仮想通貨の仕組みとは?種類によって仕組みは違うのか?



仮想通貨元年と呼ばれた
2017年から1年経ちましたが、
現在も仮想通貨の運用を始めようと
思っている人の後が絶えません。

ただ、仮想通貨でどれが儲かるかということを
調べている人は多いと思いますが、
仮想通貨そのものについて調べてみる人は
意外と少ないものです。
ただ儲かりそうなコインを購入するでは
正直運用に失敗してしまうかもしれません。

仮想通貨の仕組みを知って、
仮想通貨に関する知識を深めてから運用を始めるようにしましょう。
今回は仮想通貨の仕組みについて徹底解説していきます。

1. 仮想通貨の仕組みとは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨とは簡単に言うと、
リアルではなくインターネットで取引されるお金のようなものです。
日本円や米ドルなどの法定通貨ではなく、
株式に近いような側面があると言えます。

1-1. 電子マネーとは違うのか

インターネットで取引するお金として電子マネーをイメージする人もいますが、
その規模に違いがあると言えます。

電子マネーはあくまでも日本円の代わりでしかありません。
現金を電子化して、データとしてコンピュータで決済されるものなのです。
つまり日本では日本円でしか電子化できませんし、海外でも同様だと言えます。

反対に仮想通貨は世界中とつながっており、
海外と取引を行う際に手数料がそれほどかからず、
為替の差もほとんどありませんので、
世界共通のお金として使うことができるのです。

そのため、仮想通貨を世界中の人と取引することができるのです。

1-2. 仮想通貨は民間が運営しているもの

仮想通貨はインターネットでしか存在することができないお金です。
このお金は国や公的な機関が発行しているわけではなく、
民間で運営されているのです。

仮想通貨を信用している人達同士で取引することが可能で、
世界各地に取引所も存在しています。
ちなみに日本では金融庁が認可した取引所は16ヶ所になります。

日本ではまだまだ普及していないのですが、
それだけまだ仮想通貨の信頼性が低いため、
仮想通貨で決済ができるお店が少ないのです。
特に最近ではコインチェックの流出事件もありましたし、
仮想通貨に対してシビアな意見が多いと言えます。

1-3. 暗号通貨とも呼ばれている

仮想通貨は暗号化された状態でインターネットで取引されるため、
暗号通貨とも呼ばれています。
仮想通貨というと結局仮想世界のものと言うイメージがついてしまうため、
それが信用されない原因とも言えるでしょう。

以前池上彰さんが仮想通貨について解説していたのですが、
「世界共通のお金があったらいいのに」
という想いから作られたのが仮想通貨です。
そして、仮想通貨をいかに安全性の高いものにするか
何度も試行錯誤をして今に至るのです。

2. 仮想通貨はそれぞれのコインによっては仕組み違う?

仮想通貨と一口に言っても膨大な種類があります。
そのすべてが同じ仕組みだったら、正直価値に差は生まれません。
ではなぜ価格に差があるのかと言うと、
もちろん有名ということも挙げられるのですが、
仕組みが違うというところも特徴として挙げられます。
仮想通貨はそれぞれ特徴が異なるため、
特徴を知ることで仮想通貨を選びやすいと言えるでしょう。

2-1. 現在は1500種類以上ある

仮想通貨のチャートを掲載している「Coin Cap」というサイトがあるのですが、
そこによると2018年1月末日時点で1154種類の仮想通貨が掲載されていました。
ちなみに2017年の1月のときにはまだ700種類ほどしか
掲載されていなかったため、
たった1年で400種類以上もの仮想通貨が増えたのです。

ただ、Coin Capに載っていない仮想通貨も相当数あると考えられており、
載っていない仮想通貨も入れると1500種類以上あると考えられています。

2-2. 独自の技術が使われているコインが多い

仮想通貨の仕組みは概ね同じなのですが、匿名性を高めたものや、
独自の契約概念を持つコイン、決済スピードが速い仮想通貨など、
特徴はそれぞれ異なっています。
そのため、仮想通貨のそれぞれの特徴を知ることで、
自分がどの仮想通貨で取引をしようか選ぶ基準にもなり得るのです。

2-3. 仮想通貨で有名な仕組みについて

仮想通貨でもさまざまな仕組みがあります。
ここではある程度メジャーな技術についてご紹介します。

①ブロックチェーン

ブロックチェーンは取引の内容を保存するデーターベースのことで、
定期的に作られるブロックに取引履歴を保存し、
チェーンで1つ1つ繋がれているのです。
イメージとしては台帳の1ページをそれぞれチェーンでつないでいるという感じです。

ちなみに銀行の台帳は、
普通銀行と預金した人しか使用することができないのですが、
ブロックチェーンは誰にでも使用することが可能です。
インターネットをつなげば世界中のどこにいても使うことができるのです。

また、採掘者と呼ばれる人たちによって監視されているため、
不正な取引は省かれて、正規な取引のみ履歴として残ります。
また、不正に書き換えられていないかもチェックされているため、
安全性が高いと言われています。

②スマートコントラスト

スマートコントラストとは主に仮想通貨イーサリアムで使われている契約概念です。
通常ブロックチェーンに記録するときは第三者が介入するのですが、
スマートコントラストでは第三者が介入せず直接記録してくれるため、
より早く取引を行うことができると言われています。

③ゼロ知識証明

ゼロ知識証明は主にZcashなどで用いられている技術で、匿名性が非常に高く、
取引のときに行ったやり取りを完全に
非公開の状態にすることができると言われています。

あまり取引の内容を他人に知られたくないと思う人も多いと思いますから、
画期的な記述だと言えるでしょう。

3. 一番実用性のあるコインの仕組みは?

最も実用性のあるコインの仕組みはやはりブロックチェーンが挙げられるでしょう。
ブロックチェーンは仮想通貨市場にはなくてはならない仕組みですし、
この仕組みが無ければもはや仮想通貨市場は成り立たないと言っても
過言ではないでしょう。

ブロックチェーンは安全性が高く、たくさんの人が監視をしているため、
不正取引を防止することができますし、
より安心して取引ができる技術だと言えます。

しかもこのブロックチェーンは大手金融機関でも採用されている仕組みのため、
金融業界でも画期的なシステムだと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?
今回仮想通貨の仕組みについてご紹介していきました。
仮想通貨がどのようなものなのかいまいちよくわかっていなかった人も
理解することができたのではないでしょうか。

仮想通貨は仕組み自体はそこまで変わりませんが、
それぞれに違った特徴があるため、その特徴をよく見て、
自分に合った仮想通貨を選んでいくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です