話題の仮想通貨の将来性!?世の中に浸透していく可能性を考察



近頃、何かと話題になっているもののひとつに仮想通貨があります。インターネットの普及に伴いお金と同様にインターネット上でのみ電子決済が可能となる仮想通貨が次々と登場しています。身近なものでいえば電子マネーなども似たような類ですね。

今回は、そんな新しい時代に颯爽と登場した仮想通貨の将来性や可能性について追及していこうと思います。最後までお付き合いください。

様々な仮想通貨の将来性

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

さて、現在登場している仮想通貨ですが、その数はというと実に1000種類以上存在しています。その中でも特に注目されているのがビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ネム、ビットコインキャッシュなどです。

上記にあげた6つはとても有名ですが、ビットコイン以外は過去1~2年の間に価格を40倍程度まで高騰させています。仮想通貨は価格が通常のお金と違い現在変動しやすいので株などと同じように将来的に高騰するであろう仮想通貨を購入すれば価値が膨れ上がって儲かってしまうといった可能性があるわけです。

また、当然仮想通貨は今後、使用できる場所は増えていくでしょう。現在の利用方法としては他人への送金であったり、決済、プリペイドカードなどにチャージしてお買い物をするなど様々なシーンで活躍します。私たちの生活の中で現金を持たない生活や、お店そのものが今後、無人化していく可能性も考えれば電子決済の成長と共に仮想通貨はなくてはならないものになるでしょう。

多くの仮想通貨は2018年現在は成長途上にあるので、暴落するといった可能性もゼロではありませんが、仮想通貨そのものの動きを見ていると今後はよりいっそう私たちの生活に浸透していくものだと見受けられます。仮想通貨の将来が楽しみですね。

ビットコインの将来性

ビットコインは世界で最も有名な仮想通貨です。2010年からすれば価格は何と驚異の250万倍となっています。ビットコインの最も良いところは中央集権制を含んでいないことにあります。わかりやすくいうならば特定の企業や国が運営しているというわけではないということです。

リアルマネーは日本であれば国がお金を管理しています。日本でいうなれば日本円です。もし、戦争などによって国に何らかの影響があればたちまち価値は下がります。最悪の場合は無価値になってしまうなんてことも考えられます。ビットコインは国や組織に依存しないためそういったリスクはありません。

世の中の流れが電子決済となっていくこともあり、ビットコインはかなりの将来性があると考えられます。アメリカや中国などの大きな国は既にビットコインを国家規模で増やそうとするようなプロジェクトを打ち出しているという情報すらあります。

このビットコインを増やす(発掘)というノウハウには色々とあるのですが、実はマイニングというきちんとした増やす方法があります。増やすというか新たに発掘するといった感じですね。この方法を既に中国やアメリカは国家規模でしているとのうわさがあるのです。

お分かりの通り国家規模で大国が動くほどのプロジェクトに将来性が無いとは言えませんね。ビットコインに国家規模で投資をする大国があるということは、今後ともビットコインは成長していくとみるのが自然です。この先の行く末が楽しみです。

ちなみに伸びしろという意味でもビットコインは完成形というわけではありません。日々進化し続けているというのが現実です。インフラが整っていないため、例えば近年の取り組みとしては衛星を打ち上げて地球規模でビットコインのやりとりを管理するという計画があります。

確か名前がブロックストリーム・サテライト計画というらしいですが、もう既に地球の66%以上をカバーしているそうです。これが無事稼働することによってインターネットの繋がらないエリアなどでもビットコインのやり取りをすることが可能になります。

つまりは、現状は一部の先進国の人間だけがビットコインを利用していますが、発展途上国の人たちも持ったり使用したりすることが可能になるようです。こうして利用者が増えればビットコインそのものの価値もあがっていくので将来性があると言えるのです。

最新 将来性のある仮想通貨

2018年1月現在注目したい仮想通貨の中にはビットコインキャッシュがあります。ビットコインと名前が似ているのでどう違うかと疑問に思う方もいるかとは思いますが、それもそのはずビットコインから分裂して出来たのがビットコインキャッシュです。

このビットコインキャッシュはビットコインの8倍のブロックサイズを誇ることでも有名です。このブロックサイズというのは例えば1秒間にどれだけの取引をできるかなどといった目安になっています。ということはビットコインと比べればビットコインキャッシュは優秀だという事です。

利用者が増えれば、当然処理は遅くなってしまいますし、遅くなれば人離れもあることでしょう。多くの送金問題を解決へと導くのが、このビットコインキャッシュなんですね。ですので2018年はこのビットコインキャッシュが浸透するのではないかと噂されています。

ただ、日本国内限定で見れば人気があり、浸透していくとみられるのがネムという仮想通貨です。開発者の一人が日本人ということもあり、国内で今、爆発的に人気があがっています。日本人の方は今、ネムを購入しておくと良いことがあるかもしれません。

まとめ

テレビなどのニュースなどでも取り上げられているということでビットコインなどの仮想通貨はよりいっそう多くの人々に注目されています。近い将来はもしかすると本当に現金を必要としない世界が待っているのかもしれません。

そんな中で時代の変化と共に仮想通貨の持つ、将来性や生活に浸透していく可能性は高くなっていくものだと考えられます。こうした時代の流れの変化に気づいたものだけが多くの富を得るというのは世の常です。

皆さんも仮想通貨などに興味があれば、仮想通貨の取引所なども数多く存在しているのでよく調べた上で保持してみるのも良いのではないかと思います。最後まで読んでくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です