リアルドラゴン桜と呼ばれる泉忠司の過去や会社の事業内容。そして評判についてまとめてみました。

大人気ドラマのドラゴン桜。そんなドラマを現実にk所したといわれる泉忠司さん。そんな泉忠司さんの経営している会社は一体どんな会社か。そしてその評判はいいのか調べてみました。

一時期大ブームになった大人気阿部寛さん主演のドラマ「ドラゴン桜」。こちらのドラマは成績が悪かった生徒が現役東大豪額を目指していくというドラマとなっています。

しかしこんなドラマの話を実際に現実に起こした方がいます。

その名前は泉忠司。

泉忠司さんは模試を受けたときは偏差値30台と診断されました。しかしそこから半年間の猛勉強の末、なんと横浜大学に合格されたそうです。

今回はそんなリアルドラゴン桜ともいわれる泉忠司さんの経歴や、会社の詳しい情報、そして泉忠司さんの評判などを紹介していきたいと思います。

泉忠司のプロフィール

まず初めに「リアルドラゴン桜」ともいわれる泉忠司さんのプロフィールを見て言いたいと思います。

泉忠司さんは高校生時代全く勉強をしなかった生徒だったららしいです。ですので、夏に行われた模試試験の結果も偏差値が30点だったそうです。

しかしそこから半年間猛勉強し続けた泉さんはなんと、その後行われた模試で、全国一位という結果をたたき出したそうです。

泉さん自身は特殊な勉強法をしたわけではなく、並々ならぬ努力をしたからこそここまで一気に成績を上げたそうです。

そして横浜大学に入学し、横浜大学や早稲田大学で研究院として活躍していく存在となりました。

現在、青山学園大学や国士舘大学、日本大学で講師をされているそうです。

ほかにも声優や舞台俳優、歌手、プロデューサーなどマルチに活躍されています。そして泉さん自身も海外から大注目される人の一人になっているすごい人です。

泉忠司の会社名は?

泉忠司さんは会社も刑されているそうですが、その会社とはいったいどんなものなんでしょうか?

調べてみたところ会社の名前は「株式会社 泉忠司事務所」という名前でいた。いわゆる個人事務所みたいなところなんでしょうか。

そんな会社の事業内容を見てみたところセミナーやイベントの企画や運営、実施。そして泉さん自身の書籍や雑誌の販売、マーケティングリサーチ、コンサル事業などを行っているみたいです。

そのほかにもメディアへのプロデュースや衣料品のオンライン輸入など幅広く行っているみたいです。

泉忠司の評判は?

さてここまで、泉忠司さんのプロフィールや経歴、そして泉さんが運営している会社の事業内容など詳しく見ていきましたが、そんな彼の評判は一体どんな感じなんでしょうか?

調べてみたところ、泉さんは現在さまざまな学校や大手企業から講演の依頼やセミナーの開催などの声がたくさんかかるほど大人気な人物のようです。

泉忠司さんが語る内容は、説得力、重みがある地評判が高いものになっています。

講演会の内容は企画の立てるコツや部下への教え方、会議でのプレゼンのコツなど、ビジネスシーンの中で重要なことや人間の生き方やモチベーション工場のやり方など心理的な部分など、様々なジャンルの愛用になっているらしいです。

この部分だけ見てみると泉忠司さんの評判はとてもいいものに見せます。

しかし、泉忠司さんの評判はいいものばかりではありません。特に情報商材の内容の評価は意見が分かれているみたいです。

しかし情報商材は、個人に対する相性やりじゃいどによって結果は大きく変わってくるのでしょうがないといえばしょうがないものです。

まとめ

今回はリアルドラゴン桜と呼ばれる泉忠司さんの過去の経歴や評判、会社の内容などを詳しく紹介していきました。

泉忠司さんが一気に成績を上げていったのは、ものすごい努力の結果だと思います。でないと半年で全国一位をとるなんてまずありえません。

この経験が今後彼自身が努力する大切さを信じる証拠になるので成功の道を歩んでいったのだと思います。

そして泉さんの講演会の評判などは非常にいいのですが、やはり情報商材関係になってくるといい評判だけというわけに行きません。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です