仮想通貨のマイニングの仕組みを分かり易く説明!

仮想通貨を得るためにはどんな方法がある?

もちろん購入する事で仮想通貨を手に入れる事が出来ます。

その他にもマイニングという方法で
仮想通貨を手に入れる事が出来るのを
ご存知でしょうか?

少し仮想通貨をかじった事がある人であれば知っていると思います。

ここでは聞いたことが無い人から、
実は詳しくは知らないという方のために
一から説明していきます。

また、マイニングの方法とメリットについても
説明していきます。

1. 仮想通貨のマイニングの仕組みとは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

マイニングとはそもそもなんなのか?

仮想通貨におけるマイニングとは
マイニング=採掘という意味です。

その名の通り仮想通貨を採掘するという事です。

仮想通貨の採掘!?
どこかに埋まっているのか?

当たり前ですが、埋まっていません。

単に聞いただけでは意味が分かりませんので、
分かり易いように説明していきます。

1-1. マイニングとはわかりやすく言うと「仮想通貨を生み出す」

仮想通貨を生み出すといいましたが、
実際にはどのように生み出しているのか見ていきたいと思います。

仮想通貨は偽造しにくいと言われています。

それはブロックチェーンと言われる技術を使用している為です。

ブロックチェーンとは何か?

簡単に言うと、仮想通貨の取引履歴を複数のコンピュータで
台帳に記入しています。

複数のコンピュータで管理している為、
他のデータが改ざんされたりした際には整合性が合わず、
すぐに不正だと気付く事が出来ます。

このように仮想通貨のデータは管理されており、
この仕組みをブロックチェーンと呼んでいます。

この取引情報を台帳に記入する際に膨大な計算が必要になります。

その為、多くのパソコンを使う事で円滑にしています。

その計算をするのに自分のパソコンを使用して、
参加する事が出来ます。

そして、参加してくれたお礼に新しい仮想通貨が発行されます。

ここで新しい仮想通貨が発行される事が”マイニングする”と言われています。

参加している人の事を”マイナー”と呼んでいます。

まとめると自分の持っているパソコンなどを、
仮想通貨の記録台帳の計算に参加させる事で
新しいコインを手に入れる事が出来ます。

なので、”仮想通貨を生み出す”という事になります。

代表的なマイニングのやり方はこのようなやり方ですが、
その他にも別なものもありますので紹介していきます。

1-2. マイニングの種類とやり方

マイニングの種類に関しては、3つあります。

①ソロマイニング
②プールマイニング
③クラウドマイニング

このようにマイニングにも種類があり、
それぞれ特徴があります。

種類を特徴を踏まえて紹介していきます。

①ソロマイニング

これは個人で仮想通貨のマイニング作業をする事です。

これをするにはマイニングするパソコンが必要です。

今では競争率が高く、企業も参加してきている為、
個人でのマイニングは難しいとされています。

その代わり誰でも参加する事が出来、
報酬は独り占めできます。

②プールマイニング

プールマイニングとは、同じようにパソコンを使うのですが、
複数のパソコンを使って処理をするという所です。

他の人と一緒にマイニングする事によって、
個人でマイニングをするよりも、マイニングに成功する確率が上がります。

その反面、報酬に関しても貢献した度合いによって変わるため、
ソロマイニングよりも低い報酬となります。

参加方法はビットコインで言うと、Antpool等のサービスで、
アカウント登録する事で参加する事が出来ます。

③クラウドマイニング

クラウドマイニングとはこれまで紹介してきた方法とは異なり、
自分でパソコンを用意する必要が無いという所です。

マイニング事業をしている企業に投資して、
その見返りとしてマイニングした通貨を報酬としてもらうという形です。

上記2つの方法と比べて初期投資は低いですが、
多くの人で分配したり、電気代などの費用も引かれるため、
自然と報酬も低くなります。

参加方法は扱っている企業にアカウント登録を行い、
マイニングしたい通貨を選択して投資する事で報酬をもらう事が出来ます。

予備知識

ここまでは、早く計算をして、台帳に記録した人が承認されてマイニングが
支払われる物を紹介してきましたが、他にも承認の仕方が異なるものがあります。

特徴的な承認方法もありますので、紹介しておきます。

【PoW(プルーフ・オブ・ワーク)】
一番有名なビットコインも採用しているもので、
他にもイーサリアムやライトコインにも採用されています。

特徴としては、セキュリティが高く不正も起きにくいと言われています。

これがこれまで紹介してきたもので、
一番早く計算して台帳に記録出来た人がマイニングを
受け取る事が出来る承認方法です。

【PoS(プルーフ・オブ・ステークス)】
PoSは上記のPoWとは違い、通貨を保有しているだけで
新規仮想通貨が発行されます。

また、その保有量に比例して発行される仕組みとなっています。

なので、膨大な量の計算が必要なく電気使用量も少ないです。

デメリットとしては、持っているだけで通貨が増えるため、
手放す人が少なく流動性が低くなります。

【DPoS(デリケーティッド・プルーフ・オブ・ワーク)】
DPoSとは前述のPoSと似ていますが、報酬の振り分け方が違います。

この仕組みは仮想通貨LISK等に使われています。
そのPoSは保有量に比例して報酬が受け取れますが、
DPoSのDとはDelegatedで委任を意味しています。

その為、報酬に関しては通貨所有者の中から、
投票で選ばれた人が承認をする仕組みになっています。

なので、選ばれた人はマイニングの報酬を
投票者に配分しなくてはいけません。

【Pol(プルーフ・オブ・インポータンス)】
Polは仮想通貨NEM等に採用されています。

Polとは重要度が高い通貨保有者が承認するもので、
取引回数・取引量・残高などから判断されます。

この上記の3点での量を総合して重要度としており、
その重要度によりマイニングの報酬が支払われます。

【PoC(プルーフ・オブ・コンセンス)】
PoCとはリップル等に採用されています。

このPoCはこれまでの誰でも参加できるようなものではなく、
80%以上が認めた企業や機関が参加できる仕組みです。

その為批判されることも多々あります。

しかし、この仕組みは認められた所だけ参加しているだけあり、
信頼性が高く、それはPoWに劣らないと言われています。

これまで紹介してきた通りの種類があり、
マイニングの参加もそれぞれある事がわかったと思います。

徐々にマイニングに興味が湧いてきたのではないでしょうか?

次からは、そのマイニングのメリット・デメリットについて
述べていきます。

1-3. マイニングのメリット

マイニングの種類によって細かいメリットなどはありますが、
なんといっても報酬が得られるという事です。

ちなみにマイニング報酬は1回のマイニングに対しての報酬が、
ビットコインで12.5BTCが支払われます。

1BTC=約100万円とすると、1回のマイニング成功で
約1,250万円が手に入ります。

思っていたよりも大金だったのではないでしょうか?

これが最も大きいメリットと言えます。

1-4. マイニングのデメリット

費用が掛かるという点が一番のデメリットと言えます。

特にソロマイニングに関しては、高性能な機械を揃えるために、
莫大な資金が必要となります。

また、電気代金もかかるため初期投資と維持費がかかります。

その他プールマイニングにしてもそれなりに費用が掛かります。

また、費用を掛けてもマイニングに失敗した際には、
報酬はありませんので、ただ電気代がかさむ一方となります。

それなりにリスクがあるという事です。

2. 仮想通貨のマイニングを始める方法

実際にマイニングをするにはどうしたらよいのか?

ここでは各マイニングの方法を紹介致します!

①ソロマイニングの方法

ソロマイニングではまずはマイニングに必要な、
コンピュータが必要となります。

これまで述べてきたように、いち早く計算をして
台帳に記帳した人が報酬を得られるため、
ハイスペックなほどマイニングは成功しやすくなります。

コンピュータが用意出来たら、マイニング報酬を受け取るための、
ウォレットという口座を開設します。

その後マイニングソフトをインストールする事で、
マイニングをする事が出来ます。

②プールマイニングの方法

プールマイニングは先にも紹介したようにAntpool等が行っています。

ある程度のスペックがあれば参加できますが、
貢献度によって報酬が変わってきます。

参加の仕方は、Antpool等のサービスにアカウント登録する事で参加できます。

③クラウドマイニングの方法

クラウドマイニングに参加する方法は、
サービスを展開している所にアカウント登録をします。

その後マイニングしたい通貨を選択して、
入金する事で参加する事が出来ます。

3. まとめ

ここまでマイニングについて述べてきましたが、
どのくらいの費用をかけてどのくらいの報酬が得たいか、
それで方法が決まってくると思います。

自分に合った方法でマイニングをしましょう。

また、メリットとデメリットから見てわかるように、
ギャンブル性があると言っていいと思います。

報酬もソロマイニングなら1,250万円と大きいので、
夢もあります。

しかし、マイニングには失敗もありますので、
そこはしっかり押さえておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です