仮想通貨を使える店はあるの?今後の展望も考えてみました!



仮想通貨は、キャッシュレス社会を支えるうえでキーになる通貨です。
現在は、現金決済不要論も増えてきています。

ただ、読者のなかには仮想通貨を使える店って本当にあるの?
と疑問に思ってる人もいるはず。
そこで今回は仮想通貨対応店舗の有無。
仮想通貨が使える店舗は今後増えるのか元経理職の筆者が予想してみたいと思います。

仮想通貨を使える店はある?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨を使える店はありますが、現状ではそうとう限られています。
とくに、路面店の場合は東京など都会に集中しているので、
人によっては仮想通貨を使える店が近くにない状況の場合があります。

しかし、インターネット通販でも対応している店舗はあるので、
地方在住の人も仮想通貨で買い物することは可能です。
海外サイトもあるので、ぜひ利用してみてはどうでしょうか?

仮想通貨を使える店の一覧

この章からは、仮想通貨を使える店をいくつか紹介します。
仮想通貨を現金に換えるのは面倒と思っている方は、
ぜひ店舗利用も考えてみてください!

1.聘珍樓

「聘珍樓」は横浜中華街に本店を置く中国料理のお店です。
私も、修学旅行のディナーで訪れたことがあります。
北京ダックや小籠包など、本場の料理を味わえます。
お土産も販売してあるので利用してみてはどうでしょうか?

2.ビックカメラ

「ビックカメラ」でも、ビットコインの利用ができます
(関連企業のコジマ、ソフマップも同様に使えます)。
高額商品を購入するときも、現金を持ち歩く必要がないので安心感があります。
ビックポイントも貯まるので、ぜひ使っていただきたいです。

3.トミヨシミュージックスクール

音楽レッスンを行っている「トミヨシミュージックスクール」も、
ビットコインの使用ができます。
ビットコインを大量保有していて、
かつアーティストを目指している人は利用しても良いかもしれませんね!

店での仮想通貨の使い方は?

ただ、店舗で仮想通貨が使えると言われてもピンとこない人もいるでしょう。
この章では、仮想通貨の使用例を簡単に説明します。

パターン1.ウォレットを使う方法

ウォレットとは、通貨を保管しておく場所だとイメージしてください。
決済するときは、まず取引所内にある仮想通貨をウォレットへ移動させます。

その後、ウォレットで店舗から配信される「QRコード」を読み取ります。
QRコードにはアドレスが搭載されているので、
そのアドレスに支払金額分の仮想通貨のデータを送る流れです。

パターン2.ビットコイン専用のデビットカードを使う

このデビットカードは、ウォレットと共有して使います。
デビットカードだけで、支払が完了するのでウォレットを使う方法と比べて簡単です。
ウォレット内に入っている金額以上の支払はできなくなっています。

クレジットカードのような後払い制度もないため、安心して利用できるでしょう。
今後は、ポイントが付くビットコイン専用の
デビットカードもたくさん発行されるかもしれませんね!

仮想通貨を使える店は今後増える?

個人的には、仮想通貨が増える店は今後も増えると予想します。
その理由は、大きく分けて3つあります。

外国人観光客の増加

近年、日本では外国人観光客が急増しています。
仮想通貨取引は世界中で行われていますし、
両替(ドル→円など)する必要もないので、
仮想通貨決済を望んでいる外国人観光客数は多いことが予想されます。

とくに、中国・韓国では仮想通貨の規制が厳しく、日常生活で利用するのは難しいです。
そのため、日本の買い物で仮想通貨を使う外国人観光客は、
さらに増えることが予想されるでしょう。

キャッシュレス社会の浸透

序盤で話したキャッシュレス社会の浸透です。
例えば、現金の扱いがなくなれば盗まれる心配もほとんどありません。
また、レジの精算もラクになり人件費の削減へつながるため、
企業側からのプッシュも強くなると予想しています。

現段階だと仮想通貨(取引所)のセキュリティ面に問題があるので、
浸透するまで時間がかかるとは思います。
しかし一度認知されれば、仮想通貨での決済が当たり前の世の中となるでしょう。

まとめ

仮想通貨が増える店は、今後増えてもおかしくないでしょう。
しかも、日本は今後高齢化が進み、国民全体の消費活動が低下すると言われています。
そのため、数年後には人を雇えない企業が増える可能性も高いです。
その対応策として、
現金の取り扱いを辞めて仮想通貨決済にする店が出てきてもおかしくありません。

ただ、そうなるのは仮想通貨をハッカーされない技術がある程度整ってからだと思います。ぜひ、仮想通貨をたくさんお持ちの方は、買い物で使ってみてはどうでしょうか?

※本記事の内容などは2018年2月現在のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です