仮想通貨zecって何?どこで購入できるの?



仮想通貨と言えば、ビットコインを
思い浮かべる人がほとんどでしょう。
確かにビットコイン以外の仮想通貨は
ひっくるめてアルトコインと言われるくらい、
仮想通貨のなかでもビットコインは別格だと言えます。
ただ、最近はアルトコインの1つである
イーサリアムやリップル、zecなども
最近取引されつつあります。

ただ、ビットコインと比べてzecの認知度は低く、
安全な仮想通貨なのか不安に思う人もまだまだいます。
今回はzecについてご紹介します。

1. 仮想通貨 zecとは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨zecとはどのようなものなのでしょうか。

1-1. zecについて

zecはZcashとも良い、大手銀行であるJPモルガンと
提携したことで話題になった仮想通貨です。
Zecの特徴は「ゼロ知識証明」と言われている
匿名性の高い機能を持っており、取引をするときに
情報を公開することなく、やり取りができます。
このシステムはイーサリアムでも用いられており、
技術を使うためにZcashと提携しているのです。

1-2. JPモルガンとの提携で一気に価格が急騰

Zecは2016年10月にリリースされた比較的新しい仮想通貨で、
リリースされた当初は価格が急上昇したものの、
その後は価格が下がり続け低迷していました。
2017年3月から価格が上昇し始め、
さらにJPモルガンと提携すると、一気に価格が上昇していきました。

1-3. ビットコインとzecの違い

Zecは先述した通り、匿名性の高い仮想通貨で、
資産のやり取りを他の人に明かすことなく行うことができます。
ビットコインでは送金処理の正当性を証明するために、
誰が誰にいくら送金したのかを第三者に明かす必要がありました。
反対にzecは第三者に誰と取引したかや送金した額を明かすことなく、
送金処理の正当性を証明することができるのです。
正当性を証明するものとして、ゼロ知識証明が使われているのです。

ビットコインでも匿名性と信頼性が高い
ブロックチェーンを採用していますが、
仮名で取引を追跡することができるため、
完全に匿名で行えるわけでは無いのです。

Zecは取引を追跡することができないため、
匿名性が非常に高い仮想通貨です。
つまり、完全非公開かそうでないかというところが
ビットコインとzecの違いだと言えるでしょう。

ちなみにモネロやPIVXなどzecに似た通貨があるのですが、
これらは一部非公開で、プライベートキーを持っている人は
取引情報を見ることができるため、こちらも完全非公開というわけではありません。

2. zecの購入方法は?

zecはビットコインと比べてマイナーなため、
どこで購入できるのかわからないという人も多いでしょう。
ここでは、zecを購入することができる場所をご紹介します。

2-1. zecはコインチェックで買える

zecを購入することができるのは現在、
国内では“コインチェック(Coincheck)”のみです。
コインチェックと言えば、タレントの出川哲郎さんがCMをやっているので、
名前を知っている方も多いのではないでしょうか。

コインチェックではzecの他にビットコインやイーサリアム、リップルなど
世界的にも有名な仮想通貨を数多く取り揃えているのが特徴で、
国内にある取引所の中で最も仮想通貨の数が多いです。

コインチェックではzecを日本円かビットコインで購入することができます。
左のメニューにある「コインを買う」をクリックすると、
ビットコインなど多くの仮想通貨が出てきます。
その中にZcashと書かれた仮想通貨があります。
それがzecになりますので、購入したい数を選んで
日本円かビットコインで購入しましょう。

2-2. 金融庁から認可されていない取引所での購入に注意

仮想通貨取引所は通常、金融庁からの認可が必要になります。
現在金融庁から認可されている取引所は15社で、
どの取引所が認可されているのかは金融庁のホームページで
確認することができます。

もちろんコインチェックも金融庁から認可されている業者で、安全ですし、
今のところzecはコインチェックでしか購入することができないのですが、
認可を受けていないのに仮想通貨を販売している業者があるため、
注意しましょう。

例えば、個人でやっているものとか、
取引所で購入できるのにも関わらず、代理店として販売しているなど、
認可を受けていない業者は詐欺である可能性も高いため、
必ずzecを購入する場合はコインチェックか、
今後新しく取り扱いを始めた認可の業者があれば、
そこで購入するようにしましょう。

3. zecは今後売れていくのか?

zecは今後どうなっていくのでしょうか?
zecを購入するにあたって気になるのが価格が上昇していくかどうかでしょう。
ここでは将来性について考察していきます。

3-1. 今後も期待大!

zecはその匿名性の高い技術がたびたび注目されてきました。
2017年5月にはJPモルガンがその技術に注目して、
zecと提携を結ぶほどなので、その技術はものすごいものだと言えます。
JPモルガンとの提携を発表すると、価格が急騰し、
現在は安定しつつありますが、それでも提携前と比べて高値だと言えます。

zecは高い匿名性は大きな長所であり、規制が入らなければ、
需要はどんどん高まっていくでしょう。
匿名性が高いため、足が付きにくいという点は大きな評価に値するため、
zecで取引する人は今後も増えていくでしょう。

3-2. 規制させる可能性は?

匿名性の高い取引は違法取りきやマネーロンダリングなどで用いられています。
つまり匿名性の高い仮想通貨が今後違法取引に
用いられる可能性があると言う事です。
そのため、今後世界各地で規制される可能性がゼロとは言えないのです。
規制内容によってはzecのような匿名性の高い仮想通貨の価値が
暴落してしまいかねないのです。
もちろん規制される可能性はそこまで高くはありませんが、
規制される可能性があるということだけは胸に留めておいたほうがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
zecの匿名性の高い技術は称賛に価するもので、多くの人が注目しています。
またJPモルガンとの提携が追い風となって価値が上がりつつありますので、
今のうちに購入するのも手だと言えます。
ただ、匿名性の高い仮想通貨ほど、違法取引に使われかねないため、
今後どうなるかもう少し動向は見ておいたほうがいいかもしれませんね。

zecで取引を行いたい場合はまずは短期的な取引にして、
慣れてきてから長期的に取引を行っていきましょう。
初心者の人ほど大失敗してしまいますので、
大損にならないように慎重に行ったほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です