業なのです。
 

つまり大人ならば誰でも絶対に稼ぐことができるので、初心者〜ベテランまでやらない手は無いんですよね。
 

巨大利権プロジェクトの真実

参加は絶対にオススメできない

 

この『巨大利権プロジェクト』に参加すべきかと聞かれると

絶対に参加してはいけません!!
高額オファーに案内されてお金を取られてしまうリスクがあります!!

 

巨大利権プロジェクトが怪しい点を順を追って解説します。
 

具体的な利権収入の経路が分からない

 

『利権収入』というワードが使われていますが、何の利権なのか全く話されていません。
 

芸能界やテレビ業界と繋がっているので、放送関係の利権なのでしょうか?
 

何の利権なのか話されておらず、『簡単』『○○するだけ』『年間100万』という如何にも怪しいワードが並び立っており、とても信用することができません。

巨大利権プロジェクトの『巨大利権』の内容について一切触れられていないのが非常に違和感があります。
 

特商法の表示が怪しい


特商法の表示について見てみましたが、怪しい点が2つあります。
 

・住所がマカオ

・電話番号の記載が無い

という2点です。
 

日本国内に所在している会社ではなく海外にある会社なので、日本の法律が適用されない可能性があります。
 

つまり何か問題が起こった時に逃げられるリスクが伴うのです。
またこちらのマカオの住所をGoogleで検索してみましたが、表示されなかったので実在しているのかも分かりません。
 

海外であっても正しい住所ならばGoogleで検索すれば表示されるはずなのですが…

もしかすると存在していない架空の住所であることも考えられます。
 

また特商法の表示に電話番号が書かれていないのも大きな問題です。
 

松宮義仁さんに実際に電話で問い合わせることが難しく、メールかLINEのみでの対応となってしまいます。
メールやLINEだけでは逃げられてしまったら連絡のしようがありませんからね…。
 

しかもLINEはプライベートのものではなく、LINE@というビジネス用のアカウントなので、不都合な事態があったら削除されてしまうリスクもあります。

実際に他の詐欺系ビジネスアカウントが一気に削除されてしまい逃げられてしまった被害もありますから、LINE@だけでは危ないんです。
 

連絡先は電話番号がないと話になりません。
 

利権収入を提供する理由がない

 

そもそもの話になるのですが、松宮義仁さんが持っている巨大利権を他人に渡す理由が全くないですよね。
 

どれだけの金持ちでも、無条件で他人に利益を渡すなんて有り得ない話です。
 

優しくて余裕のある人でも自分の不労所得を分けるようなことはしないですよね?
 

資産用のマンションを大量に持っている人が他人にマンションを分け与えたりしますか?
 

どれだけ物件を持っていても見ず知らずの会ったこともない他人にあげたりしないですよね。
 

したがって、こんな上手い話は有り得ないのです。
 

松宮義仁の評判が最悪

 
弁護士
松宮義仁さんの評判は非常に悪いです。
 

過去に作った商材やオファーなどで被害者も集まっていたりします。
 

古いのだと2015年の被害者スレがあったので、3年前にも同じような手口で儲けていたのでしょう。
 

2018年だけでも

・クリフトバンククラブ

・フリーダムライフクラブ

・NAGEZENI

などの案件で、たびたび被害者が出ているので今回も変わらないと思います。
 

今年に入って4つ目か5つ目なのか、もっとあるのかは分かりませんが、高額オファーで儲けまくっているんでしょうね。
返金対応などもしていないようなので、お金は全て彼の懐の中に入ってしまっているようです。
 

被害者の口コミなども結構あるのですが、それでも訴訟などは聞いたことはないので、なんとか逃げ切っているみたいですね。
まあ会社がドバイにありますから、訴えるのに労力も必要でなかなか実現しないのが実情でしょう。
 

日本に会社があれば訴訟を起こすのも難しくないですが、ドバイにあると大変です。
 

そもそもドバイの法律が適用される可能性もありますから、日本と違う法律となります。
その場合は日本では違法なことでもドバイだと合法になってしまったりするのです。
 

違法サイトの中に取り締まれていないものがありますが、多くは海外在住社が運営していることが多いんですよね。
 

したがって松宮義仁さんは今年も来年もドバイの会社でオファーを出しまくるでしょう。
 

テレビに出たからといって信用できない

 

松宮義仁さんはテレビ番組に出演した過去もあります。
 

お金持ちキャラが売りで出演されていて、キャバクラでお金を使いまくっていることを自慢されていました。
 

おそらく過去の被害者のお金はキャバクラに消えて行ってしまったんでしょうね。
 

SNSのフォロワー数も結構多いので信頼できそうな人間に見えてしまいますが、稼いでるビジネスが最悪なので信じられる人物ではありません。
 

テレビに出演した経歴によって信じてしまいがちですが、騙されてはいけませんよ。
 

過去にもテレビ出演によって信頼を上げてから高額商材を販売した人物は多数います。
 

テレビは視聴率が取れれば良いのですから、怪しい人物を出演させることも有り得るのです。
 

テレビに定期的に出ていれば、悪い噂も揉み消すことができますから、未だにこの手の手法で儲けられているのです。
 

今後に高額オファーを出される可能性

 

今の所、巨大利権プロジェクトは無料オファーとなっていますが、この後に高額オファーが出されるのは間違いありません。
 

高額オファーで入会費を取るのが目的なのですから、このまま無料オファーのままで巨大利権プロジェクトを進めていく訳がないのです。
 

最初の入り口は無料にしているのはLINE@に登録させるのが目的。

⇒その後に登録者を信者化させて、高額塾を販売。

⇒何割かの信者が20万〜50万の入会費を払う。

⇒ノウハウは渡されないまま数ヶ月後に逃亡。

というのが一般的な流れです。
 

彼らは入会費を集めるのが目的であり、巨大利権プロジェクトなどは存在しないでしょう。
 

もし高額オファーに申し込んだら

辞退を申し出るべき

高額オファーを出されて既に申し込んでしまった人もいるでしょう。
 

申し込まないのが一番に良いのですが、申し込んでしまったのなら、すぐに辞退したいことを申し出ましょう。
 

良心的な会社だったら、すぐに辞退を申し出れば対応してもらえる可能性があります。
 

ただ松宮義仁さんの案件だったら、辞退を受理される可能性はかなり低くなりそうです。
 

ですが0.1%でも可能性があるのならば、まずは申し出るべきでしょう。
 

もし辞退を受け入れて貰えたらノーリスクで金額が戻ってきます。
 

逃げられた場合の対応方法

巨大利権プロジェクトに高額費用を払って、それが稼げないものだった場合は返金を要求します。
 

ですが返金されないまま放置されたり逃げられることもあります。
 

このような場合は、どう対応すれば良いのか説明します。

消費者センター

まずは消費者センターにて相談をして指導をしてもらいましょう。
 

この手の案件は消費者センターの被害相談数が増えれば、

・消費者庁の注意喚起

・メディアで放送される

などに発展してくれる可能性があります。
 

したがって消費者センターに相談することは非常に意味のあることなのです。
 

相談件数が数十件でも消費者庁が注意喚起することもありますから、あなたの1つの相談が非常に大きいものとなります。
 

クレジット会社に止めてもらう

 

消費者センターに相談して消費者庁が注意喚起してくれても、あなたの支払った金が返金される訳ではありません。
 

もしクレジットで払っている場合はクレジット会社に頼めば請求を止めてくれることがあるそうです。
 

実際にそれで支払いを止めることができて、何十万の入会費を払わなくて済んで人もいるのです。
 

なのでダメ元でも良いので、クレジット会社に事情を話してみてください。
 

明らかな詐欺で被害に遭ってしまったことを伝えれば止めてくれる可能性もあるのです。
 

法律事務所に相談してみる

 

最近は法律事務所も無料や格安で相談してくれるところがあるので今回の被害を相談してみるといいでしょう。
 

巨大利権プロジェクトの入会費などは、まだ分かりませんが100万以上の高額なものだったら訴訟を起こしてみても良いと思います。
 

もちろん自身の資金に余裕のある人に限った話にはなりますが…。
 

滅多にはないですが、法律事務所にも悪質なところがあるので、前もって評判ぐらいは調べてから相談するようにしてください。
 

集団訴訟のプラットフォームで相談

 
協力
集団訴訟のプラットフォームがあるので、そちらで相談して被害者同士で集まってもいいでしょう。
 

高額塾や情報商材の被害者が、この手のサービスで集団訴訟を起こした事例はあります。
 

したがって、高額塾の被害を受けたら最も確実な方法は、集団訴訟プラットフォームを使うということなのです。
 

集団訴訟プラットフォームの中でも『MatoMa』が一番にオススメできますよ。
 

『MatoMa』で解決できるかもしれない

 

『MatoMa』で被害者で集まることができれば、弁護士費用を折半できますから、一人当たりの費用負担は減少します。
 

人数にもよりますが、安い場合は1万程度で訴訟ができたりするので、簡単に裁判を起こすことができるようになるのです。
 

ドバイであろうが、どこであろうが集団訴訟なら費用を分散できるので、泣き寝入りせずに訴訟を起こせるんですよね。
 

まとめ

今回は松宮義仁さんが作った巨大利権プロジェクトについての記事となりました。
 

松宮義仁は過去にも被害者が続出しているプロジェクトを多数販売しており、全く信用できる人物ではありません。
 

巨大利権プロジェクトも高額オファーが出される可能性があるので申し込まない方がいいでしょう。
 

もし被害に遭った方がいるのならMatoMaに相談するのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です