仮想通貨取引所の世界最大手&国内最大手!


仮想通貨取引で使う取引所ですが、今や沢山の取引所が存在します。

どの取引所でもいいのか?

そんなことはないです。

信頼できる取引所で取引したいものです。

今回は世界最大手と国内最大手の取引所の紹介と、その比較をしていきたいと思います。

1. 仮想通貨取引所の世界最大手は「BitMEX」

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

1-1. BitMEXが世界最大手と言われる理由

何よりも24時間での仮想通貨の取引量が世界一という点です。(2018年4月時点)その他にもユーザーからは喜ばれる特徴がありますので、紹介致します。
BitMEX(ビットメックス)
【会社概要】
本社:HDR Global Trading Limited
所在地:香港
事業開始:2014年
レバレッジ:最大100倍
取扱通貨:12種類
日本語対応:〇

1-2. BitMEXで口座開設するメリット

BitMEXのメリットとして特徴的なものを紹介致します。
〇最大レバレッジ100倍…世界中で比較しても非常に大きいレバレッジとなっています。ちなみに日本ではレバレッジ25倍で優秀と言われています。
〇アルトコインのレバレッジ取引が可能…BitMEXではアルトコインに関してもレバレッジ取引が可能となっており、BCH, DASH, ETC, ETH, LTC, XMR, XRP, XTZ, ZECが対象です。日本ではまだアルトコインをレバレッジ取引できる所はないと思いますので、特徴的だと言えます。
〇手数料が安い…Taker手数料がマイナスなので、指値を並べる注文は手数料を受け取る事が出来ます。また、スプレッドも非常に狭く設定されています。
〇追証なし…国内の業者では追証が発生するところが多いですが、海外では基本的には追証がありません。なのでBitMEXではリスクを限定して取引する事が可能です。
〇本人確認の必要なし…BitMEXでは本人確認する必要がなく、メールアドレスだけで登録可能です。

どれも嬉しいメリットで、国内取引所ではないサービスもあって魅力的です。興味を持った方は是非世界最大手の取引所に登録してみましょう。

1-3. BitMEXの今後や将来性

BitMEXの今後についてですが、正直何処の取引所がどうなるかは予測できません。取扱い通貨の種類を増やしたり、レバレッジを大きくしてきたりと、特徴的な所はまねされてくるかもしれません。なので、今先頭を走っているBitMEXに他が追い付いてくるという形になるのではないでしょうか?

もし同じような機能になってきた場合にどこで判断するかというと、やはり信用問題でもあるセキュリティ面だと思います。取引所の話題で度々脆弱性が上がってきますが、口コミの中ではBitMEXの脆弱性判断はA+でセキュリティが高いと判断されています。また、ハッキング被害や出金トラブル等も口コミではありませんでしたので、信用できる取引所なのではないかと思います。

やはり機能以外ではこの信頼度で取引所を選ぶため、今後もユーザーからは重宝されていくのではないかと思います。

1-4. BitMEXを利用する際の注意点

BitMEXではデメリットとして、BTC建てでしか資産の保有が出来ないという点です。例えば取引をしていなくてもBTCの相場が下がるとその分資産も減ってしまうという事です。

もちろん逆もありますが、BTCでしか保管できない点が少し難点として挙げられていますので、利用する際は注意が必要です。

2. 仮想通貨取引所の日本国内最王手は「bitFlyer(ビットフライヤー)」

2-1. bitFlyer(ビットフライヤー)が日本国内最王手と言われる理由

bitFlyer(ビットフライヤー)
ビットフライヤーが何故国内最大手とされいるのかというと、理由は3点あります。
①ユーザー数国内NO.1
②取引量国内NO.1
③資本金国内NO.1
という事で、今のところ文句なく国内取引所では最大手と言えます。
【会社概要】
社名:株式会社bitFlyer
所在地:東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
事業開始:2014年
レバレッジ:最大15倍
取扱通貨:7種類
日本語対応:〇

2-2. BitMEXとビットフライヤーの違い

ここで世界最大手と国内最大手を比較してみます。規制や風潮により制限されている国内に比べると、やはり世界最大手のBitMEXの方が利点が大きいように思えます。

レバレッジの最大倍数の違いだったり、アルトコインでのレバレッジ取引に関してもBitMEXの方が優れていると言ってもいいと思います。国内取引所であるビットフライヤーでの利点としては、セキュリティが世界一と判断されているという事と、日本円での購入が可能という事です。

海外取引所では基本的には日本円での取り扱いは無いため、国内取引所を介してBTCで海外取引所で取引をするのが一般的ですので、その際にセキュリティが高く、最大手でもあるビットフライヤーを使うのが良いのではないかと思います。

2-3.bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設するメリット

ビットフライヤーを使うに当たって、一番のメリットは安心感です。なんといっても世界一のセキュリティと言われている取引所ですし、資本力に関しても国内では断トツです。バックには大手メガバンクが控えており、保証もついているので非常に信頼度は高いです。

2-4.bitFlyer(ビットフライヤー)の今後や将来性

ビットフライヤーは先にも述べた通り、信頼度で言えば間違いなく国内一です。その信頼度を保っていく中では今後も安泰と言えると思います。また、対応通貨に関しても今年LISKの取扱いを始める等、これからも取扱い通貨は増えていくと言われていますので、今後にも期待できる取引所だと思います。

2-5.bitFlyer(ビットフライヤー)を利用する際の注意点

注意点というか、デメリットとして挙げられているのが、手数料が他の取引所よりも高いという点です。また、世界と比べるとまだまだ対応通貨が少ないので、取扱いたい通貨が対応しているか、確認して利用しましょう。

3. 最大手の仮想通貨取引所を使えば安心?安全?

世界と国内の最大手の取引所を紹介してきましたが、必ずしも安全とは言い切れません。これはどの取引所にも言える事で、仮想通貨はデジタル通貨とも呼ばれており、ハッカーに狙われやすいのは間違いありません。なので、どの取引所でもハッキングされる可能性は0ではありませんので、覚えておきましょう。

しかし、セキュリティ面においては、どちらの最大手も今のところセキュリティレベルは高いとされていますので、小さくあまり聞かない取引所に比べれば安全と言えると思います。オススメするのは、ハッカーも成長して狙ってきますので、定期的に取引所のセキュリティレベルには注目するようにしましょう。

今のセキュリティが高くても数か月先には、もう古いセキュリティになっている場合もありますからね。

4. 将来性のあるオススメの仮想通貨取引所はココ!

今後将来性のあるオススメ取引所はZaifを紹介致します。
Zaif(ザイフ)
【Zaif会社概要】
社名:テックビューロ株式会社
所在地:大阪府大阪市西区西本町1-4-1オリックス本町ビル4F
事業開始:2014年
レバレッジ:最大7.77倍
取扱通貨:14種類
日本語対応:〇

なぜザイフを紹介したかといいますと、取扱い通貨の種類が国内では豊富という点と、手数料がなんとマイナスであるという点です。なので、取引をすると手数料が受け取れるのです。その点から、これからユーザーも増えてきて、取引量も増えてくると思った取引所です。

5. まとめ

これから取引所に登録するという方は是非参考にして頂けたらと思います。やはり世界の取引所のメリットは大きい事もお分かり頂けたと思います。しかし、まずは日本円から始める方はどうしても国内取引所に登録が必要だと思いますので、国内取引所にも注目して頂き、参考にして頂けたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です