仮想通貨の相場が知りたい!チャートの見方も徹底解説



2018年も引き続き相場の好調が予想される仮想通貨ですが、値動きが激しいといわれているのも事実です。ということで今回は、仮想通貨の相場やチャートの見方、オススメの仮想通貨などについて詳しく解説していきます。

1. 仮想通貨の相場は今後どうなる?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨の認知度が急激に高まり、仮想通貨に興味を持つ人も格段に増えてきました。それでは、今後の仮想通貨の相場について考察していくことにしましょう。

1-1 仮想通貨の最高値が次々に更新された2017年12月

仮想通貨市場の時価総額が右肩上がりに伸びていったのが2017年12月、11月1日時点と比べると最高で3.5倍にも跳ね上がりました。また、それぞれの仮想通貨も次々に最高値を更新していきました。

BTC(ビットコイン)は200万円を突破、一時は240万円になりました。ETH(イーサリアム)は10万円を超え、BCH(ビットコインキャッシュ)は一時期50万円に差し掛かりました。特に日本でビットコインの価格が200万円を超えた直後あたりから、仮想通貨に興味を持つ人々が急増したようです。

仮想通貨取引所のCoinchec(コインチェック)社がテレビCMに出川哲郎さんを起用したこと、お笑い芸人が仮想通貨取引所であるZaif(ザイフ)や仮想通貨XEM(ゼム)に言及したことも市場に影響を与えたのかもしれません。

1-2 2018年の仮想通貨はどうなる?相場の動きが気になる

日本はもちろん、世界中の各国で仮想通貨に関する注目度がますますアップしていくことが予想されることから、今後も仮想通貨ユーザーの大量流入があると考えてよいでしょう。すると、今後も仮想通貨市場の時価総額も増え続けていくと思われます。

ただ、ビットコインの価格がこのまま右肩上がりに上昇し続けるかどうかは不明瞭です。政治の問題、基軸通貨の問題、様々なマイナートラブルを抱えていることを考え合わせると、どこかのタイミングで大きく値を下げることも一度や二度ではないと想定されます。

とはいえ、問題を着実にクリアにしていくことができれば、仮想通貨の認知度は2017年よりもさらに高まり、需要も増えて価格も上がっていくでしょう。

2. 仮想通貨の相場・チャートの見方を学ぼう

仮想通貨は一般的な株式取引やFXのようにレートが値動きします。この値動きを視覚化したものを「チャート」といいます。横軸が「時間」、縦軸が「価格」を表し、過去から現在に至るまでの仮想通貨の相場がひと目で分かるようになっています。

2-1 チャートは将来のビットコインの価値を約束するものではない

チャートの情報は将来の相場のありようを示す絶対的な指標ではありませんが、チャートの見方をマスターすれば、レートを読み解き直近の仮想通貨の値上がり・値下がりをある程度予測することができるようになります。ですから、仮想通貨で儲けを得たいと考えている人はまず、チャートの見方を習得することがその第一歩になります。

2-2 仮想通貨・ビットコインのチャートについて知る

仮想通貨には値動きがあると説明しました。その値動きは需要と供給の変化によって価値が決まってきます。もちろんビットコインも、世の中に登場してから現在まで、大きくレートを変動させてきました。

数か月単位の短いスパンで見ると値上がり・値下がりを繰り返してきたようにも考えられますが、年単位の長いスパンで見るとゆるやかに上昇を続けていることがよく分かります。

2-3 ビットコインの買い時と売り時を見極める

ビットコインのトレードで儲けを得ようと考えている場合にいちばん気をつけなければいけないことは「ビットコインを売買するタイミングを見極めること」です。まずは、基本的な売買のタイミングをおさえておきましょう。

・ビットコインを買うタイミング:チャートが右肩上がりの傾向にあるとき
・ビットコインを売るタイミング:チャートが右肩下がりの傾向にあるとき

「チャートが右肩下がりの傾向にあるときに動くと損をするのでは?」と考える人は多いかもしれません。しかし、チャート特有のクセを理解し、売買タイミングを間違えなければ、大きく損をすることはないでしょう。

2-4 チャートが右肩下がりの傾向でも利益を出せる理由

仮に1BTC(ビットコイン)が20万円のときにビットコインを購入、その1週間後に買い増しをするかどうか迷っていたとします。この場合、1週間経過後に1BTCが21万円になった時点で1BTCを売却すれば1万円の利益を得られます。

または売却時の価格が1BTC=20万円、1週間後に19万円になった時には、19万円になった時に買い戻すことで1万円の利益を得ることができます。しかし、1BTCが20万円以下のタイミングで売却をすると損失が出てしまいます。

3. 初心者にもオススメの仮想通貨を紹介!

仮想通貨といえばビットコイン、そんなイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、仮想通貨にはビットコイン以外にも1000種類を超える「アルトコイン」といわれる仮想通貨が存在しています。アルトコインは日本語で「代替えコイン」の意味であり、ビットコインを除くすべての仮想通貨の総称です。では、今おすすめの仮想通貨を見ていくことにしましょう。

3-1 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインが抱えていたシステムの拡張性に関するトラブルを解決するために生み出された仮想通貨です。格安な手数料と安定した送金を可能にし、「ビットコインを超えた」「ビットコインキャッシュが本当のビットコイン」と大絶賛されています。

3-2 イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、ビットコインに次いで時価総額の大きな仮想通貨です。2017年だけでも価格・相場の高騰はすさまじく、1,000円から90,000円(約90倍)になるなど、今後も目が離せない仮想通貨のひとつです。

3-3 ライトコイン(LTC)

ライトコインは、「第2のビットコイン」という呼び名を持った仮想通貨で、ビットコインが暴落した際にも唯一、価格を高騰させ続けました。時価総額は現在5位ですが、2015年からその価格を約70倍にまで引き上げています。

3-4 ネム(NEM/XEM)

ネムは2017年に1XEMが0.2円から100円になるなど、その価格を200倍以上に跳ね上げたことでも大きく話題になりました。時価総額は現在6位、開発者のひとりが日本人であることなどから、日本国内でも人気を集めています。

4. まとめ

ここまで、仮想通貨の相場やチャートの見方、おすすめの仮想通貨などについて詳しくご紹介してきました。深掘りすればするほど、その奥深さに魅了されることが多いといわれる仮想通貨、まずは小額からトライしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です