仮想通貨取引所での現物取引「指値、逆指値、成行」注文ってなに?

 

 

仮想通貨が誕生して間もない今だからこそ、仮想通貨は持っているだけで稼げる。こういった情報を耳にしたり、知人に勧められたりして仮想通貨を購入したという方は多いのではないでしょうか?

実際に購入したまでは良かったのですが、いざ仮想通貨取引について調べてみると、「現物取引、FX、指値、成行」など投資の専門用語ばかりで意味が全く分からいと不安になっている方もいるかと思います。

加えて、投資というと一般的にハイリスクなイメージがあり、本当に仮想通貨を購入して大丈夫なのだろうかと心配になったりしますよね。

そこで今回は仮想通貨取引していく上で最低限理解しておきたい専門用語について分かりやすく解説していきたいと思います。

1. 仮想通貨取引所の現物取引(現物売買)とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

実は日常で私たちが普通に行っている現物取引、そして恐らくあなたが仮想通貨取引所で行っているのであろう現物取引についてまずは説明していきます。

1-1 現物取引は単純に物を購入する取引

私たちがスーパーなどで買い物をする時、私たちは欲しい商品に対して現金を支払うと思います。そうすると現金は相手の物になって商品は私たちの物になりますが、実はこの一般的な取引を『現物取引』と言います。

つまり仮想通貨取引所において商品と言うのは仮想通貨そのものになり、私たちはお金を支払って仮想通貨を購入する場合、その取引を『現物取引』と表現するのです。

当然購入した仮想通貨は私たちの物になります。そんなの当たり前と思われるかもしれませんが、現物取引や信用取引という言葉を正しく理解するためには重要な事なのでしっかりと頭に入れておいてください。

2. 現物取引と信用取引(FX)の違い

それでは先に書いた現物取引をしっか理解したうえで、信用取引との違いについて詳しく見ていきましょう。

2-1 信用取引で購入した仮想通貨は自分の物ではない!?

現物取引で購入した仮想通貨は、自分のお金を払って購入したわけですから当然自分の所有物でした。

しかし信用取引というのは、分かりやすく言うと、第三者(取引所)からお金か仮想通貨のどちらかを借りて行う取引となります。

つまり、信用取引で購入した仮想通貨は借りたお金で購入しているので最終的にはお金に戻して返さなければいけませんし、借りた仮想通貨は売り注文とセットになっているのですぐさまお金に変わってしまうわけです。

2-2 信用取引で借りられる金額は?

私たちが信用取引をする際に取引所から借りられる金額と言うのは『証拠金』として私たちが支払った金額にレバレッジをかけた金額になります。

例えば5倍のレバレッジをかける事ができる取引所に証拠金として10万円預けたとすると、取引所は10万×5倍で50万円まで貸してくれます。

つまり私たちは10万円と言う資金で50万円の投資が出来るわけです。現物取引は10万円の資金であれば10万円分の仮想通貨しか購入することが出来ませんでしたが、信用取引では少ない資金でより大きな取引ができるのです。

2-3 つまり信用取引は借金して取引しているという事

ここまでで現物取引と信用取引の違いをまとめると、現物取引は自己資金による取引で、仮想通貨は私たちの所有物。信用取引は第三者の資金を利用した取引で、仮想通貨は第三者の所有物という事になるわけです。

さらに利益の取り方に言及すると、現物取引は所有している仮想通貨という資産の価値が上がれば利益がでます。一方で信用取引は、仮想通貨の価格変動から生まれる差額から利益を手にするわけです。つまり仮想通貨という資産に対する見方が全く違うということになるのです。

3. 仮想通貨取引所の現物取引のメリットとデメリット

恐らく仮想通貨や投資に詳しくない方はほとんどが現物取引で仮想通貨を購入していると思います。そこで現物取引のメリットとデメリットについてさらに詳しく見ていきましょう。

3-1 現物取引のメリット

現物取引のメリットはどうしても信用取引と比較する形になるのですが、自己資金で取引を行っているので借金を背負う事が100%無いという事です。

仮想通貨がいくら値下りしようともあなたはすでにお金を支払って仮想通貨を購入しているので、借金のしようがありません。ただ仮想通貨を購入するために借金をしていたら話は別ですが・・・・

3-2 現物取引のデメリット

現物取引のデメリットは現物取引の特徴から生まれる物なのですが、現物取引と言うのは先に書いたように仮想通貨の価値が上がる事で利益が生まれます。

一方で信用取引は仮想通貨の価値が下がる場合でも、価値が下がる前の仮想通貨を借りて先に売って、価値が下がった仮想通貨を買い戻すことで利益を得る事ができるのです。

そこで、現物取引のデメリットを分かりやすく表現するなら『受け身』であることです。仮想通貨取引初心者にとって、リスクの少ない現物取引の特徴はデメリットではないとも言えますが、現物取引の場合は短期的な利益はあまり期待せずに長期的な目線で取引を行っていく姿勢が重要です。

4. 仮想通貨取引所の現物取引による注文方法を解説!

ここまで現物取引について理解すると、現物取引に対する不安がなくなり、さらに値上がりが期待できる仮想通貨を購入したいと思われた方もいるのではないでしょうか?

そこで仮想通貨取引所における現物取引での取引方法について解説していきます。

4-1 指値注文

指値注文というのは一般的な考え方に近い仮想通貨の注文の仕方になります。

つまり買う側の言い値が指値で、指値より安ければ買いますよという意思表示が指値注文です。

もし売る側なら逆で、指値より高い値段で買ってくれるなら売りますよという意思表示になります。

指値注文のメリットは自分が買いたい金額で購入出来たり売りたい値段で売れる事にありますが、例えば1つ100円が相場の商品を80円で買いますと指値で買い注文を出してもまず買う事は出来ないので、思った金額ですんなりと買ったり売ったり出来るとは限らないというデメリットがあります。

4-2 成行注文

成行注文は最も単純明快な注文方法で、すでに他の人がこの金額で買いますよ、もしくはこの金額で売りますよと指値注文を出していたら、その金額に合わせてじゃあその金額で買います、売りますという注文方法です。

指値注文と違って、すでに注文が存在している状態での注文なので確実に注文が通るのがメリットですが、相場よりも高い金額で購入してしまう可能性が大きいというデメリットがあります。確実な値上がりを見越せる商品がある時に、確実にその商品を手に入れる注文方法として利用されます。

4-3 逆指値注文

ちょっとややこしくなりますが、逆指値注文というのは損失を最小限に抑えたい時によく使われる注文の仕方と考えてください。

買う側で考えてみると、指値では希望の金額より安いなら買うという注文でしたが、逆指値では希望の金額より高いなら買うという注文をします。

初めて聞いたかたは何でそんな事をするのか疑問に思うと思いますので例えを出しますと、100円の価値がある仮想通貨が150円に値上がりした時期があったとします。その際に指値注文の場合は仮想通貨が90円より安くなった時に買うという注文を出すので、せっかくの値上がりのチャンスを逃してしまう可能性があります。

成行注文の場合は値上がりしたら利益を得る事が出来ますが、もしかしたら値上がりせずに購入した金額より下がるリスクがあります。

そこで逆指値注文ですが、この状況だと例えば120円以上になるようなら購入しますという注文を出します。

100円の仮想通貨が値上がりしなければ購入しないので損することはありませんし、150円まで値上がりしたら30円の利益を得る事が出来ます。

つまり大きな利益は狙えませんが、確実に利益を狙っていく事が出来るのです。

売る場合は指値注文だと指値より高い金額なら売りますと注文を出すので、もしその仮想通貨が指値より高くならずに下がり続けたら、売るタイミングを失ってしまい、大きな損失を出してしまいます。

そこで、ある金額より安い金額になったら売りますよと逆指値で注文すれば大きな損をする前にその仮想通貨を売る事で損失を抑える事が出来るのです。

4-4 仮想通貨取引所で注文するときの補足

仮想通貨取引所においては指値で注文する人の事をメイカーと呼び、指値を成行注文で即決する人をテイカーと呼びます。メイカーとテイカーで取引所ごとに手数料も違ったりしますので覚えておいてくださいね。

5. まとめ

今回は仮想通貨取引所で取引をする際には必須の、現物取引や注文の仕方にスポットをあてて見てきましたがどうでしたか?

仮想通貨取引に危険なイメージを持たれていた方も、ちゃんと理解してみれば現物取引がとてもリスクの少ない当たり前の取引であることが理解していただけたかと思います。2017年は持っているだけで価値を上げ続けた仮想通貨でしたが、2018年もまだまだ仮想通貨の価値は上げり続けると言われています。

世界の常識になると言われている仮想通貨が持っているだけで価値を上げるのはまさにこの時だけです。是非この機会にあなたも仮想通貨取引を始めてみませんか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です