2018年伸びそうな仮想通貨は何?


仮想通貨について日本にいる多くの人々が関心を持つようになった2017年。

仮想通貨は新しい技術によって生まれたものですから、まだまだ問題点も少なくありません。

しかし、これからの技術革新によってセキュリティなどもますます強化され、確かな存在感を得ていくことでしょう。

ということで今回は、2018年に伸びそうな仮想通貨について解説しながら、仮想通貨の購入方法についてもあらためておさらいしていきたいと思います。

1. 2018年伸びそうな仮想通貨は何?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

「どんな銘柄の仮想通貨を購入してもハズレなし」と言われていたのが2017年でした。

しかし2018年は仮想通貨自体の注目度が格段にアップしたことや、様々な銘柄の開発競争が激化することにより、それぞれの銘柄の伸びがハッキリと明確になる年になると言えるでしょう。

では、2018年もますます伸びていくと思われる仮想通貨の銘柄をチェックしていきましょう。

1-1 2018年いちばんの注目銘柄!ネム(NEM/XEM)

日本で特に人気が高く、独自のコミュニティが構築されているのがネムです。

ネム自体を大きく飛躍させる可能性を秘めたアップデート計画(カタパルト)が進んでおり、2018年にこのカタパルトが実行されるといわれています。

そのため、まだまだ市場での価値がそこまで大きくないうちにネムを購入することで
後々大きな利益に繋がるという見方が強まっています。

1-2 契約の自動化に注目!イーサリアム(Ethereum)

ビットコインに次ぐ大銘柄として知られているのがイーサリアムです。

ある一定の条件に基づき、取引と同時に契約をすることができるシステム「スマートコントラクト」を備えている点が強みといえます。

このスマートコントラクト技術に注目している有名企業は数多く、
これから実用化に向けて、その期待感はさらに高まっていくでしょう。

1-3 スムーズな送金がポイント!リップル(Ripple)

時価総額がビットコイン、イーサリアムに次いで3位と、国内でも注目されています。

またリップルのすごいところは、その送金スピードの速さでしょう。

海外への送金する際にも所要時間はわずか数分というから驚きです。

SBIホールディングスやみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行といった日本の大手銀行と提携、今や世界中の金融機関から熱い視線を送られているのがリップルです。

2. 初めてでも大丈夫!仮想通貨の購入方法をあらためておさらいしよう

「仮想通貨の取引で大きくお金を儲けることができた!」という人々が続出している一方で、「今さら仮想通貨っていっても…すでに遅すぎるような気がする」と仮想通貨への興味を失いつつある人もいるかもしれません。

しかし仮想通貨の真価が問われるのはまだまだこれから!
今からでも全く遅くありません。
ではあらためて、仮想通貨の購入方法についておさらいしておきましょう。

2-1 スマホひとつで簡単スタート!仮想通貨取引を始めよう

仮想通貨で儲けることはすなわち、株式やFXのように「投資」をして儲けるということだから「簡単ではない」という認識を持っている人は多いでしょう。

しかし、実際にやってみると分かりますが、仮想通貨投資は驚くほどシンプルで簡単に始めることができます。

パソコンの前にじっと座って色々と難しい作業をしなければいけない・インターネットに関する詳しい知識が備わっていないとムリだというのは間違いです。

スマートフォンひとつあれば仮想通貨取引を即座にスタートさせることができますよ。

2-2 手順1:取引所に登録する

スマートフォンひとつあれば仮想通貨取引を始めることができると述べました。

ではさっそく、その手順を説明していきましょう。

まずは仮想通貨を購入し保管しておくために、仮想通貨の取引所に登録をします。

メールアドレスとパスワードさえ用意しておけばOKです。

まずは日本国内にある、金融庁に正式に認可された取引所に登録しましょう。

・Bitflyer(ビットフライヤー)

仮想通貨の代表格ともいえるビットコインを扱う取引所としては最も規模が大きく、
資本金も安定しているので初心者向きといえます。

・Zaif(ザイフ)

ビットコインやアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)も豊富に取り扱っており、
割安な手数料で取引することができます。
積み立て投資などにも対応しているてんにも注目です。

2-3 手順2:本人確認!身分証明書を用意しよう

仮想通貨の取引所への登録を済ませたら、次は本人確認の作業に移ります。
主に2つの方法で確認することを求められます。

・SMS認証

スマートフォンに備わっているSMS(ショートメッセージサービス)機能を活用した認証方法で、電話番号宛てにメッセージが送られてきます。

そのメッセージを取引所に入力することで認証を行います。

・本人確認用の書類を提出

顔写真付きの身分が証明できるもの(運転免許証の裏表、パスポート、マイナンバーカードなど)、場合によっては提出する身分証と自身が一緒に写った写真を提出する必要があります。

取引所のほうで本人確認作業が終了すると、簡易書留で「登録完了」のハガキが届きます。これで仮想通貨の取引をスタートさせることができるようになります。

2-4 手順3:取引所で仮想通貨を購入しよう!

取引所への登録・本人確認が滞りなく済んだら、いよいよ仮想通貨を購入します。

購入したい金額分の日本円を取引所に入金しましょう。

銀行振り込み・コンビニ入金・クレジットカード入金が可能です。
ただ、クレジットカード入金の場合は手数料が割高になるのであまりお勧めしません。

3. まとめ

ここまで、2018年にさらに伸びが期待できそうな仮想通貨の銘柄の紹介や、
仮想通貨の購入方法についてあらさめて解説してきました。

2018年にはまだまだ伸びしろがあります。

「今さら遅い」「儲けるのはもう難しいだろう」といったマイナスのイメージを取り去り、
これからの伸びが大きく期待できそうな銘柄に投資してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です