仮想通貨伸び率2017年版を紹介!2018年に期待できるコインは?



仮想通貨には、たくさんの種類があることはご存じでしょう。

ただ、値上がり率はコインによって全く違います。

そこで今回は、2017年に伸び率が良かった仮想通貨ランキング、2018年に最も期待できる仮想通貨を紹介します。

ぜひ今回の記事を参考にして、仮想通貨取引で利益を挙げましょう!

仮想通貨。2017年一番の伸び率のコインは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

2017年に最も伸び率が高かったコインは、ビットコインではありません。

実は「リップル」です。

2017年の1月は1通貨0.7円前後でした。

それが、たったの1年で250円前後まで上がったのです。

およそ、350倍上昇しています。

ただ、中国や韓国の規制もあったせいか2018年2月23日現在、1通貨100円~110円の間で取引されています。

仮想通貨の伸び率ランキング

この章からは、2017年に伸び率が良かったランキングを紹介します。

2位から10位まで見てみましょう。

今回はコインレートのチャートを参考(一部の通貨は、違うチャートを参考にしています)にしており、1月当初と2017年の最高値(1通貨あたり)を比較してランキングを付けています。

2位.ネム

1月当初は0.4円前後でしたが、12月には115円前後まで上がっています。

約290倍の値上がりとなりました。

ただ、ネムの流出問題もあったので、今後どうなるかは要チェックです。

3位.ステラ

1月当初は0.2円台でしたが、12月には38円にまで上がりました。

約190倍の値上がりです。

国内では、あまり聞きなれない名前ですが海外では活発に取引されているようです。

日本の取引所で扱われる前に購入しても良いかもしれませんね!

4位.ダッシュ

1月当初は1300円前後でしたが、12月には18万3000円前後になりました。

約140倍の値上がりです。

このコインは、もともと人気がある通貨なので価値が0円になる心配は少ないかと思います。

5位.イーサリアム

1月当初は930円前後でしたが、12月には8万5000円前後まで上がりました。

約91倍の値上がりです。「スマートコントラクト」が搭載されており、契約場面などで役立つコインです。

国内企業でたくさん使われ始めれば、価格もさらに高騰するかもしれませんね。

6位.ライトコイン

1月当初は520円前後でしたが、12月には3万9100円台まで上昇しました。

約75倍の値上がり率です。アルトコインの中でも、古株のコインなのでブランド力は維持し続けると思います。

7位.エイダ

ADAは、2017年10月より売買が開始されました。

当初は1通貨2円前後でしたが、87円台にまで上昇しました(参照:Altcoin Charts「https://altcoinjpy.com/ada.html」)。

約43倍の値上がりです。「カルダノ財団」が発行していることもあり、注目されているコインです。

8位.ビットコイン

1月当初は1通貨11万6000円前後でしたが、12月には221万円前後まで伸びました。

約19倍の値上がりです。

今後も、仮想通貨を引っ張るコインとして活躍することが期待されています。

9位.アイオタ

アイオタは、2017年6月に取引開始されました。

発行当初は64円台だったのが、12月には600円前後まで上がりました。

約9倍の値上がりです。

有名企業との提携も発表されているので今後も目が離せません!

10位.ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、2017年8月から取引開始しました。

上場当初は、8万5000円前後でしたが、12月には42万8000円前後まで上昇しました(参照:coingecko「https://www.coingecko.com/ja/%E7%9B%B8%E5%A0%B4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%88/%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5/jpy」)。
約5倍の値上がりです。

ビットコインから分裂してできたコインということもあり、注目され続けています。

2018年の最も期待できるコインは?

2018年に最も期待できるコインは、個人的には「リップル」だと思っています。

なぜなら、グーグルからの出資、三菱東京UFJ銀行でのシステム利用が発表されているからです。

世の中にリップルのシステムが広がれば、値段も跳ね上がると思われます。

まとめ

2017年に、伸び率が良かったから2018年も期待できるというわけではありません。

ただ、伸び率が良いということは、多くの投資家がこぞって購入した表れでもあります。

そのため、仮想通貨を購入する際に参考にするのはアリです。

ただ、伸び率のみを参考にすると大暴落に巻き込まれる確率もあるため、いろいろな視点で値動きを分析したうえで、トレードすることを忘れないでください。

※本記事の情報などは2018年2月現在のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です