仮想通貨の価格はどのようにして決められるのか?



最も有名な仮想通貨「ビットコイン」の価格は
2017年に約10倍にまで跳ね上がりました。
1ビットコインが100万円を超えるなど、
その価格の高騰ぶりが大きな話題になったことも
記憶に新しいでしょう。
ということで今回は、
貨幣や紙幣といった実体のない「仮想通貨」の
価格はどのように決まっていくのか、
詳しく解説していきたいと思います。

1. 仮想通貨の価格はどのようにして決められるのか?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

「仮想通貨は目に見えないから所有している実感がない」
「儲けられるというが、どうも信じられない」
といわれる理由のひとつに、
仮想通貨に「もの」としての実体がないことがあげられるでしょう。
では、実体のない仮想通貨の価格はどのようにして決められているのか、
見ていくことにしましょう。

1-1 価格の上昇や暴落といった値動きが激しい仮想通貨

日本円や米ドルのように
硬貨や紙幣といった「かたち」を一切持たない仮想通貨、
目をみはるほど価格が急激に上昇したり、
突然暴落したり、大きく変動します。

仮想通貨の代表格であるビットコインは
この4年のあいだに価格が50倍になり、
その他の仮想通貨についても同様に価格が上昇し続けています。

そうかと思えば、数日のあいだに20%を超えて価格が下降することもありました。
この価格変更により大きな損害を出した人も多かったでしょう。

このように日々価格を激しく上下させている仮想通貨ですが、
いったい仮想通貨の価格はどのようにして決められているのでしょうか。

1-2 仮想通貨の価格決定において重要になるポイント

仮想通貨の価格決定について論じていくうえで重要になってくるのは、
その仮想通貨に「どれだけの需要があり」「どれだけ供給できるのか」
というバランスを考えることです。

株式やFXなどと同じように、
仮想通貨も「取引所」を通じて売買が行われます。
さらに、
「手堅く儲けていこう」
「一発逆転を狙うぞ」
「まずは様子見だな」
といった人々の思いが重なり合い、仮想通貨の価格を動かしています。

ある仮想通貨に期待・投資しようと思う人が増えれば増えるほど
需要が大きくなるため価格は上がります。
もちろん、「いまは買い時ではない」と判断する人が増えれば
価格は下がっていきます。

1-3 仮想通貨の「価格と儲け」の関係

「仮想通貨で資産を倍以上に増やすことに成功した!」
という声を聞いたことがあるでしょう。
なぜ仮想通貨で資産を増やすことができるのかというと、
持っている仮想通貨を購入した時よりも値が上がった時に
売却することによって生まれる差益で「儲けられる」という仕組みです。

ですから当然、仮想通貨の価格の上がり方が大きくなればなるほど、
得られる利益の大きさは莫大なものになっていきます。

現時点では価格はそこまで高くないけれど、今後高値になると予想される、
将来性のある仮想通貨の価格は徐々に上がっていく傾向にあります。

1-4 価格の決定打は「どれだけたくさんの人が知っているか?」

「どれだけたくさんの人が知っているか?」という点も、
仮想通貨の価格決定に大きな影響を及ぼします。
代表的なところでいえば、「ビットコイン」は
今では知らない人の方が少ないのではないでしょうか。

ビットコインはテレビやインターネット、SNSなど数多くのメディアによって
宣伝されたおかげで「自分も所有したい!」という人々が激増、
価格の上昇につながりました。

1-5 信頼によって成り立っている仮想通貨の価格

驚くべきことでありますが、
仮想通貨には「管理する」会社のようなものがありません。
銀行のようにお金を管理してくれる場所が存在しないのです。
ということは、仮想通貨そのものが人々から
「信頼性」を勝ち取る必要があるのです。

では、仮想通貨の信頼性が維持される理由はどこにあるのでしょうか。
それは、実際に仮想通貨に投資することを決めた人々が、
「使用するシステムや価値を信じる」と決定したからに他なりません。

ですから、「今後価値が上がるだろう」「急激に値が下がることはないだろう」
と予想される仮想通貨は高値で取引されます。
また、「価値が上昇する可能性が低い」
と想定される仮想通貨は売却されていきます。

2. 仮想通貨の価格変動を表す「チャート」について知ろう

仮想通貨は価格が常に変動しています。株式取引やFXと同様です。
この価格の変動を図で表したものが「チャート」です。
では、仮想通貨で利益を得るために必要なチャートについて解説していきましょう。

2-1 チャートの基本的な見方をマスターする

まず、チャートの基本的な見方について説明しておきましょう。
折れ線グラフのように見えるチャートですが、
横軸が「時間」、縦軸が「価格」を表しています。
過去から現在に至るまで、
仮想通貨の値動きがどのように推移してきたか
ひと目で分かるようになっているのです。

2-2 チャートを読み解くことが有望な仮想通貨を見出すカギ

チャートは過去と現在の仮想通貨の相場を視覚的に表したものですが、
仮想通貨の将来性について示している物ではありません。
しかしチャートを読み解くことによって、
今後有望と思われる仮想通貨を見出していくことが可能になるのです。

3. チャートから見る仮想通貨の売り時と買い時

仮想通貨によって利益を得ようと考えた際に避けては通れないのが、
仮想通貨の過去と現在の値動きを示す「チャート」であると述べました。

では、チャートから見る仮想通貨の価格変動と、
見逃してはいけない仮想通貨の売り時と買い時について説明していきましょう。

3-1 チャートを長期的な視点で見る

ある特定の仮想通貨のチャートを年単位で見ていきましょう。
なぜ年単位の長期的な視点で見ていくのか、それには理由があります。

ビットコインを例に取ってみましょう。

2013年の4月から2017年の9月までのチャートを見てみます。
値動きを数ヶ月の単位でみると、
値上がり・値下がりを頻繁に繰り返しているように見えるかもしれません。
しかし、年単位の長期的な視点で見ると、
ゆるやかに上昇し続けていることがハッキリと分かるのです。

3-2 仮想通貨の売り時と買い時を見極める

価格が緩やかに上昇している=今後も高値になることが
予想される仮想通貨を見定めることができたら、
今度は仮想通貨の買い時と売り時について知る必要があります。

売買における最も基本的な考え方は以下のとおりです。

・仮想通貨を買って良い時:チャートが右肩上がりの上昇傾向にあるとき
・仮想通貨を売ったほうが良い時:チャートが右肩下がりの傾向にあるとき

最初は小額からはじめて、
徐々に仮想通貨の売買センスを磨いていくと良いでしょう。

4. まとめ

ここまで、急激に成長している仮想通貨の価格は
どのように決まっていくのか、
そして仮想通貨の価格変動を表すチャートの見方などについて
詳しくご紹介してきました。

まずは「慌てず焦らず小さな金額から」スタートして、
着実に儲けを積み上げていけるようになると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です