会社にバレずにお小遣い稼ぎをしたい!そのポイントとは

副業したい!お小遣い稼ぎをしたい!けど、会社に知られたくなかったり、そもそも会社で副業が禁止されているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。お小遣い稼ぎをしたいという方が増えている理由や会社にバレずにこっそり副業をする方法をご紹介します。

1.お小遣い稼ぎをする人が急増している理由

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

小遣い稼ぎをしたいという方が増えている理由は、働き方改革などで副業が注目されているということや、インターネットの普及でどこに居てもできる副業が増えたということなどでしょうクライアントと受注者を結び付けるクラウドソーシングなどは、このような社会の流れの中で非常に注目を集めています。

お小遣い稼ぎをすることで、生活にゆとりができたり趣味に費やすことができるのも魅力のひとつと言えるでしょう。

2.お小遣い稼ぎは法律違反になるの?

一般企業に勤める方がお小遣い稼ぎをする場合は、お小遣い稼ぎの方法が違法でない限り補法律違反にはなりません。

お小遣い稼ぎ…いわゆる副業が法律違反になるのは地方公務員法や国家公務員法で副業が禁止されている公務員の場合のみです。

公務員の場合は、法律で副業が禁止されているので、例外的な認められている副業や任命権者の許可を得て副業をしている場合以外は、副業でお小遣い稼ぎをすると違法行為になってしまいます。

もし、会社の服務規定で副業が禁止されていてもそれは法律ではありませんので、違法行為にはなりません。

会社によっては、服務規程違反で処分の対象になることもあるかもしれませんが、それは単なる服務規定違反で、法律違反ではありません。

3.お小遣い稼ぎが会社にバレてしまう理由とは?

一般企業の場合は、仮に会社が禁止していても法律違反にはならないお小遣い稼ぎ…ですが、やっぱりバレるのは嫌ですよね。

禁止されていなくても、なんとなく知られたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

では、そもそもお小遣い稼ぎが会社にバレる原因はなんなのでしょうか。

3-1.確定申告

確定申告で会社にバレる可能性があります。

確定申告の際には、会社が住民税をあなたの代わりにお給料から納付してくれるのですが、ここで市役所からあなたの収入に対して加算される住民税の通知が会社に行きます。

会社はあなたの年収を分かっているので、住民税の額が多いと副業をしていることがわかってしまうのです。

3-2.見られていた

副業がバレる原因として考えられるのが、シンプルに見られていたというものです。

上司や部下、同僚やその家族など、どこで誰に見られているかはわからないものです。

副業でお小遣い稼ぎをしたいという場合は、見られるリスクが少ない職種を選ぶのもポイントになりそうです。

3-3.いわゆるタレコミ

これは、公務員の副業がバレるケースですが、最も多い原因はタレコミだそうです。

人の口に戸は立てられませんし、一度タレコミをされてしまうと何を言っても言い訳がましく聞こえてしまうという不の側面もあります。

タレコミをされる原因としては、お小遣い稼ぎをしている先で本業の会社が副業を禁止していることがバレてしまうというケースや、見られていた…。という場合などです。

3-4.マイナンバーで会社にバレやすくなった?

ひとりひとりに交付されるマイナンバーですが、このマイナンバー制度でお金の流れが非常に明確になるため、バレやすという側面があります。

お小遣い稼ぎの際に、マイナンバーの提出を求められたら…素直に提出せずにバレないかどうかをしっかりと確認しましょう。

提出されたマイナンバーをどのように使用するのかを聞けば、提出することで会社にお小遣い稼ぎがバレるかどうかを判断することができます。

4.お小遣い稼ぎが会社にバレない為の対策や方法

せっかくお小遣い稼ぎをしても、会社から処分されてしまったら…元も子もありません。

こっそりやる為には、何に注意すれば良いのでしょうか。

4-1.確定申告を自分でする

会社にお小遣い稼ぎがバレるリスクが高いのが確定申告です。

会社があなたの代わりに住民税の納付をしてくれる場合、市役所などからあなたの住民税の金額が会社から通知されることになります。

この金額を会社がみたら、お小遣い稼ぎがバレてしまうかもしれません。

会社があなたに支払っているお給料に対する税金より、加算額が大きかったら…それは会社からの年収以外にも収入があるということです。

つまりお小遣い稼ぎがバレるということになるわけです。

そうならないように、住民税を自分で納付するという欄にチェックを入れて自分で納付するようにしましょう。

4-2.見られないように注意する

見られる可能性が高い副業を避けること、そして、見られないように注意することも重要です。

コンビニのアルバイトや工事現場、ビルの清掃、飲食店などはどこで誰に見られているかわかりません。

自宅で出来る内職などであれば、見られるリスクは少なくなるでしょう。

もし、どうしても見られるリスクがある方法でお小遣い稼ぎをする場合は、見られないように十分注意しておきたいですね。

一度、見られてしまったら取り返しがつきません。

絶対に、見られないようにしましょう。

5.バレない確定申告の方法

お小遣い稼ぎがバレる理由として最も多いのが、確定申告です。

でも、確定申告は方法を工夫すれば会社にお小遣い稼ぎがバレるリスクを減らすことができるのです。

その具体的な方法をご紹介していきます。

5-1.20万円以下なら不要

お小遣い稼ぎをしていても、収入から必要経費を引いた「収入」が年間で20万円以下の場合は確定申告をする必要がありません。

つまり、一年間の収入が20万円以下になるように調整してお小遣い稼ぎをしていけばよいのです。

20万円というと、月に1万6千円程度ということになります。

お小遣い稼ぎという枠内であれば十分な金額なのではないでしょうか。

5-2.自分で納付する

確定申告書の用紙の2枚目には「住民税・事業税に関する事項」欄があります。

ここをよーくみると「住民税の徴収方法の選択」という記載があります。

ここには「給与からの天引き」か「自分で納付」という選択ができるようになっているのをご存知でしょうか?

この欄の「自分で納付」にチェックを入れておけば、会社があなたの代わりに住民税を納付しないので、収入に対して加算される住民税の通知が会社にみられることがありません。

つまり、バレないのです。

その代わり自分で住民税を納付しなければならないので、市役所などに行く手間がかかるということになります。

6.バレないお小遣い稼ぎのおすすめ

バレるリスクがないお小遣い稼ぎ…先ほどもご紹介しましたが、見られるリスクを回避することがバレないお小遣い稼ぎの極意と言っても過言ではありません。

では、どんなお小遣い稼ぎが見られるリスクが少なくバレにくいのでしょうか。

6-1.クラウドソーシング

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで仕事を請け負って、インターネット上ですべて完結させるという方法があります。

事務作業やデータ入力など、だれでもできるお小遣い稼ぎがたくさん募集されています。

また、高度なライティングやシステム開発などもありますので、技術者の方にとっても十分満足できる副業を探すことができます。

クラウドソーシングで募集されているお仕事のほとんどが、源泉徴収されないタイプのものですので、自分で納付することになります。

確定申告は少々面倒ではありますが、先ほどご紹介したポイントを押さえておけば、住民税が原因で会社に副業がバレる心配はありません。

6-2.家業の手伝いなど

家業の手伝いであれば、お金を払うのはあなたの家族ですからバレる心配はまずありません。

そして、もし見られたとしても家の手伝いをしているだけだと言ってしまえば問題ないので、見られた場合でも大丈夫ですね。

6-3.手渡しでお給料をもらう

手渡しでお給料をくれるお小遣い稼ぎも、バレる心配はほぼないといえます。

もちろん、確定申告はしなくてはいけませんが、自分で納付すればいいわけです。

つまり、手渡しでお給料をもらって年額20万円以下に抑えるか、確定申告の際に自分で納付するように設定しておけばいいのです。
その上で、見られるリスクが少ない業種なら、ほぼバレないといえます。

6-4.本業をおろそかにしない

お小遣い稼ぎに夢中になって、ついつい本業がおろそかに…ということがないようにしておきましょう。

お小遣い稼ぎはあくまでも副業…本業をおろそかにしてまですることではないのです。

そして、お小遣い稼ぎに夢中になって本業がおろそかになるとそれが原因で副業がバレる心配もあります。

あくまでも本業を最優先にして、今までと変わらない仕事ぶりをみせることもお小遣い稼ぎをバレにくくする要素なのです。

6-5.絶対に口外しない

お小遣い稼ぎで生活にゆとりが出てきた場合…ついつい誰かに言いたくなってしまうこともあるかもしれません。

でも、会社とかかわりがある人には絶対に話してはいけなません。

たとえ、どんなに信頼している人にでも、言わないようにするほうが賢明です。

一度口にしたことは、取り消すことができません。

また、あなたの秘密を知ってしまった相手にも負担をかけることになります。

会社の複雑な人間関係は、いつどうなるか分からないものです。

知られてはいけないことは、どんな相手にでも言わないようにしましょう。

まとめ・バレないお小遣い稼ぎ

お小遣い稼ぎをしたいという場合には、注意が必要です。

会社にバレたくないという場合や、会社の服務規定で副業が禁止されている場合は、確定申告の方法やお小遣い稼ぎの金額、見られないこと、そして絶対に言わないことが重要なポイントです。

確定申告の場合は、自分で納付するという欄にチェックを入れておけばいいのです。

そうすれば、会社があなたに代わって住民税を納付しないので確定申告でバレることがありません。

また、マイナンバーの提出を副業先で聞かれた時もどのように利用するのかを聞いて、慎重に提出しましょう。

お金の流れが明確になるマイナンバーの提出と確定申告には、注意が必要です。

また、副業をしていることを社内でうっかり言わないようにしてくださいね。

会社に内緒で副業をすることは、法律違反ではありません。

一般企業の場合はこっそり副業をしても違法ではないので、バレないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です