佐藤健一のセミナーを探れ!どんなビジネスを展開しているのか?

斬新なビジネスモデルを使い多くの方を成功へと導いてきた起業家の佐藤健一氏、また彼自身も簡単に年収億を稼ぐ大物起業家であります。今回は、そんな佐藤健一氏のセミナー情報を調べてみました。

これだけの大物起業家で多くの方を稼がせるノウハウを持っている方ですから、佐藤健一氏のセミナーを聞きたいと願い人も多いはずです。そういった方は、ぜひこの記事を参考にしてくださいね。

佐藤健一はどんなビジネスをしている人?

佐藤健一氏が実際に行なっていて、多くの方に伝えたビジネスモデルといえば「究極の割引ビジネス」です。これは、ある案内をするだけで、大企業から毎日1万円が貰えて月収30万は稼げるという画期的なビジネスとなっています。

このビジネスで輩出した成功者は300人以上であり、その成功者の方ほとんどが最低でも30万の利益を手にしているようです。最低が30万円ということで、やればやるだけ稼げるということです。

30万円というのはあくまでも目安であり、週末にしか働けない副業としてこのビジネスをやる人を対象にして考えられているようです。現に佐藤健一氏は年収が億であり、他の事業にも手を出しているとはいえ、この究極の割引ビジネスで得ている利益は相当なものなのでしょう。

このビジネスモデルのからくりはソフトバンクの代理店となり稼いでいくという、代理店ビジネスなのです。ネットビジネスと思いきや、実はリアルビジネスだったんですね。

しかし、自分の本名や姿を現さなくてもできるものであり、電話をして顧客に案内をしてくだけでお金を稼ぐことができてしまうのです。無駄な知識もスキルもいらず、誰にでもできるので人気が出たのでしょう。

佐藤健一のセミナー一覧

佐藤健一氏のこのビジネスですが、現在はすでに販売中止になっているようです。正直実践者が増えると、取り分が少なからず減ってしまうはずなので、急遽中止にしたのかもしれませんね。

この商材を販売している期間は、積極的にセミナーなどの開催もあったようですが、現在ではセミナーなどの情報は全くありません。佐藤健一氏もどこにいるのか、公には全く姿を現さないので、何をしているのかもわかりません。

SNSなどの情報網があれば良いのですが、彼はブログもフェイスブックもやっていないようなので、詳細は不明ですね。

佐藤健一のセミナーで学べることは?

佐藤健一氏がセミナーを開催していた頃は、この究極の割引ビジネスの詳しいノウハウを学べたことでしょう。今でこそセミナーは行われていないので何ともいえませんが、セミナーに参加した方たちは今もこのノウハウを使って稼いでいるのでしょう。

しかし、何より佐藤健一氏の情報がネット上でくまなく調べても一切出てこないのが現状です。この佐藤健一氏が考案したビジネスモデルは、100人中誰でもできるというノウハウではありません。

人とのコミュニケーション能力が極端に低い人には無理なビジネスであり、そういった人がこの商材を悪徳呼ばわりして評判を下げた可能性もあります。そういった誹謗中傷によって佐藤健一氏は一時的に身を隠しているのかもしれませんね。

佐藤健一のセミナーにはどんな人が参加しているの?

佐藤健一氏のセミナーには、彼のことを尊敬したりこの究極の割引ビジネスをとことん極めたい人が参加していたのでしょう。このビジネスで月収30万円を稼ぐことは簡単なことのようです。

最低ラインが30万円であり、ほとんどの方はそこまで到達するのにそこまでの労力をかけないようですが、この収入をさらに増やし最終ステージである月収300万円にするのには、それなりの労力と正しい方法があるようですね。

そういった、月収30万円で満足することなく、もっと上のステージを目指している人たちが佐藤健一氏のセミナーに参加していたようです。

佐藤健一のセミナーに参加する価値はある?

セミナーへ参加することによって得られる価値というのは、それぞれ個人で考え方も違うので変わってきます。しかし、ネットで本気で稼ぎたい、副業で収入を増やしたいと考える人にとって佐藤健一氏セミナーは有益な情報であり、希望を持てる内容になっているのは間違いありません。

特にお金に執着することなく、楽しんで暮らせてれば良いという方には佐藤健一氏のセミナーはあまり価値はないかもしれません。しかし、どうにかしてでも今に収入を増やしたいと考える方からすれば、佐藤健一氏のセミナーは非常に価値のあるものになるかもしれません。

まとめ

現在ではネットビジネス業界から忽然と姿を消してしまった佐藤健一氏、どこで何をしているのでしょうか?きっと今彼がセミナーを開催すれば佐藤健一氏を尊敬する方が大勢集まることでしょう。

これから先いつ彼がセミナーを開催するかもわかりません。細目にチェックをしながら佐藤健一氏の復活を待ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です