被害者の会は結束されるのか!?金と銀プロジェクトの現状被害状況

今回は、業界でも非常に話題になっている
金と銀プロジェクトについて見ていきます。

非常にすごい内容をたくさん話していますが、
もしも自分が参加した後に

「本当に稼げるの?」
「被害者がいるんじゃない?」
「結局稼げなかった」

なんて情報がネット上にあった日には、
毎日眠れないことになりそうですね。

ですので、参加した後に失敗したと思わないためにも、
まずはしっかりと現状を把握してみることにしましょう。

1.金と銀プロジェクトの被害者っている?

今のところ、この金と銀プロジェクトでの被害は聞いていません。
これだけ大きなプロジェクトですから、もしも被害にあっている人がいるとしたら、かなりネット上でも話題になっていることでしょう。

何といっても今回のプロジェクトは、インターネットビジネス業界において非常に有名な企業であるインフォトップの元社長である田中保彦さんが主宰しているのです。

しかも、今回のプロジェクトを円滑に紹介するために、インタビュアーとして藤沢涼さんが参戦しています。

藤沢涼さんもインターネットビジネス業界では非常に有名な方です。
元々電通という超ブラックな企業で働いており、かなり悲惨なサラリーマン生活をしていました。
しかし、インターネットビジネスとであってから人生が一変して、会社を辞めてフリーランスとして働くようになりました。

そして、現在では月収100万円以上の人を多数輩出するために、マンツーマンでその人の能力を最大限に活かすべくコンサルタントをしているようです。

田中保彦さんといい、藤沢涼さんといい、個人の名前を出して大々的にビジネスを展開されている方です。

田中保彦さんもWEBマーケティングやコンサルタントなどの業務を会社をもってやっていますし、そういった事業というのは信用が第一です。

もしも被害者がいたとするのであれば、きっとネット上でその名前をさらすでしょう。
個人としての印象が悪くなるとコンサルタントとして活動することが難しくなりますから、きっと下手なことはできないでしょう。

2.金と銀プロジェクトの2ch情報ある?

金と銀プロジェクトに関して、現在のところ2chに情報はないようです。
2chは、かなり一次情報(実際に自分が体験した情報)を載せることで有名ですから、実際に被害にあった方がいたら、こちらの掲示板に書かれる可能性も高いかと思います。

しかし、現在被害報告は掲載されていませんから、安心してもよさそうなものです。

今回の主催者である田中保彦さんのことを調べてみると
「【infotop田中保彦】インフォトップ【競馬必勝法】」
などというタイトルの掲示板はありましたが、その内容を見てみるとよくわからないものが並んでいました。

過去に販売されていたであろう競馬関連の商材と、その制作者が並ぶだけで、その商品に対する評価が書かれているわけでもありませんし、被害報告・・・というわけでもなさそうです。

ですので、これに関しては、単純にインフォトップの社長だった時代に販売されていた商材の名前をインフォトップと田中保彦さんの名前を一緒に掲載することでインパクトを与えようとしているだけなのかもしれませんね。

どちらにしても、現在田中保彦さんのことが信用できないという情報はありません。

3.金と銀プロジェクトってどんな内容?

金と銀プロジェクトは、いわゆる投資の案件になります。

投資というとどうしても難しいイメージを持つ人も多いかと思います。

投資と聞くと、
・株
・不動産
・FX
などを想像する人もいるかもしれませんが、このプロジェクトで使用する投資対象は、そのプロジェクト名にもなっている

「金と銀」

なのです。
金や銀は、実物資産と呼ばれる投資対象で、実際にモノがあるのでその金額には根拠があるのです。
どういうことかというと、今話題の仮想通貨でいうと、その通貨の価値には根拠がありません。
単純に需要と供給の関係でその値段が決まっているので、お金を投じる人が多ければ底なしに上がっていきますし、反対に人々が必要ないと思うと価値が全くなくなるのです。

しかし、実物資産は単に投資対象としてだけではなく、製品や金属自身の価値としても高い価値がありますので、価値が無くなることはありません。
この金の価値に少し触れてみたいと思います。

3-1.金に価値がある理由

『普遍の美しさ』
金には、その美しさから装飾品などとしての価値が非常に高いことはご存知の方も多いでしょう。

何といっても金属としては非常に珍しい「サビない」という特性を持っています。
サビは金属そのものの美しさを失われるだけでなく、もろくなったりといった製品価値の低下も招きます。

しかし、金にはそれがないために、「永久的な繁栄」を意味するとされており、古代エジプトの時代から王族のみが使用することを許されていたなどの逸話があります。

『工業品としての価値』
装飾品としてだけではなく、工業品としても非常に人気の金。
高い電導性を持っており、腐食しづらいという特性もあるので、パソコンやスマホを始めとした電子機器での利用も非常に多いのです。

スマホを使わなくなった時に、下取りしてくれたりしますよね?特にiphoneの買取価格は非常に高いですが、その理由の一つは、使用されていた金を取り出して再度利用するという目的があるのです。

何といっても、少量で大きな金額になります。
現在の価格でいうとたったの1gに4,500円ほどの金額がついているのです。

『希少性』
モノの価格を決めるのは基本的には需要と供給の関係です。
そのため、たくさん必要なものであっても、供給される量が多ければ、その価格は非常に安くなります。

例えば、生活に必要な水はですが、地球上には測りきれないほどの水が存在しますので、水道を出しっぱなしにしていてもさほどお金がかかることはありません。

一方で、欲しいと思っている人はごく一部であっても、その供給量が少ない場合には非常に高価な値が付くことだってあり得るのです。

金の量は地球上に19万トンといわれており、これはプールに3.5杯分ほどの量だと言います。
地球上にこれだけの量しかなく、これだけたくさんの人がその価値を感じているのであれば、その金額は非常に安定しているのもうなずけます。

『高いエネルギーを持つ』
これは、一般的な認識とは違うかもしれませんが、占い師の人から聞いた話です。
石や金属にはそれ自身に個別のエネルギーがあり、そのためパワーストーンなどは非常に長い間人気となっていました。

そんな石や金属の中でも非常に高いエネルギーを持っている金は、自分の感情や意思を発信すると言われており、ポジティブな人生を送っている人には、より幸せを運んでくるともいわれています。

3-2.銀との価格差を利用した驚きの手法

さて、前項で、金自体に非常に価値があることは理解していただけたと思います。

だからこそ投資対象としての魅力があるのですが、今回のプロジェクトでは、単純に金や銀に投資をするというものではありません。

それこそがこのプロジェクトの重要なポイントでもありますが、
「金と銀の価格差」
を利用して利益を上げるのです。

この方法は、マルコポーロの東方見聞録の時代にまでさかのぼるようです。
当時の日本にはうなるほどの金があったようです。

しかし、今の世の中と違って当時はインターネットがありませんでした。
そのため、自国の情報しか入ってこないような状態でしたので、その金の価値がどのくらいのものなのかということは、全く理解できていなかったようです。

そのため日本では、金が1に対して銀が5のレートで取引がされていました。
一方で、ヨーロッパでは、金の価値が非常に高いことを認知していましたから、金が1に対して銀が15の価値があるとしていました。

当時この価格差を知っていた海外の人は、日本で銀を金に換え、ヨーロッパでその金を銀に交換していました。
すると最初に5しかなかったはずの銀が15に増えるという錬金術のようなことが起こりました。

それをもう一度日本に持ってきて交換すれば・・・
取引ごとに3倍の金額になっていくのです。
10回も繰り返せばその量は数千倍になるのです。

当然、多くの外国人は日本に金を仕入れに来ていましたから、どんどんと日本は金を輸出してしまいました。

その結果日本は溢れる富を手放して、現在では非常に経済的に苦しい状況を続けているのです。

この話は、今回のプロジェクトの根幹でもあるのですが、単純にこの取引方法はすごいと思いませんか?

金と銀の価値の差が日本と海外であるために稼ぐことのできたこの取引手法はアービトラージと言われています。

しかし、インターネットが発達した現代では、どこで金を購入したとしてもその価格はあまり変わりません。

価格差があろうものなら、現代であればインターネットを経由して大量に購入される可能性がありますから、相場の状況はガチガチに固定されています。

しかし、もしもこの現代でもこの価格差による取引「アービトラージ」が利用できたら?

それこそが今回のプロジェクトなのです。

3-3.価格差はどこにある?

さて、金と銀の価格差を利用したのが今回の取引手法ですが、取引所によってや、日本と海外という差によってはほとんどその価格差は生じません。

では、どこに稼ぐためのポイントがあるのでしょうか?

それは、
「時間と揺らぎ」
にあります。

時間とともにその価格が変化する金や銀ですが、価格の変動に関しては完全なる上昇ではありません。

その価格は上がったり下がったりを繰り返しながら、最終的には少しずつ上がっているという状況です。
金も銀も同様の動きをしていますが、短期的に見た場合にはこの価格差が大きい時と小さい時があるのです。

前項での例を挙げると、同じ日本にいても今日は金1に対して銀5で取引されていたものが、明日には、金1に対して銀10で取引されるということを意味しています。

ということは、その時間による差を利用すれば、移動することもなく利益を出すことが可能なのです。

一見すると、FXなどの投資と変わらないようにも感じるかもしれませんね。
もしくは、金と銀ではなく、金と円でもよいのではないか・・・と。

しかし、重要なポイントは、この金と銀の価格差が基本的には同じように動くということにあります。

仮に金と円を交換して、それをまた円に戻すということをすると単純な金投資になります。

金と円の価格差は一定ではありません。
そのため、安いと思って金を買ったとしても、金の相場が変われば損をしてしまう可能性だって出てきます。

しかし、金と銀の価格差が一定なので、相場自体は上がっても下がっても何ら問題はないのです。

重要なのは価格差であり、円やドルといった通貨との価値関係は全く関係がありません。
これがこのプロジェクトが単なる一時的なノウハウではなく、未来永劫稼ぎ続けることができるという根拠になっているのです。

3-5.取引は完全に自動化

最近では、非常にたくさんのシステムが存在します。
パソコンを遠隔で操作するというサポートをこのプロジェクトでも採用していますが、そういった一般人には想像できないような技術が、ともすれば無料で利用することもできるのです。

個人的にはグーグルの技術やサービスは非常にすごいと思っていて、今まではワードやエクセルは、たまにしか使わないのに、パソコンを買うときにはそのたまにのために数万円を上乗せしていたりしたのに、グーグルはそれを無料で提供しています。

gmailも無料ですし、アンケートフォームやサイトも無料で作ることができるという非常にすごいものです。

あらゆることがシステムを利用することでできるのではないかと思っています。

今回の取引でもそんなシステムを利用します。
今回のプロジェクトでは、全員を稼がせることを掲げています。

投資において100%稼ぐというのはあり得ないことだと思いますが、それは各個人が投資を行うから。

その投資の手順(いつ買っていつ売るのか)ということを完全に自動で行うことができれば、100%という数字も現実味を帯びます。

そのシステムは、田中保彦さん自身の取引口座と参加者の取引口座をリンクさせるというもの。

田中保彦さんが金を購入すれば同時に参加者の口座でも金が購入され、銀を売却されればそれも同時に行われる。

この一連の動作を完全に自動化するという非常にすごいシステムを作り上げたのです。
というのも田中保彦さんは、現在ご自身の会社でWEBマーケティングやシステム開発といった事業に取り組んでおり、IT関連にも非常に多くの知識を持たれています。

4.金と銀プロジェクトの成功率は?結局参加しない方がいい?

さて、今回のプロジェクトの成功率はどのくらいなのでしょうか?

宣言としては、100%稼ぐことができるものになっています。
さらに、月利20%保証や毎日最低1万円の利益ということが掲げられています。

これだけ大手を振って宣言したにも関わらず、成功できなかった場合にはそれは参加者の責任ではないでしょう。

作業を自動化することで、本人のするべき作業は取引口座の開設のみ。
ということは、この口座を開設することさえできれば、その先に参加者の能力や実力と結果には何の関係もないということです。

その上で、現在被害報告が上がっていないということは、再現率100%は信用してもよい数字ではないでしょうか?

もしも詐欺だった時に怖いから・・・
といって参加をしないという選択肢もあると思います。

人間誰だって損をするのは嫌ですし、インターネットビジネスというのは非常に詐欺の多い業界という認知もあるでしょう。

しかし、それでもなおあなたはこのプロジェクトに興味がある。
興味が無かったらそもそも検索してこのページを見ていませんからね。

それは、このオファーに魅力を感じているからではありませんか?

可能性は感じるし、情報提供者である田中保彦さんも信用できそうだ。
しかし、投資というのは初めてだし、ほとんどの人が失敗するのが投資の常識である。

となると、自分は今参加するべきなのか・・・?
このように悩んでいるのではありませんか?

これだけのことを保証しており、さらには被害報告も上がっていないこのプロジェクトは、参加の価値があると個人的にも思います。

そのため、もしも不安なのであれば、田中保彦さんという人間、田中保彦さんのやっている会社の業績や業務内容(因みに田中保彦さんの会社は株式会社アドマーケティングという名前です。)、さらには今回インタビュアーの藤沢涼さんについてもその実績などを調べてみてはいかがでしょうか?

本物の実力がある方が仕掛けるオファーなのであれば、あなたの人生を変えてくれる可能性は十分にあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です