仮想通貨に消費税はかかる?知っておかなければ損する税金の話


「仮想通貨には、消費税はかかるの?」

そう不安になっている方は、いませんか?

仮想通貨でいくら儲けてもそこに税金がかかったら、
意味がなくなってしまうなんてこともあります。

また税金が課税される仕組みを理解していないと大きな損失になることもあります。

ここでは、

  • 仮想通貨には消費税がかかる?
  • 仮想通貨には税金がかからないということではない
  • 仮想通貨で課税されるタイミングとは

について解説していきたいと思います。

仮想通貨の税金について覚えなければいけないことはそこまで多くありません。

では、具体的に見ていきましょう。

仮想通貨には消費税がかかる?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨は、

  • 2017年7月以前
  • 2017年7月以降

で消費税の課税の仕方が変わります。

2017年7月以前には、仮想通貨には消費税がかかっていました。

そのため、仮想通貨を買い物などに利用する場合には、

  • 仮想通貨を購入するときに8%
  • 商品を購入するときに8%

と二重に課税される仕組みになっていました。

そのため「通貨」としては非常に使いにくい状態になっていました。

ヨーロッパやアメリカでは、消費税としては免除されている国がほとんどであり、
支払いに使われるケースが増えてきていました。

そうした流れを受けて、日本でも仮想通貨は、
2017年7月1日より、「支払い手段」として認められることになり、
消費税は非課税となりました。

株券などの「有価証券」と同じ扱いとして認められるようになりました。

ですが、それは仮想通貨には税金がかからないという意味では残念ながらありません。

では、どういったときにかかるのか次で詳しく見ていきましょう。

仮想通貨には税金がかからないということではない

仮想通貨には、消費税はかかりません。

ですが、それは仮想通貨には税金がかからないという意味ではありません。

ここでは、

  • 仮想通貨で税金がかからないもの
  • 仮想通貨で税金がかかるもの

について見ていきたいと思います。

仮想通貨で税金がかからないもの

仮想通貨では消費税がかかりません。

ですので、

  • 法定通貨(日本円など)で仮想通貨に入金する
  • 仮想通貨で、資産の譲渡を行う

場合には、課税対象には、なりません。

ここまで見ると、
では何に対して課税されるのかと疑問になる人もいるかもしれません。

では、次に仮想通貨で税金がかかる場合について見ていきましょう。

仮想通貨で税金がかかるもの

仮想通貨で税金がかかる場合は、仮想通貨で利益が出た場合です。

つまり、仮想通貨に投資をして、それが値上がりしたことで得られる利益には、
課税対象となります。

仮想通貨で税金対策できることはある

ここでは、仮想通貨にかかる税金について

  • 仮想通貨の消費税で特に対策することはない。
  • 税金は、正直に申告すること

という流れで説明していきます。

仮想通貨の消費税で特に対策することはない。

仮想通貨には消費税が課税されません。

また消費税に関してのみで言えば、特に取引の仕方で損をしたり、
得をすることも特にありません。

ですので、消費税に関しては、特に気にすることはありません。

税金は、正直に申告すること

仮想通貨の取引で利益を出した場合は、基本的に確定申告が必要になります。

また、確定申告を行わなければ、脱税の対象となることもあります。

さらに仮想通貨は、全ての取引の記録が残る、という特徴があるため、

最終的に隠し通せる確率は限りなく低いと言えます。

ですので、仮想通貨で利益を得た場合には、必ず確定申告をしましょう。

仮想通貨では、取引の数が多ければ多いほど、
課税対象になる金額が増えることになるため、
むやみに取引を行わないことが大切です。

では、仮想通貨で課税されるタイミングはいつなのでしょうか。

仮想通貨で課税されるタイミングとは

ここでは、仮想通貨で課税されるタイミングについて、

  • 仮想通貨でされるのは利確したとき
  • 仮想通貨の取引は長期保有がおすすめ

という流れで解説したいと思います。

仮想通貨でされるのは利確したとき

仮想通貨で課税されるのは利確したタイミングです。

大まかにいうと、

  • 仮想通貨を日本円などの法定通貨に換金したとき
  • 仮想通貨で何らかの商品を購入したとき
  • 仮想通貨同士の取引(ビットコインをアルトコイン交換するなど)を行ったとき

に課税対象になります。

またそれは、全ての取引ごとに課税対象となるため、注意が必要です。

仮想通貨の取引は長期保有がおすすめ

仮想通貨の取引でできる限り税金がかからないようにするなら、
長期保有がおすすめです。

仮想通貨を長期保有にすることで、
法定通貨に変えるなどしなければ、利確したことにはならないため、
仮想通貨の課税対象にはなりません。

仮想通貨の値動きを見て利益を出す方法はもちろんありますが、
その取引は全て課税対象となり、
利益を出したタイミングごとに課税されることになります。

ですので、税金をかけたくないのであれば、
仮想通貨の長期保有をしておくのが一番おすすめであると言えます。

まとめ

ここでは、仮想通貨にかかる税金について、

  • 仮想通貨には消費税がかかる?
  • 仮想通貨には税金がかからないということではない
  • 仮想通貨で課税されるタイミングとは

について説明してきました。

これで、仮想通貨で課税されるタイミングについて
大まかにお分かりいただけたかと思います。

仮想通貨にかかる税金の仕組みを正しく理解して
むやみに取引を行うのは避けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です