今話題のクリプトランドプロジェクトとは?増井貴司はどんな人?

今世間でも大きな反響を呼んでいる仮想通貨、
今回紹介するプロジェクト
クリプトランドプロジェクト」の
ビジネスモデルもどうやら仮想通貨が
大きく関わってくるようです。

クリプトランドプロジェクトは
一体どんなプロジェクトなのか、
クリプトランドプロジェクトに参加することで
どんなことが学べるのか、
メリットやデメリットについても紹介していきます。
また、企画者の増井貴司さんの人物像についても追及していきます。

1. クリプトランドプロジェクトとは?

今までのネットビジネスで稼ぐ方法といえばアフィリエイト・アドセンス・せどり・転売などがメジャーだったと思いますが、競争率が高くなり、飽和状態になっているという状況も事実で、今このネットビジネスに参入しても稼ぐことは難しいと言われています。
全く稼げないとは言いませんが、稼ぎにくくなってきていることは紛れもない事実です。

そんな中で今世間でも話題になっている仮想通貨、ニュースになることもあるので、言葉だけならネットビジネス界だけでなく世間一般でもかなり認知されているのではないかと思います。
それもそのはず、DMMのような大企業が仮想通貨取引所「DMM Bitcoin」を開始したことで、モデルのローラさんが出演しているCMを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
それだけでなく、NTTやIBM、楽天、リクルートなどの大企業も仮想通貨に参入しています。

今回紹介するプロジェクト「クリプトランドプロジェクト」でも仮想通貨が大きく関係してきているようで、仮想通貨暴落の今だからこそ稼ぐことができる、100人中100人全員が稼ぐことができた方法が紹介されるようです
何もせずに現金100万円を毎月受け取ることができるプロジェクトとして大きな注目を集めています。

2.クリプトランドプロジェクトではどんなビジネスを学ぶのか?

クリプトランドプロジェクトで学べるビジネスについてですが、現状は詳しく明らかにはなっていません。
クリプトランドプロジェクトのページ内にある動画の中では、「仮想通貨プライベートマイニング」という内容が紹介されていたので、仮想通貨マイニングについての知識を学ぶことができるのかもしれません。

仮想通貨マイニングは、マイニング事業を展開している事業者も多いので、このプロジェクトで公開される内容というのも普通のマイニングとは少し違うということになりますよね。
普通の仮想通貨マイニングであればプロジェクトを立ち上げる必要もありませんし、このプロジェクトでは元手が必要ないと言われています。
仮想通貨マイニングをおこなう上では必ず出費がかさんでくるのはずなので、一体どんな方法でマイニングをおこなうのか気になりますね。
参加することで恐らく仮想通貨の知識や仮想通貨マイニングのノウハウを学ぶことができるのではないでしょうか。

このプロジェクトでは、参加することで「魔法の錬金術ガイドマニュアル」という特典を受け取ることができ、このマニュアルに沿って手順通りに進めていくだけで毎月50万円以上の不労所得を構築することが可能な仕組みになっています。

3.クリプトランドプロジェクトのメリット

再現性100%とも言われているクリプトランドプロジェクト。
他のネットビジネスと比べて、参加することでどのようなメリットがあるのでしょうか。

このプロジェクトでは、他のネットビジネスで必須と言われている集客スキル、販売スキル、顔出しも必要がないそうです。
アフィリエイトなどのビジネスを展開する上ではこれらは必要不可欠であると言われてきましたが、クリプトランドプロジェクトではこれらのスキルは必要ないそうです。
これは、参加しやすいという点で大きなメリットになると言えるでしょう

また、このプロジェクトで公開される情報は飽和しないと言われていて、人が増えれば増えるほど飽和していくと言われている他のネットビジネスとは反対に、人が増えれば増えるほど安定性が増し、稼ぐことができると言われています
元手も必要なく、FXや株のように相場に影響されないという大きなメリットも持っています。

これほど多くのメリットがあり、参加費用も無料なので、気になった方は参加してみることをオススメします。

4.クリプトランドプロジェクトのデメリット

特にデメリットはないような気もしますが、プロジェクトの全貌を知らない上であえて挙げるとすれば、仮想通貨の相場が更に暴落する可能性もあるということです。
しかし、再現性100%と言われFXや株などのように相場にコントロールされないということが紹介されていることから、このデメリットは的外れな意見である可能性の方が高いでしょう。

5.企画者の「増井貴司」さんはどんな人物か?

 

増井貴司さんは1973年12月11日に大阪府で誕生し、現在44歳です。
株式会社DigitalCurve代表取締役を務めている彼は、社団法人プライベートマイニング協会 理事、外国為替システム開発兼トレーダー、マーケティングコンサルタント、上級システムエンジニアなど多くの肩書きを持つビジネスマンとして幅広く活躍しています

株式会社DigitalCurveという会社名の由来は、海外に在住していた際に外国為替のヘッジファンド向けにチャートシステムを構築していた、値動きを表示するチャート上のデジタルなカーブを元に付けられたそうです。

現在ではたくさんの肩書きを持ち、大きな成功を収めている増井貴司さんですが、成功するまでに大変苦労されてきた経験があるようです
大学時代から海外が好きで、長い間海外に住んでいた経験もある増井貴司さんですが、学生時代に海外で極貧生活を送っていた経験があり、半ホームレス状態だったこともあったそうです

しかし、そんな苦労があったからこそ国際的な交流をする機会があったり、若い間にしかできない貴重な経験をすることができたと増井貴司さんは語ります。
たしかに貴重な経験はできたかもしれませんが、それを糧に実際に大きな成功を収めることができたのはやはり増井貴司さん自身の実力なのではないかと思います

6.クリプトランドプロジェクトで成功している人はいるのか?

クリプトランドプロジェクトに参加して実際に成功したという声は残念ながら見つけることはできませんでしたが、クリプトランドプロジェクトの紹介では、実践者100人中100人全員が稼げたと言われているので、成功した人はいると言っていいでしょう

7.似ている商材のまとめ

ビジネスモデルの詳細が明らかになっていないので、似ていると断言することはできませんが、仮想通貨関連で今話題になっているプロジェクトと言えば、仮想通貨コミュニティ「BitLife」や、クラウドマイニングサービス「マイニングシェアバンク」が上げられるのではないでしょうか。

仮想通貨コミュニティ「BitLife」では、プロジェクトを立ち上げた北野正さんから仮想通貨の情報を毎日受け取ることで、仮想通貨の売買をおこない利益を上げるというプロジェクトです。

クラウドマイニングサービス「マイニングシェアバンク」は、マイニング事業で注目を集めている吉田慎也さんが立ち上げたプロジェクトで、こちらは仮想通貨売買というよりも、仮想通貨マイニングがメインのプロジェクトになっています。
クリプトランドプロジェクトも仮想通貨マイニングがベースになっているので、どちらかと言うと「BitLife」よりも「マイニングシェアバンク」に近いプロジェクトに似ているプロジェクトになっているのではないでしょうか。

クリプトランドプロジェクトのビジネスモデルの詳細が明らかになっていない現在、あくまで似ている可能性があるプロジェクトですが、紹介させていただきました。
クリプトランドプロジェクトは無料で参加することが出来るので、興味のある方は一度参加してみてはいかがでしょうか

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です