仮想通貨と暗号通貨の違い、特徴を知って投資脳を育てませんか!?



投資をする人も増えてきましたが、仮想通貨や暗号通貨を使った取引は一般化になりつつあります。

しかし、この2つの言葉の違いを知らない方もいるはず!今回は、仮想通貨と暗号通貨は何が違うか見てみましょう!

仮想通貨 暗号通貨の違い

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨と暗号通貨は違う単語ではありますが、ほぼ同じ意味だということをご存知でしょうか。仮想通貨は、日本人向け。暗号通貨は英語を訳した言葉です(一般的には仮想通貨の方が知れ渡っているため、以降仮想通貨に統一し説明します)。

仮想通貨(=暗号通貨)ってなに?

仮想通貨実際のイメージは湧くけど、どのような通貨を指すかご存知でない方も多いでしょう。そこで、一緒に仮想通貨が何物なのか見てみたいと思います。今後の経済において、重要なポイントにもなるので理解していただけると幸いです。

仮想通貨は代替通貨のうちの一つ

仮想通貨は、代替通貨のひとつです。分かりやすく言うと「円」など、國で発行している以外の通貨を指します。電子マネーも代替通貨の一つなので、仮想通貨はネットワーク上に存在するお金ということです。

仮想通貨は、買い物で使うことも可能

仮想通貨があれば、現金不所持で買い物可能です(使える箇所は少ないですが、今後増えます)。最近では大型家電店で、仮想通貨の決済システム導入が発表されました。また、企業でも仮想通貨に関する研究を行っているので、世界中で広がることが濃厚です。

つまり、仮想通貨は今後の生活の中で、一般化する可能性が高いということです。現在は、一部店舗でしか仮想通貨は使用できませんが、今後は使用できる店舗がさらに増えることが予想されるので、小銭不要となるでしょう。

仮想通貨が話題になったのはいつ頃?

仮想通貨自体は、数年前から存在していました。しかし、日本でブームになったのは、2016年前後だと思われます。全国的にビットコインが広まっていますが、仮想通貨は600種類前後あります。

この銘柄の価値が、中国で購入者が続出した後に、日本でもマネして購入する人が増えました。購入者のなかには、数十万円で購入したものが数億円になっていた!なんてことも起こっているのです。

数年前に、FXのコマーシャルが一時期流行ったように、今後は仮想通貨のコマーシャルがたくさん放映されるでしょう。

仮想通貨を手に入れるには、どうすれば良いの?

一般的な方法は、取引所での口座を開くことです。 口座開設はとても簡単で、取引所のホームページ内で、個人情報記入、本人確認書類の画像添付を行うだけです(本人確認書類は、読み取りが悪いと再貼付になるので要注意)。

1~2週間でハガキが届き、口座開設完了となります。無料で口座を開けるので、複数の口座を持つことも可能です。なお、取引所を選ぶときには、以下の内容に注意した方が良いでしょう。

手数料の金額

ビットコインを売買するときは手数料が発生します。ただ、手数料の金額は取引所によって違います。単発取引であれば、影響は少ないですが、何度もトレードを行う人にとっては痛手です。儲かっても、手数料が原因でマイナスになることもあります。 また、 手数料の他にも税金で持って行かれるので、安い手数料の口座開設をたくさんした方が良いでしょう。

安全性

仮想通貨は、先程話した通りインターネット上に存在する通貨です。つまり、ハッカーをされるとあなたの仮想通貨はなくなってしまいます。確率的には相当低いですが、実際に起こった例もあるのでそこは見極めないといけません。

多数の取引所では対策をしていますが、 万が一のこともあるため、資産が満額保証される取引所を選びましょう。

扱い銘柄の種類

仮想通貨の銘柄によって、値上がりするものもあれば値崩れを起こす銘柄もあります。損失をなるべく抑えるには「分散投資」が基本です。分散投資とは、いろいろな銘柄に投資するスタイルを指します。例えば、50万円を1つの銘柄にしか投資していない場合、値下がりすると莫大な損失をくらいます。

しかし、10種類の銘柄に5万円ずつ投資すれば、プラスになる銘柄を当てられる確率も上がり、損失を抑えられる確率も高くなるのでおすすめです。また、投資する銘柄を選ぶときは、本命・大穴など、銘柄をいくつかのタイプに分けて投資すると楽しいかもしれません。とくに、仮想通貨投資に自信がない方は、損失を増やさないためにやってみてください!

仮想通貨っていくらからできるの?

仮想通貨の売買は、1円単位で可能なので、莫大な資金を持ってない方でも安心して仮想通貨取引ができます。

ただし、売買をする際は手数料がかかるため、まとまった金額で取引をした方が良いでしょう。

まとめ

仮想通貨取引は、今後も世界中で爆発的な人気を誇る可能性が非常に高く私たちの身近になっていくでしょう。現在は、仮想通貨の価値が上がり過ぎて、手が出ないと思ってる方も多いと思います。

しかし、銘柄によってレートは違うため、なかにはオトク品が混ざっていることも。余剰資金がある方は、仮想通貨取引をしてみてはどうでしょうか?

※本記事の内容などは1月現在のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です