時価総額は仮想通貨の取引にどこまで参考になるのか!?

株式投資の経験がある人なら必ず一度は耳にしたことがあるはずの「時価総額」。

株式投資においてはこの時価総額を確認し取引の参考とする人も多いです。

仮想通貨においても時価総額というものは存在します。時価総額とは一体何なのか?

という初歩的なことから、仮想通貨における時価総額の意味や、時価総額から分かること。

そしてそれを考慮することが仮想通貨の取引にどう有利に働くのか?という時価総額を確認する有用性から「時価総額ばかりを気にしていると見落としてしまう注意点」といった内容も紹介します。

時価総額というものをしっかり理解することで仮想通貨の取引が有利に働くことは間違いないので、時価総額というものがいまいち何なのか分からない人はこれを機にしっかり時価総額について理解しましょう。

1. 仮想通貨の時価総額とは

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

時価総額が算出される基準は「仮想通貨の発行量×市場価格」とされています。仮想通貨の売買される価格や発行量は常に変動していますので、それに伴い時価総額も常に変動していきます。
時価総額という言葉は株式投資で頻繁に使用されるもので、「時価」はその日その時間の市場での価格の事を指し、「総額」は過去の価値も含めて合計した額の事を指します。

2. どんな意味がある?仮想通貨の時価総額からわかること

時価総額が大きい仮想通貨は、それだけ発行量や市場価格が大きいものなので信用度や注目度が高いという認識が出来るので、仮想通貨の購入の際の参考材料としてチェックする人も多いです。仮想通貨同士を比較する時は時価総額で判断するというのが一般的でもあります。仮想通貨同士の比較だけでなく、仮想通貨全体の時価総額が上り調子なのか、下り調子なのかを確認するための目安ともなりますので、それを意識して売買するという考え方もあります。

現在の主要仮想通貨の時価総額は
・ビットコイン・・・20兆4000億円(発行量1700万BTC、市場価格120万円)
・イーサリアム・・・8兆8200億円(発行量9800万ETH、市場価格9万円)
・リップル・・・・・4兆円(発行量400億XRP、市場価格100円)
となっています。

3. 仮想通貨の時価総額の注意点

仮想通貨における時価総額はどこまで参考になるのか?時価総額のみに焦点を当てて取引をしていると思わぬ落とし穴もあります。人によっても考え方が様々ですので時価総額を参考にする際の注意点をいくつか紹介していきます。

仮想通貨において時価総額を気にする必要があるのか?

株式投資を経験していた人は時価総額を気にする傾向はありますが、「株式と違って仮想通貨においては時価総額を気にする必要は無い」という考えを持つ人もいます。仮想通貨はそれぞれの取引所での取引となるため、時価総額が高くても自分が売買している取引所にどのくらいのコインがあるかどうかは分からないためです。

取引所ごとに価格差もありますので、この場合は多くの取引所の価格をチェックできるような環境づくりをしていく必要があります。

時価総額はあくまでも目安

時価総額がいくら高くても、その値段で買い取る人がいる。というわけではないです。一斉に「売り」に出されたら総情価格が下落します。そうすると自ずと時価総額も下がってしまいます。

発行量の違いを考慮する

時価総額は過去を含めの現在の総額です。例えばビットコインは2009年から発行が始まりました。

一方イーサリアムは2014年から発行が開始しています。時価総額だけを比較してしまうと、この期間の差を考慮出来ないので仮想通貨同士の力関係の比較が不明確になってきてしまいます。発行上限の決まっていない仮想通貨などもありますし、そういった点を考慮しておかないと、表面的な数字にだけ振り回されてしまう結果となってしまいます。

失われた仮想通貨の存在

ウォレット(口座)を管理している秘密鍵(暗証番号の様なもの)を忘れてしまうと、ウォレット内の仮想通貨は誰であろうと取り出すことは不可能となります。このことをセルフGoxと呼びます。セルフGoxしてしまった量がどのくらいあるのかは誰も分からないのです。

それとは別で、仮想通貨の中では消滅する仕組みのある通貨も存在し、そのような通貨は発行量が減ることもあります。

時価総額の変動要因

仮想通貨には管理者が発行できるものと資源が必要なものがあります。また、発行後に全ての通貨が流通するものと管理者が保管するものがあり、それにより変動の仕方が異なります。

管理者が保管する仮想通貨は売りが集中した場合、市場価格場暴落します。一方全てが流通通貨は暴落時に調整が効きません。発行方法や管理方法の違いも変動要因としてあるので、時価総額はあくまでも一つの指標と捉えるべきです。

本当に実現可能な時価総額なのかを計算する

リップルを例に考えてみると、「リップルが6000円まで上がる」という煽り文句を見たとしましょう。リップルの総発行上限数は1000億XRPです。
6000円×1000億XRP=600兆円
となります。この額はドル・ユーロ・円などの時価総額を全部足しても届かない金額です。つまりこんな金額になるとは到底あり得ないことなのです。

4. 仮想通貨の時価総額を確認する方法

ここまでは仮想通貨における時価総額の示す意味、それを考慮することの必要性と落とし穴について紹介してきましたが、ここでは仮想通貨の時価総額を実際に確認する方法を紹介します。

自分で計算するには

仮想通貨の発行量と市場価格が分かれば、電卓を使用して簡単に計算できます。仮想通貨の価格に関しては、仮想通貨取引所で最新の価格が表示されています。仮想通貨の発行量に関しても取引所や各仮想通貨の公式サイトなどで確認することが出来ます。

仮想通貨比較サイトを確認する

いちいち自分で計算するのが面倒だという人は、サイトを検索するといいでしょう。ほとんどの人はランキング形式で仮想通貨の時価総額を紹介しているサイトなどをチェックしています。そういったサイトは様々な仮想通貨の時価総額が一覧になっていて、各仮想通貨の順位の金額がすぐにわかります。
多くの仮想通貨比較サイトがあるので、自分に合う確認しやすいサイトを探しておくと便利です。

5. まとめ

仮想通貨における時価総額の意味や活用点、注意点などを紹介してきました。重要なのは株式でよく参考材料とされる時価総額は、仮想通貨においては違う点があるという事でしょう。

一番の大きな違いは株式は各証券会社が東証という1か所の取引所に代理注文をする形であることに対し、仮想通貨は各取引所ごとに独立している点です。その為、時価総額だけを参考にすると不明確な点が多々あるということです。

しかし時価総額も一つの参考材料とはなることは確かです。現在、注目されている仮想通貨が何なのか。今後将来性がありそうな仮想通貨はどれなのか。そういった点を時価総額から読み取り、この記事で紹介した注意点などを考慮した上での参考として精度の高い取引をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です