仮想通貨取引所の不正流出被害の対策や過去の不正流出被害について!


1. 仮想通貨取引所の不正ログインによる流出問題とは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

「仮想通貨」を始めている方は保管するために「取引所」を利用しているかと思います。

あまり良い話題ではないのですが、ここ最近では「仮想通貨取引所」から「仮想通貨」が流出するなどの被害が相次いでいるみたいです。

これは「仮想通貨取引所」だけでなく「仮想通貨」自体の信頼と安全に関わってくる問題で、利用する方も心配になってしまうと思います。

「仮想通貨」の「不正ログイン」とは、見ず知らずの方のIDやパスワードを使用して、あたかも本人かのようになりすましてアクセスし、利用することを指すようです。

そうなると、気づかないうちに保管していた「仮想通貨」も知らないうちに流出してしまったなんてこともあるかもしれません。

こんな恐ろしいことはないので、これから過去にどんな不正流出問題があったのかや「不正ログイン」の原因について紹介していきたいと思います。

1-1. 過去の不正流出問題

「仮想通貨取引所」の不正流出問題は最近だけでなくもっと前からあったことがわかりました。

どんな不正流出問題が起きていたのか過去を振り返ってこれから紹介していきたいと思います。

まず、2011年に最初に問題があったようで「仮想通貨取引所」である「マウントゴックス」のシステムに侵入してビットコインを窃取したという事件があったようです。

「マウントゴックス」という「取引所」は、2014年にも大規模なビットコインの流出被害があり経営破綻してしまうことになったみたいです。

最近の不正流出問題といえば、日本の大手にもなっている「仮想通貨取引所」の「NEM(ネム)」が約580億円分が不正ログインによって流出してしまったということがあったようです。

このようなことがあったので、全ての出金を停止するなどをしたみたいです。

本当に恐ろしい被害が相次いでいるのは利用している方も不安になってしまうと思います。

そこでなぜそのような「不正ログイン」が起きてしまうのか原因についてお次で紹介していきますので、参考にしてみてください。

1-2. 不正ログインの原因

「仮想通貨取引所」での不正流出問題はなぜ何件も起きてしまうのか疑問に思いませんか?

「取引所」のセキュリティはしっかり完備されているはずなのに、一体なぜそういう被害が相次いでいるのか気になることと思いますので、これから紹介していきます。

「不正ログイン」の原因に挙げられているのは「セキュリティの甘さ」のようです。

被害の出た「取引所」は、ログインする時のIDやパスワードが2段階認証になっていなかったところで、2段階認証を導入していれば防ぐことができたかもしれないと言われています。

そのくらい厳重しないと、何かあったからは遅いので利用する方は2段階認証したほうが良いかもしれません。

お次では「仮想通貨取引所」の不正流出被害を防ぐためのセキュリティ対策について紹介したいと思います。

2. 仮想通貨取引所の不正流出へのセキュリティ対策

さて、「仮想通貨取引所」は不正流出被害に対してかなり厳重注意を図っているようですが、対策していただかないと利用している方も困ってしまうかと思います。

そこで、「仮想通貨取引所」の不正流出へのセキュリティ対策として「取引所」はどんな方法を設けているのかや、セキュリティ対策に優れた「仮想通貨取引所」について紹介していきますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

2-1. 不正ログインへの補償をしている取引所

まず、「仮想通貨取引所」の不正ログインなどの被害で仮想通貨が流出したら「返金してくれるのか?」と気になりませんか?

せっかく投資したのに、それが見ず知らずの方に不正ログインされて窃取だなんて利用した側からしたら「返金してほしい」と思うでしょう。

そこで「不正ログイン」が起きた場合の補償をしている「取引所」があるのか調べてみましたので紹介したいと思います。

「ビットフライヤー」「コインチェック」の2つの「取引所」のみ補償制度があるようです。

「ビットフライヤー」の場合は不正に出金された日本円の損害のみが対象で、預かり資産100万円以上の場合は上限500万円補償されているなどの情報がありました。

「コインチェック」の場合は2段階認証されているアカウントのみ最大100万円まで補償されているなどがあるようです。

どちらが良いのかどうかはその方それぞれの考え方や在り方次第なので、何とも言えませんが、日本円の損害以外でも対象と考えられる「コインチェック」のほうが安心度は高いのではないかと言われているみたいです。

どれが正解かどうかは言えませんが、補償制度がある「取引所」があるのは嬉しいことだと思いました。

2-2. セキュリティ対策に優れた仮想通貨取引所

「不正ログイン」などの被害があると、「仮想通貨取引所」はどこを選んだら良いのかわからなくなると思いますが、被害が大きくならないようにセキュリティ対策をしっかりした「取引所」があるようです。

これから紹介していきますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

有名どころでは「Zaif」や「ビットフライヤー」や「GMOコイン」、「QUOINEX」などまだまだありますが紹介した「取引所」はしっかりセキュリティ対策されているようです。

問題になっている2段階認証も導入されていますので、利用する方にとって安心できるのではないかと考えられます。

Zaif(ザイフ)

bitFlyer(ビットフライヤー)

GMOコイン

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

3. 今すぐできる!仮想通貨取引所からの不正流出被害への防犯対策

「仮想通貨取引所」がどんなにセキュリティ対策をしていても、不安な時はありませんか?

実はご自身でも不正流出被害を起こさないために防犯対策ができるようです。

いくつかポイントがあり5つほどあるのですが、説明していきますので参考にしてくださると嬉しいです。

3-1. 二段階認証設定

まず、不正流出被害が起きた原因にも挙げられているように二段階認証の設定が必要になってくるようです。

必ずしも被害は起きないと言うわけではないみたいなのですが、対策として設定しておくに越したことはないので二段階認証設定をしておいたほうが良いでしょう。

3-2. パスワード設定の見直し

よく何でもパスワード設定することがありますが、簡単にログインされてしまうようなパスワードでは被害が起きても何も言えなくなってしまうと思いますので、長く複雑なパスワード設定をすることをおすすめします。

3-3. 複数の口座開設でリスク分散

ポイント3つ目では「複数の口座開設」をすることでリスク分散ということですがどういうことか説明していきたいと思います!

1つの口座開設だけでは「取引所」に何かあった場合ダメージが大きくなるので、複数の口座開設をすることで少しでもダメージを減らすために必要になってくるようです。

参考までにと言ったところですが3つほど開設するのが良いと言われています。

3-4. パスワード管理の見直し

4つ目は「パスワード管理の見直し」ということですが、ずっと同じパスワードではやはり危険と言われているようで、何度かパスワードを変更したほうが良いようです。

何でもマンネリしてしまうと被害にあってしまうようなので気をつけてみてください。

3-5. 公衆無線LAN(フリーWi-Fi)は使わない

不正流行被害の対策として公衆無線LANは使用しないほうが良いと言われていますが、無料のWi-Fiに繋いでいるといつでもハッキングされてもおかしくない状況になるようです。

鍵付きのWi-Fiなら大丈夫なのかと言われるとそうではないみたいなのですが、公衆無線LANよりはマシなのかもしれません。

6. まとめ

今回は、「仮想通貨取引所」での不正流出被害が相次いでいるということで、
この記事を参考に投資は自己責任ですのでしっかりと管理していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です