情報で億を稼ぐ野呂田直樹の会社情報を調べてみた!

野呂田直樹さんの会社については、調べても調べても何も出てきません!!

セキュリティーがしっかりしてるんですね。

何という会社なのか、どこにあるのか、社名さえも分かりません。

ネットビジネスの会社である以上、もう住所なんていらないんでしょうね。

それでも、何をしている会社なのか、わずかな情報から読み取っていきましょう!

数秒で億単位を稼ぎだす超カリスマ経営者、野呂田直樹の会社はどんな会社?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

野呂田さんの会社は「インターネットマーケティング」や「マーケティングコンサルティング」を主な事業として展開しているようです。

大学を卒業して起業し、わずか1年で10億円を売り上げるという快挙!

その柱となる内容は「プロダクトローンチ」です。

「プロダクトローンチ」ってご存知ですか?

みなさん一度は目にされたことがあるはずです。

ネットサーフィンしていると、縦スクロールの長い広告をよく見ますよね?

あれが「プロダクトローンチ」です。

その手法は、実はとてもよく考えて作られているんです。

そのため、今では詐欺の手法としても多く用いられ、その信用性はほとんどなくなってしまいました。

これは実は簡単にできるものではないのです。

これまでにどんな仕事をやっているのか?

野呂田さんは、自らを「文章家」と称すほどものを書くのが好きなんです。

実は「コピーライティング」の分野でも、数々の賞を受賞されていて、むしろこの才能が開花したからこその「プロダクトローンチ」であったということができます。

野呂田さんの会社で、どんなことをやっているのかは謎のままですが、野呂田さんはいろいろなことにチャレンジされています!

まず、モデルとして活動されたり、舞台俳優としてもデビュー。

さらにはK-1で格闘家としてもデビューされ、現在は自伝が「映画化」というすごい状態。

最近の成功者は、マルチというかボーダレスというか、自分の活動に制限のない人がたくさんいます。

素晴らしいことですね。

「やりたかったことは全部やる!」ということのようです。

スタッフはどのくらいいるの?

野呂田さんの会社についての情報は、まったくと言っていいほど伏せられています。

もちろんスタッフが何人いるのかも分かりませんでした。

ただ、「のろかみ」というコンビで会社を設立しており、その相方は「上村翔」という人物。

この方も、野呂田さんと同じく早稲田大学を卒業し、卒業式で表彰された人物だといいます。

この親友上村翔さんと、大学卒業後に会社を設立されています。

野呂田さんの会社が作成する「プロダクトローンチ」の完成された技術とは?!

「目を覚ませ!!」という大きな文字から始まる野呂田さんの会社の最新のプロダクトローンチ。

人の心をつかむには、最初のひと言がすべてだといいます。

さらに「『給付金?』『何ちゃらギフト?』『お金あげます?』そんなものはありません。」と続きます。

ようするに、「ここに掲載されている情報には、都合のいいことは書いていないよ!」ということでしょう。

物語でいうと、最初の部分。

ラピュタで言うと「シータが落ちてきた!」といった部分でしょうか。

これからどうなっていくのか、興味がそそられる構成になっているのです。

このように、野呂田さんの創るプロダクトローンチには、しっかりとした物語があり、構成も言葉もフォントも練り込まれています。

また、その内容は都合のいい「甘い囁き」ではなく、物事の本質を突いた内容となっています。

「何もしないでお金がもらえますみたいなおかしな世界などあるはずがない」から、「運命を変えるスキルを身につけよう」という風に話は進んでいくわけです。

もちろん、そのスキルを知った人でも、「なんだ、そんなことか」と言って終わってしまう人もたくさんいるのです。

なかには「詐欺だ!」と騒ぐ人もいるようです。

中国に鳥窠禅師というお坊さんお話が伝わっています。

「悪いことをするな。善いことをせよ」と旅人に教えたところ、「そんなことは3歳の子どもでも知っている」と反論されました。

「3歳の子どもでも知っているのに、80を過ぎた人でも実践できる人は少ない」と禅師は答えたといいます。

プロダクトローンチには、こうした「悪いことをするな、善いことをせよ」というような、その言葉だけを聞いていると右から左へ流れていく言葉に、重い意味を持たせる力があるといえるのです。

まとめ

野呂田直樹さんの会社についての情報を、できる限り集めてみました。

なかなか調べても調べても出てこない情報。

意図的に隠しているとしか思えません。

それにしても、調べれば調べるほど野呂田さんのすごさはよくわかりました。

昨今のネットビジネス成功者は、「詐欺だ」「なんだ」と批判されがちですが、私はそうは思いません。

情報というものは「商品」です。

この発想が、まだ世の中には浸透しておらず、「そんなこと知ってた。金なんか払えるか」という風潮があるように感じます。

情報は商品です。

その情報から、人生を救われる人がたくさんいるのです。

それは、素晴らしいことです。

これからも野呂田さんを応援したいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です