泉忠司さんの大学選びを参考にしよう!

泉忠司さんは、仕事に境界線を引くことなくボーダレスに活躍されています。

大学講師もされており、リアルドラゴン桜と呼ばれています。

漫画のドラゴン桜の12巻では、泉さんを紹介されるほどです。

泉さんは高校時代の偏差値は30だったそうです。

そこからたった半年間で、全国模試1位になっています。

これは泉さんの経歴として有名な話です。

高校時代に、朝日ウィークリーで掲載されていたコラムに感銘を受けます。

これを書いたのが、横浜市立大学の小野寺健さんです。

小野寺さんに弟子入りしたいという思いから、横浜市立大学への進学を決心されます。

現役時代には、旧帝国大学の法学部に合格しているようです。

ですが、一浪して横浜市立大学へ入学されています。

この時の偏差値では、東京大学でも合格しただろうと言われています。

勉強以外のことにも取り組まれていました。

学生時代からプロレスラーとして、リングにも上がられています。

現在は大学講師なども勤められており、泉さんは「ボーダレス」を活動する際のキーワードにされています。

卒業後も、プロレスに関わる仕事もされています。

ご自身が経験してきたことを最大限まで活かし、職業の境界線を外してこられた方です。

勉学以外のことでもしっかりと現在のご自身に活かされています。

ボーダレスに活躍されている、泉忠司について調べたのでご紹介します。

1.泉 忠司の出身大学はどこ?

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

泉さんは、小野寺さんに弟子入りしたいという思いから横浜市立大学に入学されます。

無事に小野寺さんと接点を持つことができ、指導を受けるようになります。

その後も、横浜市立大学大学院から日本大学大学院まで一貫して小野寺さんの弟子として活動します。

ケンブリッジ大学への留学もされています。

偏差値で考えると、東京大学に合格することもできたでしょう。

ですが、泉さんは小野寺さんの弟子になりたいという強い思いがありました。

大学を、偏差値やレベルで選ぶことはありませんでした。

進学するための目標と理由を持って大学を決められています。

その結果、小野寺さんの弟子入りが叶いました。

そして、現在まで様々なジャンルのビジネスを成功させています。

大学講師としても活動されていますし、ご自身の人生に活かせる大学選びをされたと言えるのではないでしょうか。

ひとまず進学しようと考える人は多くいます。

進学先を偏差値などのレベルで決める人もいるでしょう。

ですが、本当に大切なのは自分自身のためになるかどうかではないでしょうか?

泉さんは、どこに進学するかではなく、進んだ先で自分がどうするかで変わってくることを証明されています。

2. 泉 忠司のキャンパスライフ

泉さんのキャンパスライフを調べましたが、多くのことは分かりませんでした。

分かったことは、プロレスをしていたということです。

学生プロレスラーとして名を馳せていたそうです。

シングルとタッグで合わせると、5冠王に輝いています。

泉さんの活動は、リング上だけではありません。

PlayStation用のゲームソフトである「全日本プロレス-王者の魂-」では、キャラクターモデルもされています。

2003年に引退されましたが、2009年には仕事を機に泉沢光司として復帰されました。

泉さんは、ケータイ小説で「ラブ&ハッスル」という物語を書かれています。

この作品が舞台化すると共に、泉さんもリングに復帰されました。

3. 友人たちからの評判

泉さんへのご友人からの声を調べてみました。

ホームページやSNSなど調べましたが、ご友人などからの声は載せられていませんでした。

学生時代は、勉学だけでなくプロレスをされているので交友関係はあったでしょう。

現在でも様々な活動をされていますし、人脈は広いでしょう。

ですが、周りの方からの評判は知ることができませんでした。

まとめ

泉忠司さんの高校時代の偏差値は30でした。

そこからたった半年で、全国模試1位になりました。

現役で旧帝国大学の法学部には合格されているようですが、小野寺健さんの弟子入りを果たすために一浪してまで横浜市立大学に入学されてます。

その後も、横浜市立大学大学院・日本大学大学院と進みながらも小野寺さんに学び続けます。

ケンブリッジ大学への留学もされています。

偏差値だけなら東京大学にも行けたみたいです。

ですが、小野寺さんに弟子入りしたいという思いから横浜市立大学へ進学されています。

学業だけでなく、プロレスもされていました。

ゲーム内のキャラクターモデルにもなっています。

1度は引退されていますが、ご自身が書いたケータイ小説であるラブ&ハッスルの舞台化と共にプロレスラーとして復帰されています。

偏差値30から全国模試1位になることだけでも、誰にでもできることではありません。

それだけでも凄いのですが、学業以外のことも充実されていたようです。

全てのことをボーダレスに行ってきたからこそ、泉さんは様々な分野で成功されているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です