小西玲太朗のプロフィールを紹介!彼の通っていた大学など

ある時はミュージシャン、ある時はクリエイター、ある時は起業家と、様々な肩書を持つ小西玲太朗さん。彼に関する情報は、ブログ、SNS等に多く書かれていますが、一貫性の無い肩書故に彼とはどのような人物なのかは非常に掴み辛いです。

さらに、小西玲太朗さんに関する情報は、彼のブログ以外でも様々な意見が飛び交っており、ますます彼とはどういう人物なのかが不鮮明になっています。

この記事では小西玲太朗さんのプロフィールを紹介し、そこから彼がどのような人物なのかについて考察していきます。小西玲太朗さんのメルマガ登録やセミナー参加をする前に、彼についての理解を深めていきましょう。

1.小西玲太朗が行ってた大学は?

ネットビジネス業界人の中には、自分の学歴や経歴を明記し、自分とはどのような人物なのかをはっきりさせる人もいます。

これは、ネットビジネス業界人がその性質的に不透明な存在であるからです。

しかし、小西玲太朗さんの場合、自分の学歴を明らかにしておりません。

高学歴なのをひけらかすのに抵抗があるのか、別に言うほどの大学ではないのかは分かりませんが、彼のブログを見ると、学歴主義にあまり良いイメージを持っていないようです。

ただ、彼のブログには「某国立大学出身」とだけ書いてあります。

2.小西玲太朗の経歴は?

小西玲太朗さんは1つの職業に縛られずマルチに活躍しており、その経歴は複雑です。

彼の経歴を語り始めると「結局彼はどのような人物なんだ」となってしまいます。

しかし、ネットビジネス業界というのは、そもそも「業種」という枠組みがなく、独自のスキルを活かして自由に展開できる職業です。

小西玲太朗さんはミュージシャンでもクリエイターでも起業家でもなく、「小西玲太朗」という仕事をしているのだと考えると、彼の経歴が鮮明に出てきます。

某国立大学卒。

卒業後はミュージシャンとクリエイターとして活動する。

アニメーターと組むことによって文化庁主催のメディア芸術祭優秀賞受賞。

そのほか、大手主催のアートコンテストでもグランプリを取るなど、様々な賞を受賞しています。

アフィリエイターとしても活動しており、小西玲太朗さんは、広告収入費でも多く収入得ています。

現在は自身がアフィリエイトで成功したノウハウを、メルマガ、セミナーなどで多くの人に発信しています。

ブログのプロフィールによると、小西玲太朗さんは現在海外に在住しているそうです。

これもパソコン一台あれば場所と時間を選ばないネットビジネスの特性を活かせているといえます。

3.アーティスト小西玲太郎としてのプロフィール

小西玲太郎さんは、与沢翼さんの右腕として活躍するなど、ネット業界でも一目置かれる存在となりましたが、アーティストとしても活躍されています。

では、アーティストとしての小西玲太郎さんはどのような活動をしているのか、アーティストとしてのプロフィールを紹介したいと思います。

3-1.ニコニコ動画

小西玲太朗さんは、PAYFOWARD(ペイフォワード)というバンドのボーカルを担当していて、第13回新国際ニ­コニコ映画祭大賞・ユーザー賞を受賞しているほか、ニコニコ動画デイリーランキングでは総合ランキング1位も獲得しています。

また、ニコニコ動画の再生回数が300万回を越えるなど、アーティストとしての功績も輝かしいものです。

3-2.メディア芸術祭

小西玲太朗さんは、文化庁メディア芸術祭実行委員会が主催しているメディア芸術祭にて、第15回優秀賞­を受賞しています。

メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門があり、小西玲太朗さんがどの部門で受賞したのかは公表されていないので分かりませんが、小西さんは音楽を得意としているので、挿入歌など裏方として活躍してた可能性が高いです。

3-3.音楽活動

音楽を通してメッセージや思いを伝え続けている小西玲太郎さんは、現在タイに移住していますが、海外在住の天才ポップメーカーと称されたこともあるほど、小西さんの音楽は人気が高いようです。

タイに住みながらも音楽活動は日本でも行われていて、7月に渋谷で行われたライブでは100名を越える観客が集まり大盛況となりました。

小西さんがボーカルを務めるPAYFOWARD(ペイフォワード)の新曲やライブの予定については、小西さんのFacebookなどで公開されているので気になる方は一度聴いてみて下さい。

また、小西さんは育児も積極的に行われていて、Facebookでは娘さんの可愛い写真をたくさん掲載されるなど、優しいパパの顔も見られます。

3-4.K.RTR

小西玲太郎さんは、K.RTR(クルテル)という会社の経営者であり、また他にも複数の会社を経営しているようです。

K.RTR(クルテル)では情報商材などを販売いていて、小西玲太郎さんと小玉歩さんがタッグを組んだ「The NewAGE Project」は、3000人で300億円ぐというプロジェクトとなっていて話題になりました。

「The NewAGE Project」は、テイラー・スウィフトという世界的に有名なアメリカのポップ歌手をモデルにしているとのことで、テイラー・スウィフトのようにファンを増やし稼ごうというコンセプトのようです。

アーティストとして幅広く活動し、ファンを増やしてきた小西さんのように、誰しもファンを増やして稼ぐことができれば素晴らしいですよね。

4. 小西玲太朗はどんな人物?

小西玲太朗さんは、ミュージシャンでもあり、アーティストでもあり、起業家でもあります。

様々な顔を持っているというよりかは、これが1つの「小西玲太朗」さんと考えた方が良いでしょう。

ネットビジネス業界人がマルチに活動することは決して珍しい話でもありません。

彼らは金になるビジネスなら何にでも手を出します。

職業の縛りが無い以上、スキルさえあれば、どんな仕事でも自由にできるのです。

小西玲太朗さんの特徴としては、アフィリエイターであると同時にクリエイターでもあることです。

この2つの職種は非常に相性が良いのです。

クリエイターも基本はフリーランスで活動しており、時間と場所の制約を取りません。

したがって、ネットビジネスと並行して行うにはうってつけのビジネスと言うことができます。

小西玲太朗さんのメルマガやセミナーは、クリエイター×アフィリエイターという観点からビジネスマインドを学ぶことができます。

フリーランスでクリエイターとして活動しており、そこからさらにアフィリエイトも始めようと考えている方は、小西玲太朗さんのメルマガとセミナーが最もオススメできると言えるでしょう。

小西玲太朗さんは、ネット上で幅広く活躍しているだけあり、彼に対する悪い評判も当然多く流れています。

これはネットビジネス業界人ではもはや宿命とも言えることですが、彼も例外ではありませんでした。

著名人を叩く記事はPV数が上げやすく、実際に彼と関わっていなくても、確かめようがないことをいいことに様々な悪い話があげられるものです。

特に、小西玲太朗さんは、マルチに活動していることもあり、その悪い噂は通常よりも速く広がってしまいます。

小西玲太朗さんのセミナーに関する悪評を見たとき、「そういえば、彼はミュージシャンではなかったか?結局彼は何なんだ?」という話になります。

本来ネットビジネスは業種の縛りがないものです。

しかし、公式ページにはアフィリエイターを語っておいて、SNSではミュージシャンを語っているとなると、確かに彼とはどういう人物なのかが不鮮明になってしまいます。

しかし、彼の実態は確かに掴みにくいですが、セミナーの内容そのものに関する批判は特に書かれておりません。

書かれている文面は、他の人にも言えそうな曖昧なものが多く、具体性がありません。

このことから彼に対する批判記事のほとんどが、PV数を稼ぐために作った記事だと考えられるでしょう。

現にその記事には他のセミナーへ誘導するリンクがしっかりと貼られています。

まとめ

マルチで活動する小西玲太朗さんは、他のネットビジネス業界人以上に実態をつかみにくい人物です。

さらにブログやSNSのプロフィールも彼に関する情報はそこまで詳しく書かれておらず、「彼は一体どういう人物なのだ」という話しで持ち切られています。

小西玲太朗さんを見る場合は、彼が何者であるかを見るのではなく、「ネットを通じて様々な活動をしている業界人」と見た方がよいでしょう。

ある記事ではアフィリエイターとして紹介されていたのに、他の記事ではミュージシャンとして紹介されているというのは、彼に関する情報を集めているとよくあることです。

ここで、彼がミュージシャンであるのか、アフィリエイターであるのかという議論は全くの無意味です。

小西玲太朗さんの職業は「小西玲太朗」であり、それ以上でもそれ以下でもないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です