泉忠司さんの高校時代を知ろう!

泉忠司さんは、現在リアルドラゴン桜として有名です。大学講師としても活動されていて、とても人気が高いようです。

漫画のドラゴン桜を読まずに、経歴や勉強法がドラゴン桜と同じということで「リアルドラゴン桜」と呼ばれています。偏差値30から半年で全国模試1位になることは並大抵のことではありません。

学生時代もですが、ネットビジネスでも大きな成果を出されています。インタビューの時に、新しいことを始めても失敗するはずがない方法を持っていると答えられています。

それまでの成功を達成されている泉さんの学生時代が気になる方も多いのではないでしょうか?

偏差値が30だったということは、元々成績が良かったわけではありません。偏差値30から、独自の勉強法で全国模試1位まで成績を上げられています。高校2年までは成績が低かったのに、どうして急に上がったのでしょうか、

泉忠司さんの高校時代について、ご紹介します。

1.高校2年の秋まで不良時代

この件については、こちらのサイトで、とりあげられてるみたいです。まずは、こちらを読むことを推奨します。
↓↓ こちらをご確認ください ↓↓

泉さんは、ご自身で明かされているように高校2年生の秋までは不良だったようです。当時付き合っていた女性がスケバンだったということで、ご自身もあまり学校に行かない日々だったそうです。

何故2年生の秋までだったのかは、その頃に別れたからだとご自身で言われていました。偏差値が30まで落ちたのはこれが原因のようです。

別れてから学校に通うようになったようです。しっかり勉強すれば誰でも成績が上がるのではないか。その考えを持って勉強に取り組まれるようになります。

2.高校2年の秋以降何があったのか

高校2年生の秋まで、スケバンだった彼女と付き合っていて偏差値30まで落ちたと紹介しました。ここから半年で泉さんは全国模試で1位を取ります。

きっかけは、誰でも勉強したら成績が上がるだろうという考えと、横浜市立大学の小野寺健さんの記事を読み感銘を受けたためです。

半年のうちの前半3ヶ月は自分だけで勉強されます。100理解することで解けるようになるものを、1理解して応用することを覚えます。普通の人なら20や30は覚えるところを1で済ませられるところが泉さんの才能だとも言えるでしょう。

この時の勉強で都合が良かったのが、偏差値30ということです。勉強について分からないことばかりだったので、泉さんは疑問ばかりでした。そのおかげで覚えようとしたことがスッと入ってきたそうです。

ですが、時期は高校2年生の秋です。ここで、100覚えるのをいかに少なく済ませるかを覚えたそうです。3ヶ月である程度までの学力を身に付けた泉さんは、全国レベルに挑戦したいと思うようになったそうです。

ここである疑問を抱きます。それは、全国模試で1位を取るレベルはどれくらいなのかというものです。

泉さんは英語が得意だったようです。そこで、全国模試を自宅受験します。ここで取った対策が、英語は泉さんが、他の科目は学校で1位の友だちに頼むというものです。

学校内の各科目1位が集まり全国模試を受けた結果、全国模試でも1位になったそうです。ここで泉さんの目標が決まりました。

誰を目標にしたらいいのか分からない状態では、自分との差も曖昧です。目標に届くためにライバルとなる人が、同じ学校にいると分かったことが全国模試1位への道を明確にしました。

残りの3ヶ月は、学校内で各科目1位を取ることを目標に勉強されます。その結果、泉さん個人で全国模試1位となりました。

泉さんは彼女と別れたことをきっかけに、素直に学校に通って勉強を始めました。1度不良になった方は、そのまま卒業する方も多いでしょう。

しっかりと自分がやることを修正し、目標を作ったことが今に続いているのではないでしょうか。

3. 泉忠司を知る人の話

泉さんは全国模試を自宅受験されています。その際に友人と一緒に受けていますが、周りからの声は調べても分かりませんでした。

いろいろ調べても、泉さんご自身で話している内容だけでした。

まとめ

泉さんはスケバンの彼女と付き合っていたことが理由で、高校2年生の秋まで不良だったようです。別れたことがきっかけで学校に通うようになり、勉強を始められます。

全部を覚えようとするのではなく、100覚えないといけないものは1覚えて応用する勉強法をしていたそうです。

勉強を始めて3ヶ月である程度の学力を身に付けた泉さんは全国レベルに挑戦したいと思ったようです。友だちと協力して、全国レベルを把握した泉さんは目標を定めます。全国模試1位になるためには、学校内の各科目1位を取るということです。

その後3ヶ月は、学校内の各科目トップを超えるために勉強されます。その結果、偏差値30から勉強を始めて、半年で全国模試1位となりました。

自分の現状を知り、目標達成のために努力することで自分が目指す場所に辿り着ける。努力は人を裏切らないと言いますが、泉忠司さんはそれを実行した人だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です