仮想通貨が盗まれる?盗まれないためにできる対策とは?



仮想通貨は盗まれる可能性がある?

と言うことでお悩みではないでしょうか。

仮想通貨は、その管理の仕方などで、盗まれてしまう可能性があります。

ですが、目に見えない仮想通貨が盗まれると言われてもピンとこない人もいるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、

  • 仮想通貨が盗まれる場合とは?
  • 仮想通貨が盗まれないための対策

についてお伝えしたいと思います。

仮想通貨が盗まれるのは、簡単な対策でその可能性を大きく下げることができます。

では早速見ていきましょう。

仮想通貨が盗まれる場合とは?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨が盗まれるのは、なぜどのような原因で起きるのでしょうか。

ここでは、

  • 仮想通貨が盗まれる原因
  • 仮想通貨が実際に盗まれたケース

について、見ていきましょう。

仮想通貨が盗まれる原因

仮想通貨が盗まれる原因は、大まかに、

  • 取引所のIDとパスワードが漏れ、不正出金される
  • APIキーが盗まれる
  • 秘密鍵が盗まれる

という場合があります。

上記のいずれのケースも、セキュリティ対策を行うことで、ある程度対処することが可能です。

ただし、ハッカーの攻撃手口は日々巧妙になってきており、どれほど対策をしていても不正アクセスされる可能性は0ではありません。

仮想通貨が実際に盗まれたケース

仮想通貨が実際に盗まれてしまうケースにはどのようなものがあるのでしょうか。

その最も有名なものがマウントゴックスのケースです。

ここでは、420億円ものビットコインが流出しました。

その原因は、セキュリティの脆弱性をついたものになります。

特に仮想通貨の取引所は、取扱金額が莫大なため、取引所を狙うハッカーはたくさんいます。

また個人の口座を狙うものも少なくないため、個人でもできる対策をしっかりとすることで、

安全な取引所を選ぶことも大切ですが、自分でできる対策で、不正アクセスの可能性を大きく下げることができます。

仮想通貨が盗まれないための対策

では、仮想通貨が盗まれないためには、どのような対策をすればよいのでしょうか。

ここでは、

  • 仮想通貨が盗まれないための対策
  • 仮想通貨が盗まれてしまったら

についてお伝えしていきます。

仮想通貨が盗まれないための対策

大まかには、

  • 取引所で行う対策
  • ハードウォレットを導入する

取引所で行う対策

取引所で行う対策としては、

  • IDとパスワードを他のサービスと同じものにしない
  • 2段階認証を設定する
  • 安全な取引所を選ぶ

があります。

両方とも不正アクセスを防ぐためには、基本的なことですが、とても大切です。

特に仮想通貨取引所では、2段階認証をしていないと、不正アクセスについての保証がありません。

また、取引所のセキュリティ機能は、不正アクセスや不正出金を防ぐためには、とても重要です。

ですが、ここまで対策しても不正アクセスをされる可能性は0ではありません。

そのため、それ以上にセキュリティ対策をするのであれば、ハードウォレットを導入するのがおすすめです。

仮想通貨が盗まれてしまったら

仮想通貨が盗まれてしまったら、基本的には返ってくる可能性はありません。

ですが日本では、資金決済法が2017年に改正され、取引所には、

  • マネーロンダリングの防止
  • 利用者の保護

を目的にいくつかの制度が導入されました。

具体的には、

  • 取引所は、金融庁の登録が必要
  • 適切な情報提供の義務
  • 利用者財産の分別管理
  • 取引時確認の実施

などです。

また、取引所によっては、適切なセキュリティ対策を施すことで、万が一セキュリティが破られても一定の金額を保証してくれる取引所もあります。

そのため、安全な取引を行いたいのであれば、

  • 金融庁に登録されている取引業者
  • 保証をしてくれる取引業者

を選ぶのがおすすめです。

まとめ

ここでは、

  • 仮想通貨が盗まれる場合とは?
  • 仮想通貨が盗まれないための対策

について見ていきました。

仮想通貨を盗まれないようにするための対策としては、

  • IDとパスワードを他のサービスと同じものにしない
  • 2段階認証を設定する
  • ハードウォレットを導入する
  • 安全な取引所を選ぶ

がありました。

これで、仮想通貨を盗まれるリスクを下げるために必要なことがお分かりいただけたかと思います。
まずは、

  • 自分のIDやパスワードを使いまわしていないか
  • 2段階認証を設定しているか

の2点を確認することからはじめて見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です