仮想通貨におけるマイニングとは?


世界を賑わす仮想通貨ですが、みなさんはマイニングというワードを耳にしたことはあるでしょうか?

今回の記事では,そのマイニングについて紹介させていただきます。

1. マイニングには仮想通貨に対応したウォレットが必要

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

マイニングを行うと後述するように、そのマイニングを行った仮想通貨を受け取る事ができます。

故に、それを保存するための財布のようなものが必要となります。これをウォレットと呼びます。マイニングを行う際は、その通貨に対応したウォレットを用意しましょう。

2. 仮想通貨のマイニングのやり方

まず、マイニングには三通りのやり方があります。

一つ目はソロマイニングと呼ばれるものです。

この方法は、ASICであったり、高性能のGPUを利用して、個人で、ソロで、マイニングを行うものです。

GPUとは、graphics processing unitの略称であり、三次元におけるコンピューターグラフィックスにおいて欠かせない演算処理を専門とする基盤になります。その特徴としては、並行してその演算処理を行うことができる点でしょう。

それに対して、ASICとは、application specific integrated circucitの略称です。

これは、ある特定のPCと一対一で対応するものであり、非常に情報処理能力が強力であり、かつ高速で、それも相まって、消費電力が非常に少ないことで知られています。

それ故に、現段階において、マイニングをするためのデバイスとしては最も効率的なものであると考えて良いでしょう。

その特徴としては、並行してその演算処理を行うことができる点でしょう。

ソロマイニングによりある一定水準の利益を生み出すためには、非常に高額なマイニングに必要とされる機材を、個人で揃えなければならず、あまり現実的ではないというのが正直なところです。そして更に、やはりマイニングをビジネスとして扱っている、中国のような電気代が格安である地域にその本拠地を置き、大量のGPU、ASICなどで、極限までその効率化を達成している、事業者に個人で競り勝つのはほぼ不可能と言って良いでしょう。

更に、マイニングを行う際に求められる、コンピュータに関する知識はそう容易いものではありません。現に、多くの人が途中で脱落してしまうそうです。

ただし、アルトコインと呼ばれる仮想通貨は最近ローンチされたのですが、この通貨に関しては、それを専門とする事業者は未だそう多くはないと考えられますので、どうしても、ソロマイニングをしたいと考える人にとっては良いかもしれません。ソロマイニングに関する高い技量を有している人であるならば、上手く行けば大きな利益を生み出し、それを独占する事ができるかもしれません。ただ、そのアルトコインが世界に普及するかどうかは誰にも分かりませんので、見極めが求められるでしょう。

次に二つ目は、そして二つ目がクラウドマイニングと呼ばれるものです。

これはその名前からも連想できると思いますが、マイニングを専門とし、多くの高性能な機材を有している事業者と一種の契約を交わし、その事業者が有している機材を、有料で借りて、マイニングを行う事で利益を得ようとする方法です。

先ほどの方法と違って、マイニングのための機材を自分で用意する必要がないのでリスクはかなり低いと考えて良いでしょう。
そして最後に紹介させていただくマイニングの方法はプールマイニングと呼ばれる方法になります。

これは各々が有するパソコンのマシンパワーをインターネットを介して、提供する事で、利益を得ていく方法になります。そしてこの利益の大きさは、その提供するマシンパワーにより上下します。

必要なコストが電気代だけである反面、その利潤も比較的少ないのがデメリットと考えておいてください。

2-1. マイニングの仕組み

 

ビットコインについては、ある一定のスパンで、全世界で行われている取引の記録は、簡単に言えば取引台帳、すなわちブロックチェーンと呼ばれるものに自動的に書き込まれていきます。

そしてその処理において、ネットワークにバラバラに分散されて保存されているその取引台帳の情報、そしてその処理の対象期間において生じた全ての取引情報の間でバランス、整合性を保ちながら、正確にその情報を記録することが必要になってきます。

そして、そのバランスを保つために行われる作業は、先程前述したように、インターネット上にバラバラに分散されて、保存されているブロックチェーンのデータと、その追記の対象となっているデータは全て正確に認証される必要があるので、コンピューターによって達成される膨大な計算量を必要とします。

故に、ビットコインでは、この追記の作業において、有志でコンピューターリソースの提供を受けています。全世界に存在するコンピューターの計算処理能力でもって、ビットコインの取引に関する全ての情報を、全世界で共有するブロックチェーンに、追記していくのです。

そんな事を、有志で行う人が存在するのか、あるいはビットコインが要求するその情報間のバランスを保つための計算量を、有志の計算量が下回る事はないのかと疑問に感じた方は、大変、感が鋭いと言っていいでしょう。

もちろんそのような事が起きないように、仮想通貨運営側も対策を練っています。簡単に言ってしまえば、この追記作業に対し、膨大な計算処理を行い、その結果としてビットコインのやり取りの情報をブロックチェーンに追記する事を成功した人、すなわち計算が見事にあった人は、ご褒美としてビットコインが支払われる仕組みになっています。

ちなみに、このビットコインは新たに発行されたものになります。故に、ビットコインが通貨として発行されるのはこの瞬間のみなので、ビッココインの発展の促進を試みる人は日々その情報の追記を行っています。

ただしもちろんビッコインが無限に発行されつづければ、その通貨としての価値は下落してしまいますから、発行される上限は設けられています。正確な数字は、2140年までに2,100万 Bitcoin とされているそうです。

そして、この新規の発行にいたる行為が鉱山での採掘行為に極めて似ているため、「マイニング」と呼ばれています。

各々が有するコンピュータの計算能力を、お金に変えるビジネスとしてのツールとして活用している人の存在のおかげで、今日の仮想通貨、ビットコインの安定性の高さが保たれていると考えてもらえると良いかと思います。

2-2. マイニングの種類

前述したように、マイニングには様々な種類がありますそしてそれは、大きく分けて三つ、ソロマイニング、クラウドマイニング、プールマイニングに大別する事ができます。そしてマイニングにより、利潤を産む事を目指す場合、2番目のクラウドマイニングが最も現実的な方法といっていいでしょう。

2-3. マイニングに必要な道具

マイニングをする際に必要となってくる道具は、パソコン、ウォレット、マイニングソフトの三つです、それでは、これらについて簡単に説明していきます。

・パソコン

パソコンと言うより、マイニングマシン、もっといえばASICと呼ばれるそれになるでしょうか。 日本で買うと非常に高額となりますので、海外で購入する事を検討する事を勧めます。

・ウォレット

ウォレットは仮想通貨を保存しておくための財布のような物と考えてください。みなさんが普段使っている銀行の口座番号のようなものと考えていただけたら良いかと思います。

気をつけなければいけないのは、ウォレットにより対応している仮想通貨が異なる事です。自分がマイニングを行う仮想通貨に対応したウォレットを各自用意しましょう。

・マイニングソフト

マイニングソフトはその名の通り、マイニング行う際に必要となるソフトです。ソロマイニングを行う際に必要になります。自分が使用する予定であるマイニングマシンなどの設定をこれにより行います。

3. 仮想通貨のマイニングに使うおすすめのウォレット

セキュリティ、そして使いやすさ、どちらも両立しているマイニングウォレットとしてはハードウェアのウォレットがあげられるでしょう。なぜなら、その小さな端末内に、その情報を保存する故に、ハッキングにあう確率は極めて低いと考えて良いからです。

有名なものに「Ledger NanoS」や「Trezor」などがあります。ただそのパスフレーズを忘れないように気をつけましょう。
LedgerNanos(レジャーナノエス)
TREZOR(トレザー)

4.まとめ

マイニングは現段階においては、クラウドでマイニングする方法が一番現実的なのではないでしょうか。この記事を読んで興味がそそられた人は是非、もう少しご自身で調べてみてださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です