今世紀最大のオファー!?金と銀プロジェクトはどんなビジネスなのか

今回は、今非常に注目を集めている

金と銀プロジェクト

というものについて見ていきたいと思います。

業界でもトップクラスの人物からの最大級のオファーに、

インターネット中が大騒ぎです。

1.金と銀プロジェクトとは?

金と銀プロジェクトとは、情報商材販売における最大手の「インフォトップ」の元社長である田中保彦さんによるオファーです。

田中保彦さんは、この業界では非常に有名な方ですが、知らない人のために少し説明しておきましょう。

1-1.田中保彦さんの略歴

田中保彦さんは、1972年生まれで、兵庫県の神戸出身です。
神戸には、私立の甲南大学という大学があり、その大学を卒業しています。

インターネットビジネス業界では、非常に成功者の年齢が若いのが特徴的です。
アイデアや工夫を自分なりの方法で商品にできた人は、その技術や情報を使って何億というお金を生み出すことができます。

これは、他の業界にない特徴で、学生の起業家でも数千万円というお金を作り出す人もいるくらいです。

一方、田中保彦さんはというと、学生の時には起業を試みることはなかったようです。
実家が商売をやっているようではありますが、かといって幼いころからバリバリビジネス感覚を養ってきたという感じではないようです。

そんな田中保彦さんは、大学を卒業すると、実家の仕事を手伝いながらのフリーター生活をしていたといいます。

今ではこれだけの実績がある人ですから、かなり意外ですよね。
大学を出てから就職する人が大半であることを考えると、この時点では普通の人よりも悪い状態で生活していたのかもしれません。

そして、その状態は自分の中でも不本意だったのでしょう。
一念発起して転職することを考えたようです。

この時に、きっと田中保彦さんの中には次の3つの選択肢があったのではないでしょうか?

・家業を継いで二代目として働く
・自分で会社を作る
・サラリーマンとして働く

特に若いうちは、人生逆転を試みて、自分で会社を立ち上げようとしてしまう人も多いのですが、この時にしっかりとサラリーマンとして就職したことは、後々のことを考えると非常に良かったのではないかと思います。

田中保彦さんは、非常に慎重な性格のようで、リスクに見合ったリターンがしっかりと得られるという確信があってこそ行動に移すようです。

そんな田中保彦さんは情報を販売するという新しいビジネスに出会ってから、人生が変わったようです。

そのノウハウを仕事にも活かして、バリバリと結果を出す一方で、さらにインターネットビジネス業界へと興味を持つようになります。
その結果が、当時から業界最大手として活躍していたインフォトップを選んだきっかけになったのです。

そして、その2年後にはすでに社長になっているという特異な出世を果たし、業界に革命をもたらしてきました。

しかし、その後理由を公表することなく社長の座を退任してしまいました。
これには非常に多くの人が疑問の声を上げていました。

それはそうですよね。

これまで業界の最高峰にいて、さらには業界自体が非常に活気のあるこの状態で社長を退任できてしまう田中保彦さん。
普通の人からすると意味不明の行動です。

しかし、その理由も含めて今新しいビジネスとともに世間の前に現れました。
これは、期待しない方が難しいです。

1-2.今回のプロジェクト概要

この金と銀プロジェクトは、その名前の通り、「」「」といった実物資産による投資になります。

実物資産とは、円やドルといったいわゆる通貨とは違い、現物を持っておくことで、通貨の価格変動に影響されることのない資産のことです。

この方法は、昔から非常に人気があります
通貨というのは、国の意思で発行もできますし、インフレなどの影響によって価値が無くなってしまう(非常に低くなってしまう)可能性があります。

しかし、実物資産は実際に地球上にある分しか存在しませんので、新しく作ることはできません。

そのため、その価値は長期的に見ると常に上昇しているのです。
さらに、金の埋蔵量というのはすでにおおよその把握がされており、現在の勢いで採掘を続けているとあと20年ほどですべて掘り起こしてしまうというほどに枯渇しているのです。

それだけではなく、金や銀というのは日常的にたくさんのものに使われています。

特に金はその性質上、非常に製品としての価値も高いのです。

まず、サビないことが有名です。
さらに電気をよく通すのでスマホなどの配線に使われたりします。

金属でサビないものというのは非常に珍しいものです。
サビるということは金属と酸素が合わさってしまうので、その性質も変わってしまったりします。
硬さも非常に硬く、酸性やアルカリ性でも溶けることがありません。
学校の理科の授業で習ったでしょうが、金を溶かすにはそれ専用に濃硝酸と濃塩酸を合わせた「王水」を利用しなくてはいけないほどの硬さや環境への強さがあります。

それゆえ、昔から王の象徴としても用いられてきており、場所によっては国の通貨よりも信頼度の高いものになっています。

そんな実物資産は、リーマンショックなどの社会的恐慌の影響も受けませんし、一国がつぶれたとしてもその価値を失いません。

リーマンショックをはじめとする世界恐慌が2007年から2008年にかけて起こっていますが、その頃の金の価格はというと、

・2005年:1,619円
・2006年:2,287円
・2007年:2,659円
・2008年:2,937円
・2009年:2,951円
・2010年:3,477円

となっています。
ちなみにこの数字は1g当たりの金額になりますが、特に注目してほしいのは、世界恐慌と呼ばれたその時代に、一度として価格を落とすことなく、上げている点です。

この数値はその年の平均価格ですので、瞬間的には下がっていたのかもしれませんが、年間を通してこれだけ安定した成績を上げている投資対象は金をおいてほかにないでしょう。

つまり、世界がどのような状態にあったとしても利益を上げることのできる永久的な資産なのです。

その実物資産である金と銀を使ったのが今回のプロジェクトです。

2.金と銀プロジェクトではどんなビジネスを学ぶのか?

このビジネスに関して、「学ぶ」ということは必要ないようです。

というのも、このプロジェクトは、企画者でもある田中保彦さんの持っている証券口座と、自分の証券口座をリンクさせるというだけのものなのです。

つまり、最初の設定さえやってしまえば、自分でする作業というのはないのです。

それは反対に、「学ぶことが何もない」という意味にもなるでしょう。

先着特典として、その取引手法のマニュアルがあるようですので、学習意欲の高い人はその方法を学んでみてもよいかもしれませんが、本当に「学ぶ必要がない」のです。

「何もしないで手に入るお金は汚いもの」

という先入観を持っている人からすると少し納得のいかないものかもしれませんね。
しかし、お金を使ってお金を稼ぐという投資の本質としては、何もしなくても、そこにお金があること自体に価値があるのです。

銀行もそのお金を企業に貸すことで利息による収益を上げていますし、株などにおいても株主から集まったお金を利用してビジネスを大きくできる。
そのお礼としての配当金ですので、もらって当然のものなのです。

ですので、そういったお金を稼ぐうえで邪魔になる価値観というものを一度無視してこのビジネスの可能性について考えてほしいと思っています。

3.金と銀プロジェクトのメリット

このプロジェクトのメリットは、非常に多いのですが、いくつか挙げていきましょう。

3-1. 不労所得が手に入る

まずは、この働かずに得られるお金というのが非常に大きなメリットでしょう。

日本人は、「汗水たらして働いたお金こそ美しい」といったような価値観を持っている人が多いですが、その無駄な価値観のせいで非常に苦しい毎日を過ごしているのです。

3-2. 自由な時間が手に入る

この収入は、自分の時間を必要としません。
「お金が働いてくれる」
という状態になるので、自分はただたまに口座を確認するくらいの作業です。

ということは、これを機に会社を辞めた人であれば、一日8時間くらいの自由な時間が増える計算になります。

友達とご飯に行ってもよいし、買い物に行ってもよい。
家族や子供と過ごす時間をしっかりと作っても良いのです。

3-3. 幸せも健康もお金で買える!?

自由な時間とお金が入ることで、その他のことも自然に手に入るようになります。

「お金がすべてじゃない」
なんて言いますが、お金があれば解決する問題は非常に多いです。

日本の離婚理由のトップ3には、いつも「経済的な理由」が入ってきます。

それは裏を返せば、お金さえあれば、幸せな夫婦生活が可能なことを意味していますし、食材にこだわったり、健康器具や寝具にこだわれば、お金で健康だって買うことができるのです。

4.金と銀プロジェクトのデメリット

このプロジェクトは、ほとんど完璧な商品のように思います。
価値の上がり続ける実物資産を使っている点においてもですが、実際にそれを指揮する田中保彦さんの実力や資金力も本物です。

デメリットを探す方が難しいかもしれませんが、敢えていくつか挙げるとするのなら、まずは金の価値が下がることです。
ここまでの説明を読んでくれているあなたであれば、そんなことはあり得ないと思うかもしれませんが、可能性がないわけではありません。

技術の革新によって、金以外の金属を利用して金と同じだけの通電性をかなえたり、少ない電力で非常に多くのことをできる端末や、より熱や酸などに強い化学物質が開発されれば、今これらの理由で製品に使用していた金は必要なくなります。

こういった技術革新は、当然いつの時代にもあるわけですが、この影響で金の価値が下がること自体は、可能性として存在します。

後は、今回は金と銀の価格差を利用するわけですが、仮に金と銀の価格差が大きくなりすぎたり、価値が逆転するということが起こった場合には想定通りの投資はできないかと思います。

例えば、食べ物などで研究の結果新しい成分があることが分かったというニュースは日々起こっています。
これまであまり注目されていなかった成分に実は若返り作用があったり・・・という話です。

これが、仮に銀に今見つかっていない非常に優れた性質があった場合。
その場合にはもしかしたら金よりも注目されることもあるかもしれません。

どちらも地球上にある量は決まっているということはどのくらいの人がそれらを欲しがるのかということで価格が決まってくるのですから、銀に注目が集まればあり得るのかもしれません。

さらに言うと証券口座の会社自体が倒産するなどのリスクは存在します。

世の中、絶対ということはありませんので、この証券口座の会社だって、もしかしたらつぶれるかもしれません。

その場合、海外の口座なので、元本保全がされているのかなどの規約の部分が英語になっているということは、慎重な人にとってはデメリットに見えるかもしれません。

しかし、そんな小さな部分をデメリットとして挙げれば、他のほとんどのビジネスや投資は絶対にすることができないくらいに、今回の商品は優れていると思っています。

これくらいのデメリットをデメリットとして挙げるのであれば、
「私自身が明日死ぬこと」
といった極端なこともデメリットに入れなくてはいけなくなりますよね?

もしくは、少しSFっぽくなってしまうかもしれませんが、宇宙技術が発達して、他の惑星で、金が多量に算出できることが分かった場合には、金が手に入る量が増えますので、価値は下がってしまうかもしれません。

そういった突飛な事件が起きない限りは、安定した利益を上げられるのではないかと思っています。

5.企画者の「田中 保彦」さんはどんな人物か?

田中保彦さんは、先ほど少し触れましたが、
「インフォトップ」
の元社長です。

ご自身のWEBマーケティングなどの能力を活かして今は会社もされているようですが、そもそもインフォトップを辞めたのは、この金と銀のアービトラージに出会ったことがきっかけでした。

ありとあらゆる稼ぎ方が存在するインフォトップでその全てを見てきた田中保彦さんが、
これ以上は存在しない
と思ったからこそ自分で実践して、社長の座も退任したほどのノウハウです。

そんな田中保彦さんは時間にもお金にも非常に余裕があるので、性格はやさしそうに見えました。

その実力や資産はもちろんのことですが、動画では人間味の溢れる印象の方が非常に強かったです。

他の人のために何かをする。
そして、そのプロジェクトのために大勢の人が田中保彦さんに協力している。

その人柄と慕われ方は、自分の大切なお金を預けるにふさわしいと思わせるものでした。

6.金と銀プロジェクトで成功している人はいるのか?

このプロジェクトの最大の肝といってもいいと思いますが、実際に募集をかける前にすでに300名以上の方が成功されているということです。

本当に良いものであれば、自分の家族や周りの人に言いたくなりますし、一緒にやりたくなりますよね?

それを実際に田中保彦さん自身がやられているというのは、非常に大きいのではないかと思います。

7.似ている商材のまとめ

似ている商材は、ほとんど存在しません。
というのも、今回のオファーは田中保彦さん自身が自信をもって開発してきた新しい仕組みなのです。

しかし、唯一「金銀レシオ」という商材が、取引手法としては近いものがあるのではないかと思っています。

というのも、この「金銀レシオ」も、今回の金と銀プロジェクトと同様に、金と銀を用いたアービトラージを実践するためのマニュアルになります。

大きな差は、全自動で取引ができないという部分ではありますが、この金銀レシオに関しても非常に評判が良いものです。

インフォトップから販売されていた商品のようで、現在では販売は中止されていますが、実際に稼いでいる人のブログも非常に多いです。

デメリットとして、
「流動性がある金と銀でも、その乖離が広がったまま推移することがあり、その際には、ポジションを持ったまま決済されない」
ということを挙げている人もいました。

ここが非常に重要なのですが、投資におけるデメリットというのは、ほぼ全てが「損をする」ということなのです。
しかし、金と銀のアービトラージに関しては、デメリットが損をするのではなく、
決済されないので、新規の取引がない
というものになります。

一時的に稼げないこともあるようですが、それはあくまでも、新しい取引ができないだけであって、時間が経って、乖離が縮まった時に利益は出るのです。

つまり、他の投資に比べて、圧倒的にリスクが少ないのです。

追記:金と銀プロジェクト動画の内容まとめ

金と銀プロジェクトの動画が公開されました。1〜5話まであるので、その内容をまとめました。

今回のオファー、非常に凄いものでしたね。

何と言っても、インターネットビジネス業界最大のASPであるインフォトップの元社長の手掛けるものですからね。

動画を見る前からかなりの期待感を持って見ていくことになりました。

これまで個人的にも多くの自称成功者の話を聞いてきましたが、その多くは詐欺のようなものでした。

いかに自分がすごいのかというプレゼン能力には長けているものの、実際にそのノウハウを聞いて見れば、かなりのグレーゾーンばかりを行うビジネスで、結局ノウハウとしては2か月と持たないものを数百万円というコンサル料を取ってやっている人もいましたし、強引な勧誘と高額商品の販売によって政府から業務停止命令をもらった会社までありました。

そういった人は、継続的に結果を出すことはまずできないでしょうし、成功してほしいとも思いません。

そういう人に多いのが、人にはそのノウハウを勧めるのに、自分では一切やらないという人です。

本当に人に勧めるくらいに良いものなのであれば、自分だってやっておくべきだと思いますし、自然とやってしまうものでしょう。

今回の田中保彦さんに限ってはそのようなことはないでしょう。

そのネームバリューはすでに業界でも上位に位置していますので、わざわざ詐欺のようなことをやって悪く言われなくとも、一生遊んで暮らせるくらいのお金はすでに稼いでいるはずです。

私自身、インフォトップなどインターネットビジネスに関連する商品や会社はたくさん見てきましたから、田中保彦さんの存在は知っていました。

しかし、社長に就任するも、数年の後にいきなりの退任をされています。

社長退任の理由は明かされないままでしたし、そしてその後どこでどのような活動をされているのかは、かなりの謎でした。

ご自身のSNS関連も既に書き込みがなくなって3年以上が経っていましたし、その間にオファーを上げていた形跡もありません。

もちろん、これだけなの通った人ですから、個人的にコンサルタント業などをされていた可能性は高いとは思います。

そしてそんな田中保彦さんの仕掛ける今回の投資。

その投資対象が金や銀ということで、この点も非常に気になるポイントでした。

正直、株やFXだったらきっとここまでの興味はそそられなかったでしょうし、多分田中保彦さんというブランドからすると、かなり格を下げることになったかもしれません。

しかし、普通の人は手が出せないと思っているであろう金や銀の実物資産投資を、毎日最低1万円以上の利益を取りながら行えるということだったので、かなりのインパクトがありました。

正直、その手法に「?」が出るばかりでした。

というのも、個人的には実物資産投資というのは、長期的に見てこその投資だと思っていました。

しっかりとビジネスで稼いだ後に資産保全のために利用し、何年も寝かせておいて初めて利益が出る・・・

というイメージでしたから、毎日最低1万円というのが全く理解できなかったのです。

あなたも同じようなことを感じてはいないでしょうか?

FXなどの投資では、1日にして数百万円・数千万円というお金が動きます。

今話題の仮想通貨でも同様のことが言えるでしょうが、これだけの激しい変動があれば、少しのお金を投資するだけで、かなりの金額を稼ぐことも失うこともあり得ます。

それは裏を返すと、非常に短期的にも結果を出すことができるということを意味しています。

副業として長い間人気があるのはこういった理由からではないでしょうか?

その一方で、金や銀といった実物資産への投資は、非常に安定はしているものの、その値上がりはFXや仮想通貨ほど急激なものではありません。

さらに、その投資にはお金が非常にかかるというイメージもあるのか、投資初心者にとってあまり興味をそそられるようなものではないのかもしれません。

さらに、金や銀には利子というものが付きません。

FXでは毎日スワップポイントと呼ばれる海外の通貨との金利差による収益が発生します。

仮想通貨にも、一部の口座には貸仮想通貨として、自分の仮想通貨を貸して利子を得る方法が存在します。

それがない分、しっかりと値上がりをしないと稼ぐことのできないと思われていた実物資産。

しかし、そんな実物資産投資で、毎日1万円!?

これはどのような内容なのかを確認しなければという気持ちにかられました。

そして、蓋を開けてみれば、アービトラージという手法を、利用するのだと言います。

個人的に過去にアービトラージは経験したことがありました。

しかし、その時には海外の賭けサイトであるブックメーカーを利用するものでした。

どちらのチームに賭けても利益を出せることはその時理解していましたから、確かに確実に増やす方法であるというイメージはありました。

しかし、まさか金と銀との組み合わせでアービトラージを行うなんて想像の外の世界でした。

気になったので、過去の金銀の相場を調べて見ました。

すると、動画での説明通り、一定の価格差を保ったまま何十年も推移しているではありませんか。

本当にそんな方法が可能なんだ・・・そう思わざるを得ない内容でした。

さて、動画を見逃した方や、内容が濃すぎて所々うろ覚えになってしまったという人のために、今回は動画を振り返って見ましょう。

金と銀プロジェクト動画の内容「第一話」


第1話では、今回のプロジェクトの発案者である田中保彦さんの経歴などについての話になります。

どんな人で、過去にどんな結果を得たのかというのは、商材選びの上で非常に重要になります。

・過去に一度もサラリーマン以外で稼いだことのない人

・一年だけ年収1,000万円だった人

・毎年何億円も稼ぎ出す人

あなたならどの方から学びたいですか?

もちろん毎年安定的に何億円も稼ぎ出している人に決まっていますよね?

これはその人にはそれだけの価値を生み出す方法や知識があるという裏付けであり、本物か偽物かを見分けるための一つの指標になります。

そのため動画では、過去の実績を振り返るとともに、今回のプロジェクトで「毎日最低1万円」を達成することができる資金的な根拠を証明しました。

これが直接的に参加者を稼がせることができるという根拠にはならないでしょうが、これだけ大きなビジネスをやって、仮に数千人という方が参加した時に、毎日最低1万円を保証できるのであれば、それ相応の資産が田中保彦さん自身にないと話にならないということでしょう。

それこそが金や銀のインゴットと、1億円の入ったアタッシュケースになります。

確かにこれだけの資金があれば、どんなシステムだって作ることが可能になりますよね?

さらに、これまでに金を購入したという証明書が70億円分もあるというのです。

上の画像で左手の方が数えているのがまさにその証明書なのだそうです。

かなりアップでも映っていましたので、どこの会社で購入したものなのかも確認できそうですよね。

個人的には「預金通帳とかじゃないんだ・・・」なんて思ってみていましたが、その理由はそのあとすぐにわかることになりましたが、投資の内容が実物資産だからこそ実際に金を持ってきていたようですね。

金と銀プロジェクト動画の内容「第二話」


そして第2話では、最初になぜこのようなプロジェクトをすることを決意したのかという話でした。

確かに疑問に思いました。

既になん十億円ものお金があるにもかかわらず、更には勝手に増え続ける今回のアービトラージをやっておきながら、なぜ新たにビジネスをする必要があるのでしょうか?

それだけのお金ですから、普通に海外の銀行にでも預けておけば、利息だけでも十分な暮らしが出来るでしょう。

にも関わらず、敢えてオファーを打つことにしたのは、身近な人達が次々に不幸に見舞われており、その結果自分のためだけではなく、より多くの人を助けるために始めたということがわかりました。

このプロジェクトの肝である取引手法のアービトラージや、投資対象としての実物資産について話が展開していきます。

過去にインターネットビジネス業界の全てを知ることができるポジションにいた結果、最終的に辿り着いたノウハウ。

その具体的な核の部分に触れられた回でした。

ただ、1時間という非常に長くて内容の多い動画だったとはいえ、1時間でそのノウハウを全て話すことには限界があったようです。

取引の内容は、ある程度のところで終わっていますので、投資初心者にとっては疑問が多かったのではないかと思います。

もしかしたら、今回の投資では

「自分で取引をする必要がない」

ということが最大の売りだったのかもしれません。

そのため、その具体的な取引手法を説明するよりも、実際に稼げるのかどうかなど、もっと伝えたい内容があったために、細かい取引手法については割愛したのかもしれませんね。

私は個人的に色々なインターネットビジネスを見てきています。

そのため、どういった理由で、どういった方法で稼ぐことができるのかということには強い関心があります。

例え、その投資で自分がするべき作業がなかったとしても、その原理がわかっていないと何となく気持ち悪いのです。

そのため、この動画とは関係なく金や銀の価格変動も含めて色々と調査してみました。

その結果、実際に金と銀のアービトラージという方法は稼ぐことができるのだろうという確信が持てました。

金と銀プロジェクト動画の内容「第三話」


この回では、このプロジェクトにかける想いを熱く語った後に、実際にその取引をインタビュアーの藤沢涼さんが1ヶ月挑戦するということを行なっていました。

このプロジェクトに対する想いは前回少し触れている部分ではありますが、単に家族の不幸があったことだけでこのプロジェクトをされているのではなさそうでした。

マルコポーロの東方見聞録という話が出てきて、黄金の国ジパングのストーリーが話されました。

金の価値を知らなかった日本人は、海外の人に結果的にお金を騙し取られるような形になりました。

黄金の国ジパングという名前とは似つかわしくない現在の日本に憤りさえも感じているようで、間違ったお金の価値観を壊したいと言っていました。

確かに、日本人でお金に対する悪い価値観を持っている人って多いですよね。

お金持ちは悪いことをしていると思っている人が多かったり、お金の話ばかりをする人のことを卑しい人だと思う文化があります。

汗水たらして働くことこそ素晴らしいことであり、楽をして稼ぐということは悪いことだと親も子供に教えていたりします。

でも本当は、お金というのは価値を生み出した対価として受け取るものなのです。

商品を生み出したら、その商品に対する価値がお金となって返ってきますし、良いサービスであったり、社会の中で必要とされているものにはお金が集まってきます。

だからこそ本当は、率先してお金を稼ぎに行くべきなのです。

それは言葉を変えると、「一生懸命に社会の役に立とうとしている」ということなのです。

絶対に否定されるようなことではないですよね。

しかし、お金に対する悪い印象を持っている日本人。

その一方で「お金は欲しい」と言います。

この矛盾は個人的にも感じていて、

「働きたくない」

「お金持ち話悪いことをしている」

「でも、お金は欲しい」

すごく無茶苦茶なことを言っているように見えますが、実は多くの人が言っていることです。

このゆがんだ価値観の根本には過去にお金をだまし取られたトラウマがあると語る田中保彦さんは、もっと多くの人に稼いでほしいと思っています。

そして、インタビュアーの藤沢涼さんによる実トレード。

確かに1ヶ月といえば、投資と考えると非常に短期的な結果になります。

しかし、その1ヶ月間にしっかりと結果を出すことはもちろん、その取引が毎日ちゃんと取引を行えるものだということが理解できたはずです。

確かに利益の出そうな方法ではあるけれど、本当に

「毎日」

なのかと疑問を持っていた人も多かったのではないかと思います。

毎日最低1万円」という強いワードを打ち出しているだけに、その根拠や証拠が欲しくなるのが動画を見ている人の本音でしょう。

それを証明するための回となりました。

金と銀プロジェクト動画の内容「第四話」


この回では、実際にこれまで結果を出してきたという341名の方々の中で、その性別や持っている能力、投資を始める前の状況の異なる3人の方に登場していただき、対談するといったものでした。

確かに、誰でも稼げるという部分に疑問を持つ人も多いでしょうし、

「お金がないから」

「借金があるから」

「時間がないから」

「家庭があるから」

などと理由をつけて参加できなかったと思うのは非常にもったいないことです。

ですので、こういった内容を配信することで、本当に誰でも稼ぐことができると確認することができたのは大きいのではないでしょうか?

1人は、どこにでもいる主婦ですし、1人は普通のサラリーマン、そしてもう1人はこれまで様々な商材を買って失敗の末、数百万円の借金を背負っているという方でした。

これだけ多様な方が稼ぐことができるのであれば、日本語を理解さえできれば出来るのではないか?

そう思える回でしたね。

金と銀プロジェクト動画の内容「第五話」


最終話では、このプロジェクトの全貌を説明するとともに、通常ではありえないような豪華な特典を紹介する回になりました。

個人的に気になったのは、「天使のレポート」「悪魔のレポート」でした。

この業界を知り尽くしている田中保彦さんだからこそできる特典というのが非常に多かったので、参加者の満足度も高くなるのではないでしょうか?

さらに、多数のノウハウをご存知の田中保彦さんは、参加者限定のポータルサイトで、稼ぎ方を随時更新していくと宣言されていました。

ということは、これまでインフォトップに上がってきたノウハウの中から、今回のプロジェクトほどではないにしろ、非常に優れたものが多数上がっているのではないでしょうか?

それを資金に金と銀の投資に臨んでも良いです。

田中保彦さん自身がその辺の陳腐なノウハウとは違って・・・といっていますので、これは非常に期待できるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です