仮想通貨のチャートを攻略しよう!


仮想通貨のチャートは難しいと言われていますが、そうでしょうか。

今回の記事では、このチャートの見方について迫っていきたいと思います。

1. 基礎からわかる仮想通貨チャートの見方

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

チャートにおける時間軸を理解しましょう。時間軸については、価格の変動における動きを、時間を基準として示す時間足であったり、1日を基準として表す日足、そして同様にして、一週間を基準として表す週足、一ヶ月を基準として表す月足があります。

1-1. 仮想通貨のチャート分析でわかること

チャート分析をすることにより、その仮想通貨が今買うべきなのか、売るべきなのかといったトレンドがつかめます。

1-2. 超基本用語「4本値」の見方

「始値」、「終値」、「高値」、「安値」の4つの値段を合わせたものを「4本値」と呼びます。最初に成立した値段を「始値」

同様にして最後に成立した値段を「終値」と呼び

一番高く成立していた値段を「高値」

そして一番低く成立していた価格を「安値」と呼びます。

2. 仮想通貨チャートの基本!ローソク足チャートの見方をレクチャー

仮想通貨に限らず、為替の変動を掌握する際にはローソク足チャートを利用することが一般的です。ローソク足ってなんだ?という方のために簡単に説明しておくと、ローソク足とは、一定時間における為替相場の変動を視覚的にわかりやすく表したもので、それがローソクと形が似ていることからこのように呼ばれていると考えられます。

2-1. ローソク足チャートでわかること

ローソク足チャートは、相場を読み解く一般的な分析方法です。以下詳しく説明して行きます。

2-2. ローソク足チャートの用語解説

一般的に青色のローソク足チャートは「陽線」それに対して赤色のローソク足は「陰線」と呼ばれています。簡単に言ってしまえば、陽線はその通貨の価格が一定時間の間に高まったことを示し、逆に陰線は一定時間にその通貨の価格が下がったことを示します。もちろんここでいう一定時間とは、先ほど紹介した時間軸における時間になります。日足だったら1日になりますし、週足だったら一週間になります。

またローソクの上にひげのうような線がある場合、それを「上ヒゲ」、同様にして下にある場合それを「下ヒゲ」と呼びます。そしてローソク本体を「柱」と呼びます。

ローソク足は五つのパターンに大別して理解すると良いでしょう。
その五つとは、「大陽線」、「大陰線」、「小陽線」、「小陰線」、「十字線」です。

大陽線は、始値から終値まで大きく価格が上昇した時のものです。また、大陰線は、その逆で大きく価格が下がった時のものになります。

小陽線は、始値から終値までの価格が上昇しているが、その変動が比較的小さい時のものです。また、小陰線は、その逆で、価格が下がっているが、その変動が比較的小さい時のものになります。

そして、最後に、十字線ですがこれは、始値と終値の値段が全く同じになった時のものになります。

2-3. ローソク足チャートの見方の参考例

ローソク足は五つのパターンに大別して理解すると良く、その五つとは、「大陽線」、「大陰線」、「小陽線」、「小陰線」、「十字線」であることは先ほど紹介させていただいたので、今度はこれらの各々の見方について説明していきます。

大陽線は、想像に容易いと思いますが、市場における、その通貨の価値が上がっていると捉えます。

大陰線は、その逆であり、市場における、その通貨の価値が下がっていると捉えます。

小陽線と小陰線に関しては、途中経過において、その価格に大きな変動が認められたとしても、最終的に始値と終値には大きな差が生まれないというケースが多いので、市場におけるその通貨の価値の安定性を見出しても良いかもしれません。

そして最も重要と言っていいでしょうか。十字線は、一般的にその通貨の市場における価値がこれから変動するといったサインになりますので、買い、または売りのチャンスと考えて良いかもしれません。

市場での、その通貨の価格が低い時の十字線は、その通貨の価格の上昇を、逆に、その通貨の価格が高い時の十字線は、その通貨の価格の下落を予想しても良いかもしれません。

ただあくまで、これは大方の事例に当てはまることであり、必ずしも成立するわけではありません。そもそも、為替に必ずはないので、いろいろな失敗をして自分なりの理解を有することが重要であると言っていいでしょう。

3. これもチェックしてみよう!ローソク足チャート以外の見方

バーチャート、中空ローソク足チャート、ランチャート、エリアチャート、平均足チャートについて紹介していきます。

3-1. バーチャートの見方

バーチャートもその基本は、ローソク足とあまり変わらないと考えて良いと思います。高値を頂点、安値を定点とした棒足に、始値を左側に、そして逆に終値を右側に表示しています。

メリット

バーチャートは高値、安値を強調した、チャートなので、一定時間における高値を結んだ上昇トレンドライン、そして逆に、安値を結んだ下降トレンドラインを非常に綺麗に引くことができます。故に、ブレイクアウト、ブレイクダウンをも視覚的に認識することができます。相場の変動をしっかりと捉えやすいチャートであると考えると良いでしょう。

デメリット

言わずもがなですが、バーチャートの劣っている点は、始値、終値が認識しづらいところでしょう。ローソクチャートとは異なり、陽線になっているのか、または陰線になっているのかはバーチャートを一見しただけでは分かりません。始値、終値を重要視するトレーダーの方には不向きと言えます。

3-2. 中空ローソク足チャートの見方

中空ローソク足チャートとは、単純に、ローソク足チャートの陽線の柱を塗りつぶさず、中空にしたものになります。ローソク足チャートとそれほど大きな違いはありません。

メリット

単純に、ローソク足チャートよりも、見やすいという点で優れていると考えてもらって良いと思います。内容に関してはそれほどローソク足チャートと違いはありません。

デメリット

ローソク足チャートとそのデメリットは同じです。

3-3. ランチャートの見方

ランチャートとは簡単に言ってしまえば、小学生に馴染みの深い折れ線グラフのようなものです。情報を発生順にプロットしたものになり、時間軸に対する相場の変動を表します。

メリット

ランチャートの優れた点は、なんと言ってもその簡潔性でしょう。複雑な変動を繰り返す、為替相場の変動をシンプルに捉え直すことが可能になります。マクロな視点で為替相場を見渡す際に有効でしょう。

デメリット

ランチャートにおけるメリットである簡潔性は、逆に言えば、細かいところの変動は捉えられないということになります。ミクロな視点で、為替相場を捉えることには不向きと言って良いでしょう。

3-4. エリアチャートの見方

エリアチャートとは、時間軸に置ける、何らかのデータの変化であったり、一つにとどまらない複数の項目を比較検討する際に頻繁に利用されます。また、プロットされている各データの値を合計を算出し、その値に対する各データの割合を示します。

メリット

エリアチャートの優れている点は、視覚的に多くの情報を取り入れる事ができる点でしょう。また各データの合計値に対する、各データ値の割を見て取れるのも有効ですね。

デメリット

ローソク足チャートと比較して、情報量がかなり少ないので、あまり使っている人が少ないイメージです。

3-5. 平均足チャートの見方

それでは、平均足チャートについて説明していきます。これは実は日本古来のチャート分析法として認識されており、「コマ足」といった名前で親しまれてきました。

最近では、海外において、この日本独自のチャート分析法が、為替相場の掌握に有効なのではないかという論文が発表されて、これが研究対象になっているそうです。

平均足チャートは、ローソク足とその基本は同じですが、その相場のトレンドを、視覚的に捉える事ができるよう、多少の工夫が凝らされているチャートになります。

先ほど紹介させていただいた4つの価格、「始値」「高値」「安値」「終値」がやはり平均足チャートでも基本となります。そしてこのうち、高値、安値についてはローソク足チャートについてのそれと全く同じですが、始値と終値については違いがあります。

平均足における、始値、終値は以下のように計算され、定義されます。

始値はそれより1つ前の足に置ける始値と終値を足しあわせて2で割ったもの、そして終値は、注目している足に置ける始値、高値、安値、終値、この4つを足しあわせて、4で割ったものになります。

メリット

平均足チャートの優れている点としては、やはりトレンドを捉えやすいという点に限るでしょう。上昇トレンド、下落トレンドの判別に加え、そのトレンドの終了、転換のサインをも認める事ができることでしょう。ローソク足チャートには、この点は認められません。

デメリット

このチャートにおけるデメリットとしては、やはり細かい値動きには対応できないことでしょう。トレンドが捉えやすいということはすなわち、情報がミクロ的な視点からのものが多いということになりますので、これは致し方ない点かもしれませんね。

3-6. 仮想通貨の相場の見方

仮想通貨の相場は上記で紹介させていただいた方法のうちいくつかを駆使して捉えていただくと良いかと思います。

メリット

様々なチャートを利用することにより、多角的に相場を捉える事ができるようになり、その正確性が増す事だと考えられます。

デメリット

やはり、様々なチャートを利用し、多角的に相場を捉えるのは容易ではありません。慣れと共に時間が必要となるでしょう。

4. まとめ

ここまで仮想通貨のチャートについて、その様々な種類を紹介してきました。それぞれにメリットとデメリットがあるのでそれを踏まえた上で上手く活用していくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です