仮想通貨の引き出し方って実は簡単なの?

仮想通貨はどうやって引き出すの?

そうわからなくて不安になっている人も少なくないのではないでしょうか。

仮想通貨は、2017年に大きくその価値を上げ、2018年にコインチェックの騒動もあり、現在はその価格を落としていますが、今後も大きく成長していくことが期待されています。

ですが、日本円に換金できるか不安だと、仮想通貨投資をはじめるのは難しいですよね。

そこで、この記事では、

  • 仮想通貨を引き出す方法
  • 出金したときにかかる税金に注意!

についてお伝えしたいと思います。

仮想通貨の出金は実際やってみるととても簡単です。

この記事で、仮想通貨を引き出せるのか不安だという気持ちを解消していきましょう。

仮想通貨を引き出す方法

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

仮想通貨通貨を引き出すには、

  • 取引所から引き出す
  • ビットコインATMから引き出す

などの方法があります。

ですが、仮想通貨の取引や出金は主に取引所から行うのがおすすめです。

では詳しく見ていきましょう。

取引所から引き出す

仮想通貨を取り出すのにほとんどの場合は、仮想の取引業者から引き出すのが一般的です。

引き出すまでの大まかの流れは、

  1. 取引業者内の仮想通貨を日本円に換金する
  2. 取引所内にあるお金を銀行の口座に振り込み手続きを行う

です。

取引業者で交換するのがそれほど難しくないことがわかるかと思います。

また仮想通貨を出金するのに、手数料が必要になります。

手数料は、それぞれの取引所で異なりますが、

  • コインチェック:400円〜(出金額によって異なる)
  • ザイフ:350円(50万円未満の場合)
  • ビットフライヤー:216円(三井住友銀行で、3万円以下の出金の場合)

です。

参考にしてみてください。

それぞれの取引所で、若干の差はありますが、1〜2営業日で振り込みが完了します。

ただし、仮想通貨を日本円にしてそこから利益が発生している場合は、納税義務が発生し、確定申告をしにいく必要があります。

事前にしっかり確認するようにしましょう。

ビットコインATMから引き出す

また、ビットコインを引き出せるATMも実はあります。

ビットコインATMでは、出金と仮想通貨への入金のどちらかを行うことができます。

2018年3月の段階では、東京近辺にしか存在していませんが、今後仮想通貨の利用頻度が増えてくるにつれて、拡大していくのではないでしょうか。

ただし、現状では入出金の手数料が取引所と比べると割高なため、便利ではありますが、2018年現時点ではあまりおすすめできません。

出金したときにかかる税金に注意!

ビットコインに限らず、仮想通貨を売却し、そこから利益が出ていた場合雑所得となり、納税義務が発生します。

とはいえ、普段会社に勤めているなどして税金に触れていないとそうした仕組みはわかりにくいですよね。

そこで、ここのトピックでは、

  • 税金がかかるタイミング
  • 税金はどのくらいかかる?

についてお伝えしたいと思います。

税金がかかるタイミング

では税金は、どんなタイミングで発生するのでしょうか。

仮想通貨の税金は、仮想通貨を売却し日本円にしたときに発生します。

銀行口座に振り込まれたときではありませんので、その点は注意しましょう!

そのため、細かい取引を行って利確をしていると、その都度税金が発生していきますのでくれぐれも注意してください。

金額はどのくらいかかる?

仮想通貨の納税はいくらくらいになるのでしょうか。

この仮想通貨で生まれた利益は、雑所得として扱われ、総合課税で課税されます。

つまり、自分の本業としての収入と合算して計算され、その収入の金額が高ければ高いほど税金が高くなる累進課税になります。

また仮想通貨の税金は、自分で確定申告をしにいく必要があります。

もしそのまま放置しておくと、税務署から督促状が届き、より高い税金を払うことになってしまいます。

そのため、出金したお金を全部支払ってしまうと大きな苦労をしてしまうことがあるためくれぐれも注意してくださいね。

仮想通貨を引き出すのはとっても簡単

この記事では、

  • 仮想通貨を引き出す方法
  • 出金したときにかかる税金に注意!

についてお伝えしてきました。

仮想通貨の出金は、難しそうなイメージがあったかもしれませんが、そんなイメージが払拭できたのではないでしょうか。

この機会に、ぜひ口座の開設を検討して見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です