仮想通貨の短期トレードはアリ?メリット・デメリットを紹介!



トレード手法には、
大きく分けて2種類あります。
1つは「長期トレード」
もう1つは「短期トレード」です。
今回は、短期トレードの特徴を
深く紹介したいと思います。
メリットとデメリットも載っているので参考にしてみてください。

仮想通貨の短期トレードとは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

短期トレードとは短期間で決済するトレードです。
短期トレードには、大きく分けて3つあります。

スイングトレード

スイングトレードは、数日から2週間程度の手法です。
短期的に売買を繰り返し、少しずつ利益を積み上げるのが特徴です。

デイトレード

デイトレードは、1日のうちで売買を完了させる手法です。
朝ポジションを持って深夜に決済するパターンもあれば、
朝から深夜にかけて何度か決済を繰り返すパターンもあります。

スキャルピング

スキャルピングは、数秒から数分の間で行う手法です。
このトレードは、短時間で行うため、条件反射・とっさの判断力が必要になるでしょう。
雇用統計など重要指標直前は、値動きが変動しやすいため、
スキャルピングで稼げるチャンスがあると言えます。

短期トレードのメリットとは?

この章では、短期トレードのメリットを3つ紹介します。

場数を踏める

短期トレードは、短い時間の間で何度もトレードを行うため経験値は増えます。
そのため、チャートのパターンもつかみ、売買タイミングの感覚も身に付くでしょう。

また、何度もトレードを行えば、自身の勝ちパターン、
負けパターンも把握しやすくなるので、勝率も上がりやすいはずです。

精神的に安定しやすい

ポジションを翌日に持ち越すこともほとんどないので、精神的に安定しやすいでしょう。
投資家のなかには、ポジションを翌日に持ち越すと寝られなくなる人もいます。
その日のうちに全ての取引を完結させたい人にとっては、うってつけと言えるでしょう。

損失が大きくなる可能性は少ない

長期間トレードと比べ、短期間トレードの場合は値動きの変動幅も比較的小さいです。
よほど、何かが起こらない限りは大きく変動しないため、
1回の損失額も少なくて済むでしょう(指標発表の直前などは別です)。
大きな損失を抱えたくない人にもピッタリなのです。

短期トレードのデメリットとは?

メリットだけではなく、デメリットもあります。
あなた自身で、メリットとデメリットを見比べた上で短
期トレードを実施するか考えていただけると幸いです。

手数料がかかる

短期間の間に取引を何度も行うため、手数料は自然と増えます。
極端な話、1週間に2回しか売買をしない人と、
20回売買をする人とでは10倍も差が出ます。
そのため、少ない資金で短期トレードを行うのはおすすめできません。

負けの回数が増えると、資金の減りが早くなる

トレードの回数が増えれば、もちろん決済の回数も増えます。
勝ちが続けば資金も増えますが、負け取引が増えると資金の減りも早いです。
しかも、さきほど話した通り取引回数が増えるにつれて手数料も増えるので、
金銭的な苦痛も余計感じるでしょう。

他のことに手を付けられなくなる

短期取引だと仮想通貨の値動きから目を離せない場合もあります。
なぜなら、1分、1秒の間で価格が大きく変動するケースがあるからです。
なかにはトイレへ行くことを我慢して、仮想通貨取引を行う人がいるぐらいです。

ただ、そんなことをすると身体にストレスが溜まりやすくなるので、
時間を決めてのトレードをおすすめします。

短期トレードはやってみるべきなの!?

個人的には、短期トレードはやってみるべきだと思います。
その理由は、大きく2つあります。

相場の流れについて行くために必要

短期トレードの場合、長期トレードと違い細かい値動きも追わなければなりません。
初めのうちは正直大変です。

しかし、コツをつかめば相場の流れを読み取ることができ、
さきほど話した通り「売買タイミング」をつかめるはず。
また、取引が活発になる時間帯も分かれば、効率的なトレードも期待できるでしょう。

実践を何度も詰める

仮想通貨トレードの知識を詰め込んでも、実践を積まなければ勝つのは難しいです。
なぜなら、トレードにハッキリとした答えはないからです。

いくら値段上昇のパターンでも、市場環境によっては暴落します。
覚えた知識が、全て役立つわけではないことを頭の中に入れておきましょう。

まとめ

仮想通貨の短期トレードは、個人的にはアリだと思います。
ただ、基本的な内容は学んだうえで取引した方が良いでしょう。
仮想通貨トレードで、1円でも多くの利益が生まれることを願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です