小西玲太郎さんのメルマガは誰が読むといいのか!?

小西玲太郎さんという方をご存知でしょうか。そして、彼が何者かをご存知でしょうか?ホームページのプロフィールを見ると、「肩書き」の多さに驚きます。

歌手であり、作曲家であり、クリエイターであり、デザイナーであり、経営者であり,,,。あまりにも多彩な才能をあらゆるフィールドで発揮している小西玲太郎さんは、まるで現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ。

多動的に仕事を推し進める様は現代的なアーティスト / ビジネスマンのあるべき姿なのかも知れませんね。そんな小西玲太郎さんの正体と、彼の超人気コンテンツであるメールマガジンが一体どんなものか。迫ってみましょう。

1小西玲太郎ってどんな人なの?

前述したように、小西玲太郎さんの活動はとにかく多彩なのですが、作曲家としてまずは成功を納めます。第15回文化庁主催メディア芸術祭では優秀賞。また第13回新国際ニコニコ映画祭大賞を受賞しています。

彼が持っているのは、「作曲家」としての才能だけではありません。グラフィックアーティストとしても数々のコンテストで受賞経験があるのです。そのほか、アパレルブランドへのアート作品を提供するなど、まさにマルチクリエイターそのものです。

1-1起業家としての才能

さらに、その才能はアートだけの分野に収まりません。ネットビジネス、アフィリエイトのテクニックを駆使し、数十億円の年商を挙げるグループ企業を作りあげました。現在では社長の座を退き、海外へと居住地を移しています。

社長としてそのままビジネスマンとして輝き続けるのではなく、日本を離れ新たな活動に着手する。これがなんともまたアーティストらしいですね。「一箇所に留まらない」。圧倒的なまでの多彩な才能を自分自身で育てる秘訣は、そこにあるのかもしれません。

1-2新たなプラットホームへの着手

さらに、小西玲太郎さんは現在では「VALU」にも進出しています。VALUといえば個人でトークン(=データ上の通貨のようなもの)を発行できる新しいサービスです。この辺りにしっかり目をつけている辺りが、やはり現代的なアーティスト / ビジネスマンなのだなあという印象を受けます。

またオンラインサロン「IAM」も主催されています。キャッチフレーズは「僕たち全員で世界(常識)を変えてゆく」。非常に刺激的なワードです。IAMに参加すると、小西玲太郎さんが仕掛ける様々なプロジェクトに参加ができるそうです。

しかも「すでにあるプロジェクト」ではなく、「会員限定の生配信動画の途中で思いついたプロジェクト」に参加できるというのです。つまり、「面白いアイデアが思いついたんだけど一緒にやらないか」と小西玲太郎さんから声がかかるということですね。

これほどエキサイティングなコミュニティへの参加の仕方はありません。これまで様々な巨大プロジェクトとアート作品を世に生み出してきた小西玲太郎さんの、「共犯」になれるのです。

最初の1週間は無料で参加できるそうですが、月会費は8,640円。あらゆるフィールドで活躍するトップクリエイターとプロジェクトを一緒に創りあげられるのなら、決して高い会費ではないでしょう。

2-1小西玲太郎のメルマガについて!

さて、小西玲太郎さんは様々なコンテンツを持っていますが、昔ながらの「メルマガ」もずっと継続して続けられています。このメルマガの謳い文句が非常に攻撃的なのです。

「総額126万9600円分の情報 / インターネットビジネススクールの9クラス分が無料」だというのです。ちょっとにわかには信じられませんよね。

その内容ですが、 前述した通り「126万円分」の価値があると謳うメルマガですから、本当に充実しています。いくつかコンテンツをご紹介しましょう。

2-2極秘セミナー内容のお届け

六本木でごく数名の関係者だけに開かれたという秘密暴露セミナーが動画で受け取れます。なんと3時間にも及ぶ内容です。

2-3「2時間に及ぶ【ネットビジネスの新しい成功法則】動画」

これは、新時代のクリエイター、そしてカリスマとも言える小西玲太郎さんならではの内容ではないでしょうか。「ネットビジネスの新しい成功法則」。

21世紀の今、とにかく社会の変革のスピードがあまりにも早いですよね。この変化についていくのはどんな人間でも容易ではありません。この世の中に対応できるのは小西玲太郎さんのような、イノベーションを自ら起こせるアーティスティックなビジネスマンなのではないでしょうか。

そんな彼が語る「ネットビジネスの新しい成功法則」。しかもこれも2時間分の動画です。これは本当に気になりますよね。

2-4「継続月収300万円を稼ぐ方法」動画

小西玲太郎さんはこう言います。「好きなことだけをしながら自由な時間を手に入れる」と。これもやはり現代的な思考ですね。

驚いてしまいますが、小西玲太郎さんは1985年生まれなのです。現在32際のまだまだお若い方です。この世代のことを、「ミレニアル」世代などと言ったりしますが、ミレニアル世代の特徴として、「好きなことを仕事に変えていく」という価値観を持っている方が大半です。

「やりたくない仕事を続けて、その対価としてお金をもらう」という価値観はこの世代の方には通用しません。小西玲太郎さんも御多分に洩れず、やはりミレニアル世代です。

しかも小西玲太郎さんはアーティストであり、ビジネスマンでもあります。「自分の好きなこと」をお金に直結させていくそのマネタイズメソッドはずば抜けたものがあるでしょう。このコンテンツはなんと3時間半の動画講義と、90分の音声データにて受け取ることができます。

2-5小西玲太郎さんのメルマガは誰が読むといいのか!?

メルマガの読者のレビューを読むと、どうやら小西玲太郎さんと同じようにデザイナーなど、クリエイティブ職に就かれている方に人気のようですね。

それもそのはず。小西玲太郎さんは「クリエイター業」と「ビジネス」を直結させてライフスタイルを構成している方です。クリエイターの方々にとってみれば理想の形と言ってもいいでしょう。

いつの時代も、芸術系の専門学校や大学は、技術をいかにビジネスとして展開させていくかという点においてのフォローは弱いものです。「音大を出たが音楽で食えない」,,,これはよく聞く話ですよね。

一方で、専門家になるための技術は、独学で習得できる可能性がどんどん高まっています。ネット社会のおかげですね。つまり、学校で勉強する必要性が以前よりもずっと希薄になってきています。

こんな時代だからこそ、小西玲太郎さんの存在と、ノウハウは重要があるのでしょう。自分が持っている技術で、いかにマネタイズしていくか。これは小西玲太郎さんの最も得意とするフィールドに違いありません。

3小西玲太郎のメルマガは無料か?

小西玲太郎さんのメールマガジンは、上記のコンテンツを含んでいながら、無料です。本当に太っ腹ですよね。有料コンテンツへの勧誘もあるようですが、それは参加自由のようです。

4小西玲太郎のメルマガに登録する方法

http://krtr-contents.com/lp/konishi_mailmagazine/01/
こちらのアドレスから登録が可能です。

5まとめ

いかがでしたでしょうか?アーティストであり、そしてビジネスマンでもある小西玲太郎さん。そのマルチな才能と圧倒的なキャリアと、メールマガジンの内容をご紹介いたしました。「クリエイティブな仕事をしているが、マネタイズに困っている」という方は小西玲太郎さんの門を叩くのもいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です