稼ぎまくる泉忠司のメルマガとは?

 

作家として、ビジネスマンとしての泉忠司さんについて今回はお話ししていきたいと思います。

1. 泉忠司さんのプロフィール

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

1972年香川県高松市生まれ。「リアルドラゴン桜」の異名の様に、偏差値30から半年で全国模試1位になるほどの結果を出し、テレビやラジオなど様々なメディアで活躍するとともに、50冊を超える著書を書き上げる非常にパワフルな方です。

仮想通貨でも有名になり、「泉忠司の仮想通貨バイブル! DVD5巻セット」などは、非常に話題になりました

1-1.  ミリオンセラー作家って本当?!

最近では非常にビジネス色の強い泉忠司さんですが、「リアルドラゴン桜」と呼ばれるだけあって、勉強法に関する本も多数出版しています。

「歌って覚える英文法完全制覇」をはじめとして、泉忠司の完全制覇シリーズは、多くの受験生のバイブルとなっています。

個人的な意見ですが、タイトルの引きが良いからだと思いますが、最近たまたま気になって手に取った本の内、泉忠司さんの著書が3冊も入っていました。

最新作の「ドクロパンダ ボクを探して」や「バカとブスこそ金稼げ!」など、非常にキャッチーな著書をたくさん出されています。

実際、いくつかの著書を読ませて頂いていますが、非常に基本に忠実で、抜け目ない性格がうかがえるような内容になっていました。

実際、本の内容は面白いですし、著書の累計発行部数は350万部以上に上ります

2. 泉忠司さんのメルマガと暗号通貨

泉忠司さんと言えば、ノアコインという仮想通貨で非常に有名になりました。

2-1. ノアコインとは?

ノアコインは、フィリピンの貧困層を救う事を目的として作られて仮想通貨の様です。

2018年に一般公開予定で、その前に4度のプレオープンを予定しており、そのノアコインを泉忠司さんが推奨しているという事で話題を集めました。

インターネット上では、フィリピン政府が国家プロジェクトとして推進しているという話が上がっていたのですが、それは間違いであるとニュースになりました。

フィリピン政府もそのことに対してはっきりと国家プロジェクトでないことを明言しており、その件があってから返金対応が行われるなど、一時非常に話題になった仮想通貨です

2-2. 暗号通貨と仮想通貨の違いは?

暗号通貨と同様に、仮想通貨という言葉についても最近よく耳にしますよね。

多くの人から、この2つの違いについて聞かれます。

結論から言ってしまうと、この2つに特に違いはありません。

仮想通貨とは、日本での通り名であり、海外では主に暗号通貨と言われています。

ただ、日本での認識として仮想通貨のことを、SuicaやICOCAなどの電子マネーと一緒にしてしまう人もいますが、これは別物です。

泉忠司さんが以前に手掛けた仮想通貨!?エイダコインとは?

実は、泉忠司さんはエイダコインという仮想通貨に関わっていました。

泉忠司さんが出資者の一人でもあるようで、開発者のチャールズホスキンソンとも親交が深いようで、出資者だからという理由で他人にも勧めているようにも思われがちです

しかし、色々な動画を見ていると、泉忠司さん自身がそのビジネスにおける理念や仕組みを重視しているように感じるため、本当に良いものなのかもしれません。

3. メルマガ/オファーのメリット・デメリット

泉忠司さんは、公式のメルマガは存在するようですが、その中身であったり、その他オファーに関してはあまりネット上での情報がありません。

あるサイトでは、そのメルマガの内容を見つけることができたからと言って、引用するだけの記事が存在するくらいに情報が少ないのです。

しかし、その文面から察するにこれまでに知らない情報を得るチャンスになることは間違いありません。

個人的に無料オファーなどに登録してみましたが、その中で感じたこととしては、文章で見る時には感じない圧がオファーには感じられました

強い言葉と言い回しで、下手をすると不快感を相手に与えるような言い回し。

しかし、その内容に関しては認めざるを得ない内容も多く、素直に聞くことができるならかなり勉強になると思います。

まとめ

今回は、泉忠司さんのメルマガやオファーについて見てきました。

中々確実な情報が見つからないのが実情ですが、無料の動画やセミナー、メルマガやオファー等様々な方法で露出しています。

更に、その内容もビジネスから仮想通貨まで、色々な内容を話されていますので、自分の興味のある内容で一度聞いてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です