泉忠司の出身大学を知ろう!

泉忠司さんはリアルドラゴン桜と呼ばれています。

実際に漫画のドラゴン桜の12巻で紹介されるほどです。

泉さんは高校時代の偏差値は30だったそうです。

そこから半年で、全国模試で1位になっています。

これも泉さんの経歴として有名な話です。

泉さんは、朝日ウィークリーで掲載されていたコラムに感銘を受けます。

これを書いていたのが、横浜市立大学の小野寺健さんです。

小野寺さんの弟子になりたいという思いから、横浜市立大学への入学を決心されます。

現役時代に、旧帝国大学の法学部に合格していたようです。

ですが、一浪してまで横浜市立大学へ通われています。

この時の偏差値で考えると、東京大学でも合格していたと言われています。

学生時代から勉強以外のことにも取り組まれていたようです。

プロレスラーとして実際にリングにも上がられています。

現在は大学講師なども勤められていますが、泉さんの働き方のキーワードは「ボーダレス」です。

プロレスに関わる仕事もされています。

ご自身が経験してきたものを最大限まで活かすことで、職業というものの境界線を外してこられた方です。

勉学以外のことでもしっかりと現在のご自身に活かされています。

様々な分野で成功されている、泉忠司について調べてみたのでご紹介します。

1.泉 忠司の出身大学はどこ?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

泉さんは、小野寺さんの弟子になるために横浜市立大学に入学されます。

そこで小野寺さんの指導を受けるようになります。

結論から言いますと、その後も横浜市立大学大学院・日本大学大学院まで一貫して小野寺さんの弟子として活動されます。

他にも、ケンブリッジ大学へ留学もされています。

学力で言えば東京大学にも通えたはずです。

ですが、泉さんは小野寺さんの弟子になりたいと強く思われていました。

大学を、偏差値やレベルで決めることはされなかったようです。

進学するための理由と目標を持った上で大学を決められています。

その結果、小野寺さんの弟子になることができています。

そして、現在まで多くのビジネスを成功させています。

大学講師としても活動されているので、ご自身の人生に活かせる大学選びをされたと言えるでしょう。

ひとまず進学するという考えの人は多くいます。

進学先を偏差値などで決める人もいるでしょう。

ですが、本当に大切なのは自分自身のためになるかどうかだと思います。

泉さんは、進学先ではなく、そこで自分がどうするかで変わってくることを証明されています。

2. 泉 忠司のキャンパスライフ

泉さんのキャンパスライフを調べても、多くは分かりませんでした。

唯一分かったのが、プロレスをしていたということです。

学生プロレスラーとして名を馳せていたそうです。

シングルとタッグで、合わせて5冠王に輝いています。

リングでの活動だけではありません。

PlayStation用のゲームソフト、全日本プロレス-王者の魂-ではキャラクターモデルもされています。

2003年に引退されていますが、2009年に仕事を機に泉沢光司として復帰されています。

泉さんは、ケータイ小説でラブ&ハッスルという女性プロレスラーとしてデビューする物語を書かれました。

この作品が舞台化されることになり、泉さん自身もリングに復帰されます。

3. 友人たちからの評判

泉さんに対しての、ご友人からの評判を調べてみました。

ホームページやSNSなどを調べても、ご友人からの声は載せられていませんでした。

学生時代は勉学以外でもプロレスをされているので、交友関係はあったはずです。

現在でも様々なビジネスを展開されているので、人脈は広いでしょう。

ですが、どういった評判の方なのかは知ることができませんでした。

まとめ

泉忠司さんは、偏差値30でした。

そこから半年で、全国模試で1位を取ります。

現役で旧帝国大学の法学部に合格しているようですが、小野寺健さんの弟子になるために一浪して横浜市立大学に入学されます。

その後、横浜市立大学大学院・日本大学大学院と進みながらも小野寺さんに学び続けます。

ケンブリッジ大学へ留学もされているようです。

偏差値で判断すると、東京大学にも行けたようです。

ですが、小野寺さんから学びたいという思いから横浜市立大学への進学を決められたようです。

学業だけでなく、プロレスもされていました。

ゲームのキャラクターモデルにもなっています。

1度は引退されましたが、ご自身が書いたラブ&ハッスルの舞台化と同時にリングに復帰されています。

偏差値30から全国模試1位になることは容易なことではありません。

それだけでも凄いことですが、勉強以外のことも充実されていたようです。

ボーダレスに活動を続けてきたからこそ、泉さんは様々な分野で成功されているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です