世界をまたにかけるアーティスト兼起業家!小西玲太郎の結婚生活とは?

アーティストと起業家。
一見交わることのないこの二つの職業を一人でこなしつつ、最近では海外に移住するなど普通の人では考えられないような活動を多々されてきている小西玲太郎さんという起業家をご存知でしょうか?

小西玲太郎さんは、結婚して子供もいるのですが、その生き方はこれから起業をしようと思っている人の多くが憧れるようなものになっています。

今回はそんな小西玲太郎さんの結婚について見ていきたいと思います。

1. 小西玲太郎さんのプロフィール

小西玲太郎さんは、インターネットビジネス業界でも異色の存在です。

ご自身がアーティストやデザイナーとしての活動をしながらも、その活動の場を広げる意味でも起業かとしての道を選びました。

アーティストとして活動する人というのは、どうしても自分の作品や芸術にかける想いは強いものの、選択肢が狭くなる人も多いのが現実です。

しかし、小西玲太郎さんは非常に視野の広い方ですので、活動の幅を考えた時にはどうしても資金が必要になることを悟りました。

そのため、紆余曲折を経ながらも、年商30億円にも及ぶ企業を作り上げたのです。
そして、資金的にも余裕のできた小西玲太郎さんは、ご自身の人としての在り方を見つめなおした結果、タイのプーケットに移住することにしたようです。

豊かな現在の暮らしを捨てて後進国へと居住地を変えるには非常に大きな勇気が必要です。
しかし、生き方へのこだわりを捨てない小西玲太郎さんにとっては、今の生活よりもタイでの暮らしの方が魅力があったのでしょう。

渋谷で行われたワンマンライブは、超満員で終えることができ、2018年にはアルバム4タイトルの全国同時リリースが決定しています。

さらに、その活動の独創性が評価されたために、映画化も決定しているという非常に多彩な能力の持ち主です。

2. 小西玲太郎さんの結婚観

そんな多彩で様々な世界で活躍する小西玲太郎さんは、結婚にどのような価値観を持っているのでしょうか?

具体的にその内容を書かれたものはありませんが、ネットへの投稿などを見ていくと、非常に子供の写真や話が多かったりします。

さらに、ご自身のブログでは結婚記念日に家族でいった旅行のことを書かれているなど、非常に家族愛にあふれている方です。

家族のことを大切にしている様子はブログからでも伝わってきていますし、子供に対する愛情はなお大きなものであるようです。

多分、家族との時間をすごく大切にしている人なんだなと感じ、その一方で食事や健康に対しては非常に気を付けているのではないかと思います。

3. 女性に望むもの

これに関しても、小西玲太郎さん自身が公表している内容ではありませんが、小西玲太郎さんは特に奥さんに関して求めるものが多いのではないでしょうか?

アーティストなどの芸術的な活動をされている人というのは、仕事に対してもプライベートに対しても、非常に繊細でこだわりの強いイメージですよね?

きっと小西玲太郎さんも同様に、人並み外れたこだわりをお持ちなのだと思います。

もしかしたら子供の育て方に対してそのこだわりがあるのかもしれませんし、家具などの空間にこだわりがあるのかもしれません。

そういったこだわりを理解して、その破天荒な活動を支えられるだけの器の大きさ。
それは小西玲太郎さんの奥さんとしては必要な能力なのではないかと思っています。

さらに、起業家でもありアーティストでもあるという異質の活動をされていますが、普通の人よりも遥かに体にかかる負担は大きなものではないかと思います。

そのため、健康に対しての知識や新しい健康法を探求する知性も必要になるのではないかと思っています。
健康という以外の意味でも食事は好きそうですので、色々な土地に行かれているだけに、新しい味への探求もしていそうな気がします。

実際の奥さんの写真を見てみると、非常に若々しくて健康的な奥さんです。
こういった女性がタイプなのであれば、おしとやかなタイプというよりも、アクティブなタイプが好みなのかもしれません。

タイに移住してしまうくらいにアクティブな小西玲太郎さんですから、それについていけるだけのタフさは必要になりそうですね。

まとめ

今回は、小西玲太郎さんの結婚観について見てきました。

起業家であり、アーティストという非常に幅の広い活動を支えてくれる奥さんは、自由に生きて自由に自己表現をする小西玲太郎さんにとって、かけがえのないパートナーであることは間違いないでしょう。

これからタイという地でどのような活動をしていくのかということは想像できません。
既に社長業を引退したとありましたので、海外での活動はアーティストとしてがメインになるのかもしれませんし、タイで新たにビジネスをスタートするのかもしれません。

そんな行動を予想できない小西玲太郎さんですから、今後も最新情報を追いかけていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です